ここから本文です
BAN子の鈍亀日記
今日も一日ありがとう!

書庫全体表示

11/18のことです。

1カ月以上前に行った丹生川上神社中社

その時頂いた御朱印の和紙

あと二社の分の御朱印を頂戴しようと行ってまいりました。

まずは下社の方から行ってみます。

こちらは
飛鳥時代に天武天皇によって675年に創建された社。延喜式内社、名神大社、二十二社、官幣大社と、歴史上どの時代にも最高位の社格を有し、雨乞いの神、日本最古の水神を祀る神社として有名
イメージ 1

川沿いにのぼりがはためいてます

神社の紹介文に
「神社建築では全国的に珍しい、天に伸びるよう設えられた75段の屋根付き階(きざはし)は必見です」

と書いてあったので
ちょっと○o。期待。o○||*´∀`)。o○(ワクワク)

イメージ 2

正面へまわると

イメージ 3
有名な木造の階がなんと修復中。。。

Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン

事前調査が足りませんでした。
またリベンジですな。。。



気を取り直して、進みます。


イメージ 4
新馬の白色と黒色が正面に飼われていました。
ちょっとびっくり(黒色は取り忘れ)

イメージ 5
裏側にはニワトリちゃんもいました。
こちらも神社には欠かせないですよね。


イメージ 6
参拝してから振り返るとこんな風情もありました。

のんびりとしますね〜


イメージ 7
下社で御朱印いただいたら、神社の方から
お下がりの麹アメ頂いちゃいました。

早速ほおばりましたら、麹の良い香りと
ほんのりした甘みがあり美味でした。

ありがたや、ありがたや






続いて、山道を走り上社へ向かいます


イメージ 8
こちらは川上村の山の上にあります。
イメージ 10
バイクはこんな感じで停めてみました。

イメージ 11

天武天皇白鳳四年(675)ご神宣により建立奉祀されたと伝えられ、
龍神にて水、雨を掌られる大神様が祀られて、祈雨・止雨の神として
奈良時代は朝廷・国家また人々より篤い崇敬を受けられたそうです。


ま、こちらはそんな時代のものばかりですwww




でも、神社の社自体は
イメージ 9


イメージ 12

ピカピカでとても神々しかったです


高所のせいか、空気もピーンとして
とても気持ちの良い場所でした。



こちらで
イメージ 13
御朱印が完了。。。


ありがたや(*´ω`*)



さて、こちらどう保管したら良いのでしょう??

悩みどころです


ちなみに私がこちらを頂いていたら後ろの方が
普通に御朱印帳を開いて、書いていただいてました


え??それ、ありなん??


と、何か腑に落ちなかったBAN子なのでした。。。

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事