ここから本文です
BAN子の鈍亀日記
今日も一日ありがとう!

書庫全体表示

記事検索
検索

全100ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

11/18のことです。

1カ月以上前に行った丹生川上神社中社

その時頂いた御朱印の和紙

あと二社の分の御朱印を頂戴しようと行ってまいりました。

まずは下社の方から行ってみます。

こちらは
飛鳥時代に天武天皇によって675年に創建された社。延喜式内社、名神大社、二十二社、官幣大社と、歴史上どの時代にも最高位の社格を有し、雨乞いの神、日本最古の水神を祀る神社として有名
イメージ 1

川沿いにのぼりがはためいてます

神社の紹介文に
「神社建築では全国的に珍しい、天に伸びるよう設えられた75段の屋根付き階(きざはし)は必見です」

と書いてあったので
ちょっと○o。期待。o○||*´∀`)。o○(ワクワク)

イメージ 2

正面へまわると

イメージ 3
有名な木造の階がなんと修復中。。。

Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン

事前調査が足りませんでした。
またリベンジですな。。。



気を取り直して、進みます。


イメージ 4
新馬の白色と黒色が正面に飼われていました。
ちょっとびっくり(黒色は取り忘れ)

イメージ 5
裏側にはニワトリちゃんもいました。
こちらも神社には欠かせないですよね。


イメージ 6
参拝してから振り返るとこんな風情もありました。

のんびりとしますね〜


イメージ 7
下社で御朱印いただいたら、神社の方から
お下がりの麹アメ頂いちゃいました。

早速ほおばりましたら、麹の良い香りと
ほんのりした甘みがあり美味でした。

ありがたや、ありがたや






続いて、山道を走り上社へ向かいます


イメージ 8
こちらは川上村の山の上にあります。
イメージ 10
バイクはこんな感じで停めてみました。

イメージ 11

天武天皇白鳳四年(675)ご神宣により建立奉祀されたと伝えられ、
龍神にて水、雨を掌られる大神様が祀られて、祈雨・止雨の神として
奈良時代は朝廷・国家また人々より篤い崇敬を受けられたそうです。


ま、こちらはそんな時代のものばかりですwww




でも、神社の社自体は
イメージ 9


イメージ 12

ピカピカでとても神々しかったです


高所のせいか、空気もピーンとして
とても気持ちの良い場所でした。



こちらで
イメージ 13
御朱印が完了。。。


ありがたや(*´ω`*)



さて、こちらどう保管したら良いのでしょう??

悩みどころです


ちなみに私がこちらを頂いていたら後ろの方が
普通に御朱印帳を開いて、書いていただいてました


え??それ、ありなん??


と、何か腑に落ちなかったBAN子なのでした。。。

湯郷温泉から帰路へ


続きです。


朝イチにしっかり温泉にもつかり
ホテルをチェックアウトして向かうのは
イメージ 1

姫路城です

工事が終了してからの真っ白な姫路城、是非とも見たかったので
帰り道に立ち寄りました。

イメージ 2
外国人がたくさんおられて、ここは日本か??と見紛うばかり。。。
連休中なので人並みに押されながら、何とか見学出来ました。
イメージ 3
やっぱ良いですね〜世界遺産


私たちは隣の好古園も好きなので
イメージ 4
別料金ですが、しっかり見学


イメージ 5
イメージ 6

日本庭園を満喫してまいりました。



帰り道で
イメージ 7
お堀巡りを発見しましたが、時間の関係であきらめ


姫路城下の商店街をうろうろ



昼食に何を食べようか迷いながら歩くうちに


だんだん疲れが出てきて



結局

イメージ 8
その辺にある和食屋さんへ入りアナゴ寿司付のお蕎麦定食

ま、どこへ行っても蕎麦な私です



おなかもいっぱいになり、そろそろ姫路ともお別れ


車でぼちぼち家路に付きました。




アップするまでにかなり時間がかかりましたが、
最後までお付き合いいただきましてありがとうございました。

広島から湯郷温泉へ

広島ナイトの続きです。

やっとアップです。

も〜いいかなぁとかも思ったりしたんですが、
まぁ、のちのちの自分の老後の楽しみ的に書いときます



9/23(日)


イメージ 1
ホテルを後にしてから、車を近場で一番安価なところに駐車し、
次の目的地へ向かうまで、原爆ドーム周辺をぶらぶら。
こちらも私は初めて来たのでした。

イメージ 2
破壊される前の写真と見比べると、何だか複雑な気持ちになりました。



そして
イメージ 3
こちらの船着き場から、高速艇に乗り

イメージ 4
ついにやってまいりました。念願の厳島神社です。朝9:00過ぎの
高速艇に乗ったので、到着時はさほどの人出ではありませんでしたが


イメージ 5
イメージ 6
あれよあれよという間に人でごった返して来て、一方通行の境内に入って写真を撮りまくっている間、「あっ!!」


と気が付いて、御朱印頂こうと向かった頃には、長い回廊で何100mも続くであろう行列。。。

泣く泣くこちらでの御朱印頂くのを諦めました。
(次の目的地までの時間の関係上。。。

で、厳島神社を出たところにある
イメージ 7

厳島辯財天さんで御朱印頂きました。
こちらだけでも頂けて良かったです。



それから時間はちと早かったのですが、
イメージ 8
こんな案内板に惹かれて、中へ入ります。

二階に入りたかったので、「宮島御前」



を注文したつもり満々だったのですが、


どうも、口から出ていた言葉が「厳島膳」だったらしく

イメージ 9
イメージ 10

二階に案内されませんでした。

「あれ?私、厳島膳って言ってた?」と聞くと

「うん、そう言うてたで」

「それやったら、言うてよ〜

「もう、いいんかなぁ、思て。。。」ですって。。。


ま、私の口があらぬことを言っているのが悪いんですけどね


それからお土産を買いこみ、
13:00に予約していた高速艇乗り場に向かい、
厳島神社を後にしました


それから、次の目的地
イメージ 12

岡山県の湯郷温泉に到着です。
広島から3時間ほどかかりました

イメージ 11


KATURAGIという温泉旅館です。


こちらで温泉につかり、夜は
イメージ 13
こんな感じに日本酒とビールで乾杯

あと、色々頂きましたが、写真撮るの忘れてました。



この日はこちらで終了です。つづく。。。





11月に入っちゃいましたね〜

この前の記事も途中なのに何なんですが、
10月にちょっと走ったコトを先にアップさせてもらいます。

それまでしばらく走ってなくて、
久しぶりにちょっと走って来ました。
イメージ 1


その日は予定もなく、近場の毎度おなじみ
イメージ 7
イメージ 2



東吉野の山の中にある「よしの庵」さんへ


イメージ 3

ミシュランで星をとられてからというもの、

早めに行っても、いつもいっぱいなんですが、
この時は運動会シーズン真っ盛りのせい??

か、空いてて、うちらはホっと(笑

イメージ 4


いつもの15食限定のお蕎麦セットいただき大満足

こちらの鴨ロースがほんと美味しいのです。

あ〜この鴨をアテに日本酒を頂きたいと


毎回思う私。。。




その後、

最近ちょっとばかし御朱印集めてる関係上(笑)
何度も伺っている丹生川上神社へと向かいました。

イメージ 5
イメージ 6


イメージ 8


意気揚々と御朱印帳もって伺うと

こちらは中社だそうで、

イメージ 9

オリジナル?の特製和紙の三社合同のものでした

サイズ的にはA4サイズくらいでした。


また落ち着いたら、あと二社行かせていただきます。。。


でも、全部揃ったら、御朱印帳にどう貼ろうか
考え中の私。。。




イメージ 10
その後は、こちらも行きつけのたかすみ温泉へ向かい

ほっこりして帰宅しました。



走行距離は110kmほどかなぁ

広島ナイト

続きです。



この日のメインイベント(笑

酒飲みコース

飲む気満々な私たち、行きたいお店へ歩いて行けるホテルをとって
てくてくこちらに向かいました

イメージ 1
広島にある、リストランテ マリオさん

実はこのお店、
DAN様が6〜7年前に友人と来た思い出のお店なんです。
その友人は5年前に若くして亡くなってしまい、
話だけいつも聞かされてた私は、一度行ってみたかったところ。

イメージ 7

五時半頃到着。まだ世間は明るい(笑


かけつけのシャンパンからスタート
もちろん1本下ろします


イメージ 2

辛口シャンパンうまし

イメージ 3

お料理と共にお酒も進み、

イメージ 4

夜も更けるころにはワインも1本空け


気分もよさげの酔っ払い二人はホテルに無事帰りましたとさ(笑





9/23(日)

この日の朝、
二日酔いもなく清々しく目覚めた私は
イメージ 5
ホテルの窓から、原爆ドームが見えていたことに気が付いた


イメージ 6
ホテルの最上階のレストランでビュッフェ形式の朝食を

美味しく頂きました。





次の予定がありますので、広島の思い出を胸に


ささっとチェックアウトして
こちらのホテルを後にしました。





つづく。。。

全100ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事