間脳にギャバ

ロイヤルゼリーとギャバで元気に健康に

間脳を活性化するローヤルギャバ

ギャバとは ギャバはガンマーアミノ酪酸と呼ばれ、英語名はGamma-Amino Butyric Acidで頭文字を取ってGABA(ギャバ)と呼ばれています。ギャバは人間の脳内にも存在するアミノ酸の一種で脳内のギャバは細胞同士の連絡に利用されたり、思考力、感情といった脳の働きを正常に保つ上で大切は役割を担っています。 その後、ギャバには脳の血流を活発にして、脳への酸素供給量を増やしたり、脳細胞の代謝機能を活発化する働きのある事も判明しました。従来脳への不純物は脊髄にある血液・脳関門で通過させないと云われていましたがギャバは脳にも達成している事が解明され、脳が必要としている栄養素だと認められた訳です。 さて人間は自律神経、ホルモン系、免疫系の3つの機能がバランス良く整っていると健康状態を保っていられます。これらの3つの機能を管理してすべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

記事がありません。



.


みんなの更新記事