チャリティー奮闘BY美容室Palazzo

〜〜〜下北沢の隠れ家から広がれ心の輪〜〜〜

チャリティー

すべて表示

平和であることの幸せ

これまで15年、主にネパールを支援してきた、また国内外の地震や洪水の被災地にも少しだが自分で出来る範囲で協力者にも助けられ支援金を送った、パレスチナやシリアの被災者にも同様だ、
我々は平和な国だからこそより目を向けたい。

今一番心痛むことは、いつまで経っても人間のエゴに捕らわれ真の幸福に気付かず日々を重ねている人々も多い、結果これら格差社会は変わらない、聖人になるのではなく、心ある者を目指したい。

シリア情勢がどうしようもなく悪化、何とか収まってほしい思いでいっぱい、微弱だが心から平和を祈ることしかできない、なんとも言えないもどかしさ。
最近はシリアに関する情報収集してる、何ができるか、何が重要かだが、シリア国民にとって一番は当然平和だ、和平に貢献出来るはずもないが願いは同じ。
どちらの派も支持しない、力では解決できない、戦闘のための莫大なお金が注ぎ込まれている、無理に決着をつけても悲しさが永遠に残る。
同じ国民同士手を握って下さい。 

来年はネパールの予定だが、いずれヨルダン難民キャンプを訪れたい、それまでに良い方向に向かって欲しい。


.


みんなの更新記事