ここから本文です
PAMS不定期Blog
PAMSの不定期日記 【 PAMS WEB SITEはこちらへ→ http://www.pams-japan.com 】

書庫全体表示

for BP kit

 
  楽しみにしていた新しいパーツが本日工場より仕上がってまいりました。
 
 これも発想から形になるまで随分と時間が掛かってしまいましたが、完成品がやっと手のひらの上に。
 
 
イメージ 1
 
固定式のステップバーです。これをご覧になって「Z2の固定式?」と思われた方も少なくはないと思います。確かに似てはいるのですが実は「似て非なる物」です。
 
バックポジションKIT使用時には、Z1・Z2共に純正ステップを逆さ付して頂くのですが、なぜか微妙にZ1系の可等式ステップは左右で高さが異なり、しかも前後位置まで異なるのです。また固定式のZ2もそうですが、バックポジションKITを使用した時の理想的なステップ位置を求めるには、どうしてもノーマルの逆さ付けだけでは100%満足出来なかったのも事実です。
 
イメージ 2
 
この車両に取り付けているのはプロトタイプですが、量産型とほぼ同じです。高さ、後退量、幅共に適正化、確実に乗りやすくなります。あくまでもバックポジションKIT用です。
 
イメージ 3
 
足元がコンパクトにまとまります。また乗り比べるとすぐにわかるのですが、純正同士でも可倒式よりも固定式の方が踏ん張りが効いてバイクとの一体感が高まります。
 
イメージ 4
 
若干バーエンドが上向きになっているのが解るでしょうか?これはライダーがステップに足を載せた際の加重によって生じるブッシュのタワミ分を考慮したがゆえの角度です。
マウント基部とフットレスト部分は防振の為に厚めのゴムです。完全に並行にしてしまうと、踏ん張った際にエンドが下がり、車体との一体感を阻害するようなフィーリングが発生するからです。
 
イメージ 5
 
               ブッシュの収まる内面も、拘ってキレイに仕上げています。
 
イメージ 6
 
      スチール鋳物ですが、鋳肌も揃えた上パウダーコートで仕上げとし質感も求めてみました。
 
イメージ 7
 
後日正式にパーツ販売コーナーにてご紹介、リリースさせて頂きますが、初期ロット入荷分でのご購入ご希望の方がいらっしゃいましたら、お早目のお問い合わせをお願い致します。
 
* 上記の理由で上反角を持たせてあり、これを純正と同じ方向に装着するとかえってステップエンドが垂れ下がってしまいますから基本的にはノーマル非対応としています。
 

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事