PANAの言いたい放題

クラシック音楽・時事・映画・ドラマの言いたい放題です。映画、ドラマは完全ネタバレです。

全体表示

[ リスト ]

天使のくれた時間

2000年製作 米国

監督:ブレット・ラトナー
出演;ニコラス・ケイジ、ティア・レオーニ、ドン・チードル、ジェレミー・ピーヴン



NHK−Hi放送を視聴。


1987年。
ジャック・キャンベル(ニコラス・ケイジ)は、恋人のケイト・レイノルズ(ティア・レオーニ)と空港で別れ、ロンドン行きの飛行機に乗るところだった。
悪い予感がするケイトは、”行かないで。すぐに結婚しましょう。”と言うが、ジャックは、”100年離れていても(愛している)この気持ちは変わらない。”と言って、飛び立った。


13年後。
ジャックは、マンハッタンで大手金融会社の社長として活躍するやり手ビジネスマン。
プライベートは、リッチな生活をする独身男性として、気楽な恋愛で謳歌していた。
ケイトとは、ロンドン行きの空港で別れたきり、縁を切っていた。


クリスマスイブの夜。
仕事の帰り道に立ち寄ったスーパーで、黒人青年キャッシュ(ドン・チードル)が換金できない当たり宝クジ券で、店員ともめていた。
銃まで抜いたキャッシュを静めるため、ジャックはその宝クジ券を買い取ることにした。
そしてつい、キャッシュに必至に働くように諭してしまう。ジャックは、(成功した)自分は全てが足りていると言った。
キャッシュは、あざ笑うかのように”面白い。これから起こることは、あんたが招いたことだからな。”と謎の言葉を残し、雪の中を去っていった。

その晩、ジャックはいつものように眠りにつき、翌朝目覚めると・・・
ジャックは、何故か全く見知らぬニュージャージー郊外の家にいた。
隣で眠っているのは、なんと13年前に彼が冷たく縁を切った恋人ケイトだった。
ケイトは妻。それに幼い娘アニーと赤ん坊の息子、そして犬が家族だった。
仰天するジャック!

すぐにニューヨークの自宅マンションに駆けつけるが、警備員に門前払い。
会社では部下のアランが社長の座についていた。
会社を出たところで、キャッシュと会う。
彼は、この不思議な現象はジャックが足りていると言ったことが原因だと言う。答えを見つけ出せ、これは”瞬間”だ、と言って、キャッシュは去った。

狐につままれた思いのジャックは、この不思議な世界にいる自分が、ボランティアで弁護士をしているケイトと、二人の子供と質素に暮らす良き家庭人であることを理解し始める。
家庭のルールやこれまでどのように生活してきたかが、まったく記憶にないわけだから、ジャックがこの世界の生活を続けるには大きな戸惑いがあり、周囲が不信に思う発言や行動が飛び出してしまう。

いち早くジャックが別人だと気付いたのが、娘のアニーだった。宇宙人がパパに成り済ましたと思っている。
ジャックが悪いパパ?では無いと思った娘は、ジャックに、パパに成り済ませるためのいろいろな情報を教え、アドバイスする。

ジャックの仕事は、ケイトの父の店のタイヤのセールス。彼からみると極端に安い給料だ。

はじめはとまどっていたジャックだったが、この生活が徐々に慣れてくる。
やがてケイトへの愛が蘇り、平凡な生活によって人間らしい素直な感情が芽生えてくるのだった。
さらに、ジャックの中に可愛い子供たちへの愛情も感じられてくる。


ある日、ひょんなことから、本来の世界で働いていた会社の会長と出会う。もちろん、会長はジャックを知らない。
ジャックは、本来の世界で培われた能力を会長にアピールし、好待遇で会社に就職できることになった。彼に、再び野望が生まれた。
しかし、ケイトはニューヨークへの引越しなど、家族が犠牲になると言って、喜ばない。
慎ましくても、家族を第一に生活できることを望むケイト。
ケイトの気持ちを知ったジャックは悩む。

そんなとき、自宅で13年前のロンドン発ニューヨーク行きの搭乗券が、偶然、見つかる。
ジャックは、この世界が、13年前にロンドンからすぐにニューヨークへ逆戻りし、ケイトと結婚した世界であることを知った。
ケイトは、切々と涙ながらに言う。
”13年前に空港で別れて、もう二度と会えないと思って泣いていたら、翌日ジャックが戻ってきた。
私はこの家で、歳をとりたかった。ここで二人で祝日を過ごしていると、孫たちが遊びにくる。
髪は白くなり、顔はしわだらけ。私は庭いじり。あなたはデッキのペンキ塗り。
しかし、物事は変わる。
どうしても転職するなら、子供を転向させ、家を手放し、ジャックの生きる道に着いて行く。”
ケイトは最後に、”あなたを愛しているから。”と言った。

このケイトの長い台詞は、もう胸をついてたまりません。愛情の深さに涙がでてきます。素敵なシーンでした。

翌朝、ジャックは、庭でアニーと遊び、戯れている。
アニーは、”本物のパパだ”と言い、ジャックは、”愛している”と言って、抱きしめた。
二階の窓から、温かい目で眺めるケイト。


だがそんなジャックの前に、再びあのキャッシュが現われる。
ジャックは、”この世界から戻らないぞ!”と激しく言うのに対し、”瞬間は、長くは続かないものさ。”と潤んだ目で伝えるキャッシュだった。


この世界に未練が残るジャック。戻りたくない。でも、もう覚悟せざるを得ない。
その夜、ジャックは、それぞれの寝室にいる子供たちと妻ケイトのひとりひとりに、彼なりの別れの挨拶をして回った。

眠りを我慢していたジャック。だが、睡魔が彼を襲って・・・


前の世界に戻ってしまったジャック。
ケイトと過ごした自宅に行くが、当然、見知らぬ人が住んでいた。
現在のケイトのもとを訪れると、弁護士として活躍している彼女が、パリへ引っ越すところだった。
ケイトは、キャリア・ウーマンとして生き生きしていた。
ジャックは、ケイトを諦めきれず、空港まで追いかける。
ケイトがパリ行きのゲートに入る寸前、ジャックは、”行くな”と呼び止める。
ケイトとジャックの愛す家庭の事、将来できる二人の子供?の事など、ケイトにとっては意味不明の別世界?のことを詳細に延々と話す。
最後に、”僕にはこっち(ジャックが体験した世界)が本物だ。今、君を行かせたら永久に本物が消える。僕は君と歩む素晴らしさを見た。一緒にいたい。”と告げるのだった。
それを聞きながら、じっとジャックの顔を見続けるケイトの表情がとても素敵でした。
ケイトは一言。”OK。ジャック。”

雪の降る夜の空港のレストランで、コーヒーを飲みながら嬉しそうに話をする二人がいます。
特にケイトの体が愉快に、大きく揺れていましたね。幸せな二人でした。




素敵な映画でした。大好きな作品です。
ニコラス・ケイジも好演していましたが、それ以上に、ケイト役のティア・レオーニが素晴らしく、とても素敵でした。



2004年6月に視聴したときの当時の批評を以下に掲載します。


仕事のために恋人を捨て、その後の13年間で地位と物質の両方を得たジャック(ニコラス・ケイジ)。
彼はある日、偶然に会ったチンピラの黒人に真面目に仕事をするように説教をする。
真面目に仕事をすれば、自分のようにすべてが手に入るのだと。黒人は、すべてが手に入っているというジャックに、13年前の恋人と夫婦になっていた場合の13年後の世界へ送り込む。
そこでは、前の現実の世界で手に入っていたものは、すべて失われていた。最初は、惨めに悲嘆にくれた彼も、家庭の愛情、夫婦の愛情という現実の世界では、得られていなかったものに触れて、別人のようになる。
ということで、最終的には、この別世界で生きたいと思ったときに、またも黒人に現実に戻されてしまう。そこからは、失われていたもの(気づかされたもの)を、取り戻しに奔走する。
13年後の恋人を探し当て、パリに行こうとする恋人に、空港で愛を訴えるジャック。
そして、恋人のケイト(ティア・レオーニ)も・・・
このファンタジー・ストーリーが上手く演出されていた。とても美しく素敵な映画である。
虚構の世界では、二人の子供がいたが、当然、現実には存在しない。ハッピー・エンドでありながら、そのあたりの侘しさも、観ている方には余韻として心に残る。

(当時の評価:4.5/5)


2006/10/13 ★★★★* (評価:4.5 /5)

この記事に

閉じる コメント(6)

顔アイコン

トラバありがとうございます。ただし、これから見ようと思う方はこの記事は読まない方がよさそうですね。 私も2度見ましたが、間に邪魔が入ったりしてすべてを見てない気がするので、また時間をとってみてみたいと思います。

2006/10/14(土) 午後 8:05 min*43*2 返信する

顔アイコン

mini4312さん。コメント有難うございました。D−VHSで録られているんですよね。ハイビジョンの美しい画質で、是非、温かい本作品を何度でも楽しんでくださいね。完全ネタバレのレビューなので、観ていない方には、迷惑な記事だと思います。(笑)申し訳ありません。

2006/10/14(土) 午後 9:48 [ PANA ] 返信する

顔アイコン

D−VHSで記録しようと思ったら、DVDレコーダーが不調で、仕方なくDVDにダビングしました。(残念)

2006/10/15(日) 午後 10:01 min*43*2 返信する

顔アイコン

mini4312さん。大変、残念でしたね。私も、iLINKエラーが起こったり、画像が真っ白で、テープにダビングできないときがたまに起こります。私の場合、D−VHSのコンセントを抜き差しすることで、とりあえず正常に戻ります。とりあえず、この方法で逃げています。仕方が無いとあきらめています。

2006/10/16(月) 午後 8:11 [ PANA ] 返信する

顔アイコン

面白い映画でしたね。誰もがもう一つの人生を夢見ますが、現実の大切さに気付くのはなかなか難しいものです。おっしゃるとおり、ラストの余韻がちょっと心に沁みますね。TBありがとうございました。

2006/12/20(水) 午後 6:47 choro 返信する

顔アイコン

Choroさん。早速ありがとうございます。この映画のように一度経験してみないと分からないことってありますよね。普通は後悔するしかないのですけど。この映画はやり直しがきいて暖かい贈り物です。ただ、あの可愛らしい子供たちの存在がなくなってしまったのが寂しいです。これから生まれてくるというように思いたいですね。(^^)

2006/12/20(水) 午後 10:47 [ PANA ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


みんなの更新記事