ここから本文です
山行日和
いらっしゃいませ

書庫全体表示

仙丈ヶ岳

2009/7/12(日)曇り晴れ 仙丈ヶ岳 3033m


南アルプスの仙丈ヶ岳へ。
南アルプスの女王と呼ばれる赤石山脈北部の3000m峰。
小仙丈カール、藪沢カール、大仙丈カールの3つのカールを擁する。
日本百名山。

所在地:山梨県南アルプス市 長野県伊那市
ルート:北沢峠→小千丈岳→仙丈ヶ岳→小千丈岳→北沢峠
歩行距離:8.5km
高低差:1050m
行動時間:5時間10分
メンバー:K氏、H氏、Kさん

3:00 集合。出発。
   ファミマで買出し後、富士五湖道路から中央道経由し
   双葉JCから中部横断自動車道へ。
   白根ICで降りて芦安温泉市営駐車場へ向かう。
5:10 芦安温泉市営駐車場到着。
   ここからバスに。広河原行きのバスは5:10と5:40。その次は7:40となる。
   5:40のバスに乗り、広河原へ。(1100円)
イメージ 1

6:41 居眠りしながら1時間ほどバスにゆられ広河原着。
   ここから6:50発の北沢峠行きバスに乗り換え。(750円)
イメージ 2

7:15 北沢峠着。
イメージ 3

7:30 準備して入山。
イメージ 4

   北沢峠は標高2000mほどあり涼しい。湿度も低くてカラッとしている。
   しばらくはゆるやかな樹林帯を登っていく。
   登山道はとても登りやすい。途中木々の合い間から北岳が見える。
イメージ 5

8:29 1時間ほど登ると五合目の大滝頭分岐に到着。ここで少し休憩。おにぎり1個食べる。
イメージ 6

   大滝頭を小千丈岳方面に。上空が晴れてきました。
イメージ 7

   ほどなく森林限界を超え、ハイマツ帯に。視界が開ける。
イメージ 8

   小仙丈岳への登り。
イメージ 9

   振り返ると、甲斐駒ヶ岳。ピラミッド型の頂上の脇に摩利支天を従える。
   甲斐駒ヶ岳の向こうには八ヶ岳連峰が見えます。
イメージ 10

   東方には左に鳳凰三山。右に北岳。その間に富士山が見える。
   日本第1位、2位の高峰が並んで圧巻です。
イメージ 11

9:17 小仙丈岳到着。2855m。
イメージ 12

   富士山。山頂は少し雲に隠れている。
イメージ 13

   北岳、間ノ岳、農鳥岳。白峰三山。
イメージ 14

   西方には中央アルプス。山頂が雲に隠れた木曽駒ヶ岳とその奥は御嶽山。
   遠くの山までよく見えました。
イメージ 15

   そして、仙丈ヶ岳。これぞ南アルプス!
イメージ 16

   小仙丈岳からは尾根沿いの岩場を登り降りしながら歩いていく。風がきつい。
イメージ 17

   振り返ると小仙丈岳、その奥に甲斐駒。その横はアサヨ峰。
イメージ 18

   山頂まであと少し。
イメージ 19

10:03 登頂。3033m。
   山頂は風が強く、けっこう寒い。10℃くらいか。
   上空は曇っているが、雲が高く、景色は最高です。
イメージ 20

   頂上直下、藪沢カールの仙丈小屋。
イメージ 21

   南アルプスの山々。
イメージ 22

   鳳凰三山。地蔵岳のオベリスク。
イメージ 23

   甲斐駒ヶ岳のどアップ。
イメージ 24

   山頂で昼食。ゆっくり景色を堪能しながら、50分ほど過ごす。
11:50 下山開始。
   登ってきた道を引き返す。
   途中、小雨が降ってきた。北沢峠からのバスの時間が12:55で、これを逃すと15:30になる。
   急いで降りる。
12:40 下山。バスになんとか間に合った。
12:55 広河原行きバスに乗る。(750円)
13:05 広河原着。
13:30 芦安行きのバスに乗り換え(1100円)
   バスは満員で、イスに座れず、立つことに。
   バスより100円高いが乗り合いタクシーにすればよかった。
   が、バスガイドの南アルプスの山々の説明や林道の説明が詳しくて楽しめた。
14:33 芦安着。
   芦安市営駐車場の日帰り温泉で汗を流す。(550円)
   温泉は多くの登山客で大混雑。設備もイマイチでした。
15:30 帰路に。
18:30 帰宅。

2週連続の山行。
天気は曇りであったが、比較的空気が澄んでいて、
南アルプスの重厚な山々、富士山、八ヶ岳、遠く中央アルプスまで堪能できた。
南アルプス林道はマイカー規制されており、バスの時間を気にしながらの登山となるため
けっこうめんどくさい。自然を守るためにはしかたないか。

  • 顔アイコン

    仙丈ケ岳行ったですか!!いいな〜。昨日自分は常念岳行こうと思いましたが乳飲み子が寝付かず、寝坊。家の掃除日和となりました。

    [ rom*hu* ]

    2009/7/15(水) 午前 7:12

  • ロンチュンさん、
    仙丈ヶ岳、行ってきました!アルプスはやっぱり雄大です。
    常念岳、寝坊ですか、残念っすね。子供がちっさいとなかなか
    家を空けるのも大変ですよね。掃除おつかれす。

    しゅん

    2009/7/15(水) 午後 11:16

  • 仙丈ヶ岳素晴らしいですね〜
    富士山も随分近く見えるように感じますね

    ちのり

    2009/7/16(木) 午後 11:20

  • ちのりさん、
    仙丈ヶ岳、いい山でした。
    曇ってたわりにガスってなかったので、遠くの山まで見えました。
    富士山はどこから見ても大きいですね。

    しゅん

    2009/7/16(木) 午後 11:44

  • 顔アイコン

    お早うございます。
    景色が、そびえたつ大きな山々に囲まれ圧巻です
    私はまだなので、楽しく拝見しました。

    くろゆり

    2009/7/17(金) 午前 6:34

  • くろゆりさん、ご訪問ありがとうございます。
    梅雨明け直前で曇り空でしたが、周りの山々を見ることができて
    ラッキーでした。

    しゅん

    2009/7/17(金) 午後 10:35

  • 雄大な景色に感動しましたっー☆
    きちんと計画を立て常位置確認、天候確認。
    富士山が見えるとよりラッキー感ー☆
    クライマーのことよくわかってないですが、今回北海道大雪山、大変な事が起こってしまいました。経験の浅い方などはついガイドさん任せになってしまって、付いて行くしかなかったのでしょうか?
    亡くなられた方のご冥福お祈りしますと、共に自然と向き合って山を楽しめたらいいですね。

    SWEETS

    2009/7/18(土) 午前 7:08

  • スイーツさん、
    山登りで遠くに富士山が見えるとほんとにうれしいです。
    北海道の遭難事故は本当に残念ですね。夏山でも天気の急変に備えて
    装備をしっかり持っていくのと、場合によっては引き返す勇気が大事だと思いました。

    しゅん

    2009/7/18(土) 午後 11:46

  • 顔アイコン

    さすがにアルプス、雄大な景色ですね。
    仙丈ケ岳も素敵ですが、甲斐駒ケ岳もいいですね。
    充分トレーニングをしてから、挑戦してみたいと考えています。

    secondmoon

    2009/7/21(火) 午前 1:50

  • セカンドムーンさん、
    甲斐駒と仙丈どちらに登るか迷ったのですが、
    仙丈ヶ岳の3000mの標高にひかれて登りました。
    次は甲斐駒に登りたいです。
    しかしこのところ梅雨が戻ったみたいで天気が安定しませんねー。

    しゅん

    2009/7/22(水) 午後 10:47

開くトラックバック(3)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事