■ 嬉しい 楽しい ありがたい ■ 大熊良樹(講師)の公式ブログ

★元禅僧でありながら<生命の教育)>に基く「赤ちゃんの救命活動」をしている社会教育家★

ひかりの言葉を拡散してゆきたいと思います。




イメージ 1

イメージ 2


イメージ 3


ひかりの言葉を拡散して
ゆきたいと思います。



 平成30年4月20日(金)





ひかりの言葉。人の心を照らすような言葉や情報を拡散してゆきたいと思います。
私たちは、「愛と平和」に基いた、インターネットの組織的、かつ 効果的な活用をしてゆきたいと思います。「京都いのちを守る情報センター」ともいえるこの「通信情報活動」の本部は「京都光明放送局」「京都光栄出版社」「京都いのちの教育センター」「京都いのちのミュージアム」「いのちの救命相談室」のある「いのちを守る親の会本部」(京都光明会館)です




「いのちを守る大切な「真実の」ニュース」や、「人のいのちを守る感動的なニュース」を収集して、拡散し共有できる「部署」を「京都光明会館」内に設けます。4月から始動です。


すでに「情報録画機器」「編集機器」「高速処理能力」のある通信機器を「3台」寄贈いただきました。


技術者も、まだまだ必要です。日常的に、いのちに関するテレビ、報道、ニュース。どんどん情報提供ください。
 最低数10人、ボランテイアでご協力いただける パソコン技術者・ナレーション(あてレコ等)をして下さる方、情報拡散要員(いのちを守る特別委員)を募集致します。

赤ちゃんのいのちがかかっています。このプロジェクトが成功すれば、今後、間接的な救命数は「1年で数千人以上(赤ちゃんのいのちを)守ることができます。」皆さんご協力お願い致します。大熊良樹拝












ご連絡は(京都本部)事務局
 080−5301−0041大熊良樹まで
















イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6










.


みんなの更新記事