気象部屋

"Do Your Best and It Must Be First Class" 〜最善を尽くし一流たるべし〜

全体表示

[ リスト ]

瀬戸内海の「凪」

イメージ 1


(香川県にて17日撮影)


突然ですが、瀬戸内海をぼんやり眺めていると妙に癒されませんか?
それはなぜか…穏やかだからに尽きると思います。
周りを陸地に囲まれている瀬戸内海はほとんど波が立ちません。
鏡のようにピシッと静まり返る海面、いわゆる凪の状態が日常的です。
日本海や太平洋とは全然違った表情がありますよね。
それは波浪注意報、警報の基準を見ても明らか。
高知県では波の高さが3メートルで注意報、6メートルで警報が発表されるのに対して、
香川県では波の高さが1.5メートルで注意報、2.5メートルで警報が発表されます。
瀬戸内海でも冬場は季節風の影響で多少しけることもありますが、それでも年間を通してみると
他の海域に比べ圧倒的に穏やかなのです。



そして凪といえば、瀬戸内海の気象を語る上で欠かせないのが朝凪、夕凪です。
風は海と陸の温度差により日中は海から陸に向かって(海風)、
夜間は陸から海に向かって(陸風)吹きますが、この海風と陸風が入れ替わるタイミングでは
風がぴたりと止みます。
それが凪で、朝と夕方に1日2回あります。
凪という現象自体は特に珍しくもないのですが、
温度変化の緩やかな瀬戸内海ではその分凪の時間も長い。
(場所にもよりますが)通常は数十分程度のところ瀬戸内海では
1時間以上継続することもあるんだそうです。

気温が上がるこれからの時期は凪の季節です。
しかし、風が止むということは蒸し暑さが増すということでもあるので、
歓迎されるべき現象ではないのかもしれません。

閉じる コメント(11)

顔アイコン

香川県に、行っていらっしゃったのですね。
瀬戸内海は、穏やかなのですね。
四国と中国地方などの陸地に囲まれ、波があまり立たないのですね。
高知県など、四国の太平洋側に比べると、そちらで波浪に関して、注意報にもならないレベルで、香川県など瀬戸内海側は、警報になってしまうのですね。

冬は幾分風が強く、それなりに、波が立ったりするのですね。

でも、海陸風の関係での、凪と呼ばれる無風状態は長いのですね。

ここ数日でも、こちら愛知県でも比較的風が強めの日があり、その場合は温度や湿度が高めでも、幾分は過ごしやすいですが、梅雨時の凪は、蒸し暑さという感覚が増すというデメリットもあるのですね。

本日は午前中晴天、午後は曇り、現在は雨で、最低19.3度、最高30.7度でした。

2016/6/27(月) 午後 10:00 [ 佐尾 麻衣 ] 返信する

顔アイコン

瀬戸内海の「凪」は特に夏は耐えがたき蒸暑さ・・・と私の同僚(転勤族ですから全国に同僚がいます)が言っていました。

こちら私の住む名古屋市北部ですと盛夏は日中はほぼ西風、夕方から21時ごろまで無風(凪)になりその後、南よりの風に変わるも深夜には治まって無風になりますから、耐えがたき蒸暑さです。もちろん冷房します。

アメダスのデータで最寄の名古屋地方気象台は小高い丘の上にありますから私の住んでいる名古屋市北部ほどは「凪」が発生しにくいようです。同僚で気象台の近所に住んでいた人が、

「真夏でも 窓を閉めないと 寝冷えしてしまうよ」

なんて言っていましたから、同じ名古屋市内でもかなり気温差があります。

2016/6/28(火) 午後 4:40 [ ひよこぴよ ] 返信する

顔アイコン

> 佐尾 麻衣さん、コメントありがとうございます。
都市部では夜になっても気温が下がらず、そもそも風が起こらないということがしばしばあります。凪の状態がずっと続くような感じですね(これを凪とは呼べないでしょう)。
先々週は香川と愛媛、両方に行きました。メインは香川だったんですけど。

2016/6/29(水) 午後 11:57 [ panthanwatch ] 返信する

顔アイコン

> ひよこぴよさん、コメントありがとうございます。
やはり凪の発生には地形も大きく関係しているようですね。ちなみに、当方も家が高台にあり、夜はそよそよ風が吹いて比較的涼しいです。

2016/6/29(水) 午後 11:59 [ panthanwatch ] 返信する

香川県にいってらっしゃったのですね。小豆島に行かれたのですか?私はまだ行ったことがないです。今年の秋頃に金比羅さんに行くというか挑戦しようかと思っているところです。境内まで785段の石段を登らなければならないみたいです。運動不足だと半分に満たない所でへばってしまうらしい。私は天気のいい日には歩いて足腰を鍛えてる所です。785段は考えただけでもかなりきついと思う。本当は昨年の11月に行くつもりだったのですが列車で高知の方に行ってしまいました。香川県と言えばpanthanwatch様は栗林公園には行かれたのですか?またこんぴらさんに行かれたというか785段の石段に挑戦されたことはあるのですか?私は小さい頃にこんぴらさんに連れていってもらったみたいだけど覚えていないです。

2016/6/30(木) 午後 1:09 [ may***** ] 返信する

詳しく言うと金比羅さんの境内の本宮まで785段で奥社までは1368段あるそうです。できれば奥社まで挑戦してみたいです。イベントでこんぴらマラソンも行われているみたいです。

2016/6/30(木) 午後 1:18 [ may***** ] 返信する

訂正→栗林公園に行かれたのですか?→今回の香川県への旅行で栗林公園にも寄られたのですか(前のブログの返事では栗林公園には行ったことがないように言っておられたから)?でも大変なこんぴらさんの石段を登りきった所からの讃岐平野の眺めも素晴らしいみたいです。

2016/6/30(木) 午後 1:29 [ may***** ] 返信する

顔アイコン

> may*****さん、コメントありがとうございます。
先日の記事で、小豆島のオリーブについてとりあげましたが、あの写真は小豆島に寄ったついでに撮ったものです。帰りはただ瀬戸大橋を渡るだけなのもつまらないので、小豆島経由で本州(岡山県)入りしました。鉄道や車ではなくフェリーを使ったわけです。たまにはフェリーを使うのも良いですね。地上とは全く違った景色を味わえるので、楽しくて仕方がありません(笑)

2016/7/1(金) 午前 0:02 [ panthanwatch ] 返信する

顔アイコン

続き・・・
栗林公園には行きませんでした。日本三大庭園ではないものの、それに準ずるくらい素晴らしい庭園なんだそうです。次機会があれば、絶対に行こうと思います。金比羅山には行きました。ただ、本宮までです。それでもかなり疲れましたね。私が行った時はまだ曇り空でそこまで日が照っていなかったのですが、帰る頃にはカンカン照りですれ違う方々はかなり辛そうでした。晴れ始めるのが遅くて良かったと思います。真夏の金比羅山は避けた方が良いかもしれません。寒くなり始める11月はちょうど良さそうですね。

2016/7/1(金) 午前 0:11 [ panthanwatch ] 返信する

香川県と言えば小豆島、栗林公園、金比羅さんなどが有名ですけど、よく私が香川県に旅行しにいってきました、というと最近よく聞かれるのは屋島は行かれたのですか、屋島はどういったらいいのと質問されます。屋島はまだ行ったことがないからわからない、ガイドブックに載ってるから調べてと答えた。屋島も綺麗な所で山頂というか丘から小豆島も見えるらしいです。多分panthanwatch様は今回はおそらく屋島へは行かれていないと思うけど、香川県から岡山県まで小豆島を経由されたのでしたら屋島を眺めることはできると思う。もし行かれてなかったら今度は屋島へ行かれたらいいと思います。ちなみに兵庫県からも姫路から小豆島までフェリーがあるみたいで、家島からも小豆島まで定期船があるみたいです。私は兵庫県に住んでいながら家島にはまだいったことがないので、機会があれば姫路港から家島を経由して小豆島に行ってみたいです。そのついでに屋島に寄れたらいいけど(小豆島も屋島もまだしらないので)。

2016/7/3(日) 午前 6:55 [ may***** ] 返信する

顔アイコン

> may*****さん、コメントありがとうございます。
実は記事中の写真、「香川県にて撮影」と書いてありますが、具体的に言うと屋島山頂から見た瀬戸内海なんです。屋島にも行ってきました。屋島へのアクセスは車かシャトルバスが一般的です。シャトルバスはJR高徳線、もしくは琴電の屋島駅から8〜16時の間で毎時1本出ています。
http://www.kotoden.co.jp/publichtm/bus/rosen/yashima/t-yashima.html
登山道もあり徒歩で行くこともできますが、整備されていないところも多々あるようなので、あまりオススメはできません。

2016/7/3(日) 午後 11:43 [ panthanwatch ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事