気象部屋

"Do Your Best and It Must Be First Class" 〜最善を尽くし一流たるべし〜

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

なおも続く大雪

北陸の平野部を中心に雪の降り方が強まっています。
積雪は福井市で77センチ、金沢市で62センチに達しました。


イメージ 1


なぜここまで雪が強まっているのか?
原因は上空の寒気と気圧配置です。
北陸の上空5000メートル付近にはマイナス36℃以下のかなり強い寒気が流れ込んでいます。
また、単なる冬型の気圧配置ではなく、能登半島付近に小さな低気圧が発生しています。
この2つの要因が重なり雪雲が発達しやすくなったわけです。




すでに雪のピークは越えつつありますが、あす明け方までは大雪に警戒が必要です。
あすも引き続き交通機関が乱れている可能性があるので、お出かけの際は時間に
余裕を持って行動してください。

北陸平野部でドカ雪

イメージ 1



日本列島に強烈寒波が襲来しています。
特徴的なのは普段あまり雪の降らない地域でドカ雪となっていることです。
新潟県糸魚川市能生では105センチに達し今なお増えているほか一時新潟市で80センチ、
富山市でも60センチに達するなど10年に一回あるかないかレベルの大雪に見舞われています。

あすにかけてはまた北〜西日本の日本海側を中心に大雪となる恐れがあります。
あす夕方までに予想される降雪量(いずれも多い所)
北陸地方 70センチ
近畿地方、中国地方 40センチ



あすはセンター試験初日。
積雪などによりあす朝も交通機関が乱れている可能性があります。
余裕をもって行動してください。
また、雪こそ降らないものの太平洋側も厳しい冷え込みとなります。
東京都心もマイナス2℃まで下がる見込み。
寒さ対策は万全にして試験に臨みましょう。
北日本の上空5000メートル付近にはマイナス36℃以下の強い寒気が流れ込んでおり
日本海側では各地で大雪となっています。
新潟県阿賀町津川ではこの24時間で80センチ以上の雪が降りました。



今回の雪の特徴は短時間で一気に降り積もること。
信越線では除雪が追い付かず立ち往生が発生している状況です。


あすになると雪の降り方は次第に弱まってきますが、なだれや屋根からの落雪に注意してください。

一時的なポカポカ陽気

イメージ 1


きょうは天気図だけ見ると、等圧線が縦に日本列島を走っていて寒々しいですが、
ある所だけは季節外れの暖かさとなりました。
それはどこかというと関東地方。
東京都心は最高気温16.0℃と4月上旬並みの暖かさとなりました。
今回の寒気は西回りのため、大陸から比較的遠い関東だけは寒気の流入が遅れて
暖気が残ったのです。

ただ、あすは冬の寒さが戻ってきます。
あす朝は2℃近くまで下がる予想でこの気温差は体に堪えますね。
このところインフルエンザが猛威を振るっているので、体調管理には十分ご注意ください。

低気圧、発達へ


イメージ 1



成人の日のきょうは本州付近を進む低気圧の影響により広い範囲で雨となりました。

この低気圧はあさってにかけて猛烈に発達し日本付近は強い寒気が流れ込みそうです。
日本海側では今週末にかけて大雪や猛ふぶきとなる恐れ。
今週末はセンター試験ですが、交通機関が乱れる可能性があり注意が必要です。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事