気象部屋

"Do Your Best and It Must Be First Class" 〜最善を尽くし一流たるべし〜

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

穏やかな3連休初め

3連休初めのきょうは穏やかな陽気となりました。
東京都心は最低気温−1.4℃と朝の冷え込みこそ厳しかったものの日中は10℃を超えて
日差しの温もりを感じられたことでしょう。



ただ、天気は西からゆっくり下り坂。
あさっては西から低気圧が進んできて西日本を中心に雨が降りそう。
生憎雨の成人式となってしまいそうです・・・・。

雪の可能性無くなる

イメージ 1


きょうは東京都心でも雪が降る可能性もありましたが…
実際のところ雪どころか雨すら降らず。
これは南岸低気圧が陸地から離れた所を通過したためです。



日本付近に居座る寒気が強いので、低気圧が南に押し下げられたと言っても良いかもしれません。
実は関東平野部の場合は複雑で、寒気が強いから雪がするというわけではありません。
雪が降るか降らないか際どいレベルの寒気のほうが、低気圧が陸地に近すぎず遠すぎないコースをとる
ため、雪が降りやすいと言えます。
なので、晩冬から春先が関東における降雪シーズンなのです。

まだまだ寒気が主役の場。
来週は今シーズン一番の強い寒気が襲来します。

冬型の気圧配置が緩んでおり、こういう時には南岸低気圧が発生しやすくなります。
あすもしかり。
 





しかし、あすの場合は南岸低気圧は南岸低気圧でも比較的陸地から離れた所を通りそう。
こうなると影響は小さくなってきます。
当初の予想では南岸低気圧による降水域が陸地にかかって関東平野部でも雪の可能性があると
伝えられてきましたが、ここにきてその可能性は小さくなりました。
あすは沿岸部のごく一部で弱い雪が舞う他は曇り程度で済む所が多いでしょう。

ただ、とても寒いです。
低気圧が南を通るということは北からの寒気が強いと言えます。
日中も5℃前後で日差しもないので、最高レベルの防寒対策を。

イメージ 1

きょうは冬型の気圧配置が強まりました。
東北日本海側には小さな低気圧がありますが、小さいからといって油断はできません。
この低気圧周辺では局地的に雪や風が強まり、猛ふぶきとなった所もありました。



全国的に風が強く、日本海側で発生した雪雲が一部太平洋側まで流れ込みました。
大阪では平年より12日遅く、昨年より6日遅く初雪を観測しています。



あす前半にかけて日本海側では大雪やふぶきに注意が必要です。
ただ、今回の冬型は長続きしません。
あす後半には次第に緩んで、あさっては西から低気圧が進んできます。
低気圧は本州南岸を通過する予想で、低気圧のコースによっては関東平野部でも
雪になる可能性があるので、最新の気象情報に注意してください。

1068hPa

イメージ 1


穏やかな年明けとなっています。
ただ、大陸に目を向けると1068hPaの高気圧が・・・。
これはシベリアで寒気が蓄えられていることを意味します。



あすは強い寒気が流れ込んで日本海側では雪が降りやすくなる見込み。
また、名古屋や大阪など太平洋側にも雪雲が流れ込んで雪になる可能性があります。



故郷や行楽地からおかえりの方、ぜひ最新の交通情報にご注意ください。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事