気象部屋

"Do Your Best and It Must Be First Class" 〜最善を尽くし一流たるべし〜

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
あけましておめでとうございます。
今年も1年どうぞよろしくお願いします。



さて、元日のきょうは太平洋側では初日の出が拝めたところが多かった一方、
北陸から北の日本海側では雪の降りやすい天気となりました。
イメージ 1





北海道付近に小さな低気圧が天気図では描かれていますが、これがなかなか厄介。
低気圧周辺では局地的に雪や風が強まりそうなんです。
あす夕方までに北日本の多いところで40センチの雪が降る見込み。
交通機関が乱れるかもしれないので、お出かけの際は最新の交通情報にご注意ください。
きょうは東京都心で初雪が観測されました。
南海上に弱い低気圧があって、降水域が広がり気温も低かったため
雨ではなく雪になったのです。
平年より3日早く昨年より37日遅い初雪です。

さて、あすの元旦は初日の出を見る計画の方も多いのではないでしょうか。
気になる天気のほうですが・・・

イメージ 1




ズバリ関東から西の太平洋側でチャンスあり。
あすは冬型の気圧配置で、概ね冬の天気分布です。
日本海側では曇りや雪、雨の天気で初日の出は厳しめです。
また、北海道や東北の太平洋側も低気圧の影響で雪や雨が降りやすく、生憎の天気となってしまいそう。

あす朝は全国的に冷え込むので、出かけるときはぜひ防寒対策を万全にしましょう。



さて、今年も残すところあと4時間となりました。
皆さまよいお年をお過ごしくださいませ。

長野県でも大雪に

私用できのうまで長野に出かけておりました。
ちょうど寒気のピークと重なり、県内でも北部を中心に大雪に。
長野市内ではおとといに積雪23センチと今シーズン一番の大雪となりました。



ただ、もちろん山沿いとなるとさらに雪の量は多く、
小谷村では積雪が1メートルを超えました。
イメージ 1


こちらは松本から小谷村を通って新潟県の糸魚川に抜ける
大糸線の南小谷駅のきのうの様子。
雪で線路が埋もれてしまうほどです。
大糸線の雪は松本から北へ向かいどんどん離れていくと増え始め、
ちょうどこの南小谷駅がピークでした。


大糸線はこの大雪の影響できのうは南小谷〜糸魚川の間で運転を見合わせていました。
冬の嵐のピークは越えたとはいえ、年明け1〜2日は再び冬型の気圧配置が強まって北日本や
北陸を中心に大荒れの天気となる恐れが出てきています。
Uターンの足を直撃する可能性もあり、最新の気象情報ならびに交通情報には注意が必要です。

大雪はピークに

依然として冬型の気圧配置が続いており、北日本から東日本の山沿いを中心に
雪の降り方が強まりました。
青森県青森市酸ヶ湯では25日から積雪が増え続け、きょう午前10時には250センチを超えました。





この雪のピークは今夜いっぱいまで。
あすになると次第に雪の止んでくる所が多くなってくる見込みです。
それでも引き続き屋根からの落雪やなだれにはご注意ください。

引き続き警戒を


イメージ 1


オホーツク海に停滞する低気圧はきのうに比べれば発達は幾分弱まりましたが、
それでも相変わらず強いままですし西から高気圧が張り出してきているので、広く見れば
むしろ等圧線の間隔が狭まって冬型の気圧配置が強まってきていると言えます。

北日本や北陸ではあす昼前まで猛ふぶきに警戒が必要です。
あすにかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)
北陸地方 20メートル(30メートル)
東北地方  18メートル(30メートル)


また、福島や群馬の山沿いを中心に雪の降り方が強まっており、
すでにこの24時間で80センチの雪が降った所もあります。
あすにかけてさらに雪の量は増える見込みで、 3日間で降った雪の量が
軽く1メートルを超える所もあるかもしれません。
まさに掻き入れ時を迎えているスキー場にとっては恵みの雪となりそうですが、
身のまわりには危険がいっぱい潜んでいます。
なだれや屋根からの落雪には十分ご注意ください。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事