気象部屋

"Do Your Best and It Must Be First Class" 〜最善を尽くし一流たるべし〜

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

大雨記録更新中

イメージ 1

イメージ 2

21時現在、台風1号は奄美大島付近にあり、45km/hの速さで北東に進んでいます。
台風1号の勢力は衰えつつあります。
雲画像を見てみると形がかなり崩れています。
台風1号に伴う雨雲よりも梅雨前線に伴う雨雲の方が目立つほどです。
明日(12日)になると熱帯低気圧に変わる見込みです。
まだ日本付近の海水温は台風が発達するにしては低いのです。

今日(11日)も南から非常に暖かく湿った空気が流れ込んで、梅雨前線の活動が活発化し、
激しい雨の降った地域がありました。

特に西日本の日本海側を中心に200mを超える大雨となり、記録的大雨となったところもあります。
なかでも山口県鹿野では9時までの24時間に242.0mmの大雨が降ったほか、島根県出雲でも
この24時間に209.5mmの大雨が降っています。
山口県や兵庫県には土砂災害警戒情報が出されています。
山口県では明日の未明までが雨のピークとなり、兵庫県は明日の昼前までが雨のピークとなりそうです。

先日にも書いたとおり、熱帯低気圧に変わっても熱帯原産なので、暖かく湿った空気を大量に
含んでおり、明日も引き続き非常に暖かく湿った空気を供給し続けます。
このため、前線の活動が活発化し、東・西日本の太平洋側を中心に雷を伴った1時間に50mm前後の
非常に激しい雨の降る恐れがあります。
今後、西日本の日本海側を含めて雨量はさらに増える見通しです。

明日18時までの24時間に予想される雨量(多いところ)
四国地方      250mm
近畿地方、東海地方 200mm
九州北部(山口県含む)、伊豆諸島 150mm
中国地方、関東甲信地方 120mm
九州南部      100mm

土砂災害や低地の浸水、河川の増水・はん濫、落雷、突風に警戒・注意が必要です。
特に記録的大雨に見舞われた西日本の日本海側では河川の増水・はん濫や土砂災害に厳重な
警戒が必要です。

開く コメント(4)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事