気象部屋

"Do Your Best and It Must Be First Class" 〜最善を尽くし一流たるべし〜

気象(春)

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全72ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

主役は高気圧へ

イメージ 1



日本の東海上にある勢力の強い高気圧によりブロックされてなかなか動きの遅かった低気圧ですが、
ようやく離れていき、きょうは都心でも久々の青空が広がりました。



このように来週は主役が低気圧から高気圧に移行します。
日本付近は高気圧に覆われて、暖かな日が多いでしょう。
特に15日頃は関東から西の各地で最高気温が20℃を裕に超えて関東甲信など内陸部は
25℃近くまで上がるかもしれません。

またも首都圏に春の嵐

イメージ 2



首都圏は今週月曜日から火曜日にかけて荒れた天気に見舞われ、まさに春の嵐となったわけですが、
あすにかけて再び春の嵐となりそうです。

イメージ 1



日中は気温が5℃前後と真冬の寒さとなりましたが、この時間は沿岸部から気温が上がり始めており、
千葉県ではすでに15℃を超えています。
そのほかも10℃以下とは言え、やはり日中に比べると気温は少しずつ上がっており、
これは南から暖かな空気が入り始めていることを意味します。
南部を中心にこれから気温が急速に上昇し、あす朝は生暖かく感じられるくらいとなりそうです。

しかし、暖かな空気は雨雲が発達するもと。
あす明け方にかけては局地的に雷を伴って1時間に30ミリ前後の激しい雨の降る恐れがあります。

また、朝は南風が強まり傘が役に立たないような状況になることも考えられます。
交通機関が乱れる可能性もあり、最新の交通情報にご注意ください。


あす日中は嵐の範囲は北へ。
今回は暖気の勢力が強いため北海道でも降るものは雪ではなく雨となるでしょう。
あす夕方までに多い所で150ミリの雨が降る見込み。
気温上昇と大雨により融雪が進むので、なだれや道路冠水など融雪による災害に注意してください。

寒の戻りは一時的

きょうは久々の寒さで体に堪えたのではないでしょうか。
都心の最高気温は8.3℃と真冬並みでした。



しかし、この寒さは長続きしません。
寒さはひとまずあすまでで、あさっては再び暖かくなり最高気温は15℃を超える見込みです。

ただ、暖かくなると天気のほうは荒れることがこの時期はしばしばあります。
今回も然り。
あす夜からあさってにかけては雨風強まり荒れた天気となる恐れがあるのでご注意ください。

引き続き厳重な警戒を

イメージ 1

引き続き梅雨前線は九州北部に停滞しています。
この時間はいったん雨の降りかたは弱まっていますが、
今夜からあす朝にかけては再び1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨の降る恐れがあります。

あす朝までに九州北部の多い所で200ミリの雨が降る見込み。
ですが、雨雲が停滞した場合はこれよりさらに量が多くなる可能性も考えられます。


いつどこで雨雲が発達するのかピンポイントで予測するのは残念ながら困難です。
甚大な被害の出た福岡県朝倉市や大分県日田市はもちろん、これまで被害が出なかった地域で
新たな被害が出てしまう恐れも否めません。


げんにきょうは佐賀県や長崎県でも非常に激しい雨の降った所があり、
佐賀県白石町では24時間に降った雨の量が午後8時現在で250ミリを超えている状況。
たとえ雨の降りかたが弱まっても九州北部の広い範囲で土砂災害や河川の増水に
最大級の警戒が必要になります。





カラッからムシッへ

イメージ 1




あすは、東日本を中心に発雷確率が高くなっており、天気の急変に注意が必要です。

・上空にやや強い寒気が入ってくる
・湿度が上がってくる

この2つの要因で大気の状態が不安定となり、雷雲が発達しやすくなるのです。

雷鳴が聞こえて来たり急に黒い雲が接近してきたりと天球の急変するサインが見られたら、
頑丈な建物のなかに避難するようにしてください。


湿度が上がってくるということは体感的には蒸し暑くなるということです。
やはり湿度が高いときの方が熱中症にかかる危険性も高くなるのでご注意ください。

全72ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事