“犬は「しつけ」で育てるな!”のホントの意味を考えよう。

半放し飼いの犬127匹の群れと暮らした堀明が発信しています。このブログはめったに更新しません。

全体表示

[ リスト ]

”7万人の人が自宅を離れてさまよっている時に、
 国会は一体何をやっているのですか!!”
 

 
これは必見だと思うので、この場を借りて紹介させていただきます。
 
2011年7月27日 衆議院厚生労働委員会「放射線の健康への影響」
:参考人として招致された児玉龍彦教授(東京大学アイソトープ総合センター長)の激白です。
  
「福島第一原発事故で放出された放射線の熱量は、広島型原爆の29.6個分、ウラン換算では20倍」
 
「(広島、長崎のような)原子爆弾の放射線汚染は、1年後で1000分の1になる。しかし原発から出た放射線汚染の残存物は、1年たっても10分の1にしかならない
 
「南相馬市で、学校児童1700人が、毎日100万円使ってバスでわざわざ放射線の高い飯舘村近くの学校まで通わされている」 などなど。
 
放射線は総量が問題で、低い線量でも汚染が蓄積されると、特定の場所や食品に濃縮がおこり、内部被ばくによってDNAが破壊されると、がんをはじめ健康に重大な被害をもたらす危険性がある、ということのようです。
 
また、本来自然界には存在しないセシウムは、微量でも体内にとりこむと、(個体によって差があるにしろ)かなりオソロシイことが待ち受けているような・・・。
 
放射線研究についてまったくの門外漢の私が、軽々しく論じることは控えますが、
もちろん犬(や猫、その他の動物)たちにとってもリスクがない、
ということはあり得ないと思います。

※TVでは放映されていません。今後一部だけ切り取って、(大幅にカットされた上で)紹介されることはあるかもしれませんが。

とにかくごらんください!

当日の審議全体(2時間半)を通して見ると、この国の矛盾が焙り出されている、という感じがします。
  ↓↓ 
衆議院インターネットテレビ
 
【衆議院TVの検索方法】
 日付 2011年7月27日 だけを入れれば、
厚生労働委員会」 が出てきます。
参考人「今中哲二教授」も必見です。

 

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事