“犬は「しつけ」で育てるな!”のホントの意味を考えよう。

半放し飼いの犬127匹の群れと暮らした堀明が発信しています。このブログはめったに更新しません。

全体表示

[ リスト ]

いつまで放置してるんだ?
と、ツッコミが入りそうな事態となっていますが、2本足の犬(私のことです)は元気です。
 
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
本についてのWeb上での感想について、
著者自らの感想をアップする、という恒例の企画ですが、 『犬は「しつけ」でバカになる』の続きです。
刊行後1年が過ぎましたが、いろいろな方がいろいろな視点から記事を書いてくださっています。
その一部を紹介させていただきます。
 
今回はとりわけ個性的!!
 
動物行動学は義務教育で教えた方がいいんじゃないか?-お買い物帳
>テンプル・グランディンはフワッとした感じだけれども、こちらはキリッとスパッと簡潔で密度が高い感じ。
キリッとしているテンプル・グランディンは私も読みましたが、それよりキリッ?

>コレを読めば、意味をなさない「しつけ」が必要なくなるかと思われます。
本書の趣旨を読みとってくださり、どうもありがとうございます。
 
「犬たちとのゆたかな暮らしを求めて」をコンセプトに、たいへん学究的な探索をなさっています。
行動主義に違和感を持ってらっしゃったお一人です。
"犬の詩"までご購読くださり、ありがとうございます。
ブラジル音楽に造詣の深い方のようです。
やはり行動主義(の弊害)に着目されています。
それにしても、お宅のわんちゃんが完全合致とは……そりゃまあ、間違いなくgood boyでしょうね。
これからも、どうか犬との生活を楽しんでください。
 
犬の本で知識更新-BEAR's DOG BLOG
犬関係の文献を歴史的に俯瞰されています。こうしてみると名作もかなり生まれていますね。
大変参考になります。
 
※こういう形でブログを紹介されたら困るという方、お手数ですがご一報ください。
 すぐに対処いたします。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事