野鶲のフィールドノート〜別冊〜

当ブログでは、著作権保護期間の70年への延長に断固として反対していましたが、徒労に終わりました。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

宝珠院観音堂
千葉県印西市

飛鳥時代に中国から伝わった建築様式は、その後日本的に変化し、平安時代以降「和様」と呼ばれるようになる。

平安時代後期になると、再び中国の建築様式が入って来る。
東大寺大仏殿の建築に際して使われたことから「大仏様」と呼ぶ。

禅宗が盛んになると、禅僧の往来が活発になり、中国の建築様式が禅寺の仏堂に多く用いられるようになった。これを「禅宗様」あるいは「唐様」と呼ぶ。

実際の建築では、「禅宗様」と「和様」の、双方の特徴を取り入れた折衷様の建物も多く見られる。
日本の建築は、中国の影響を受けつつも、それを巧みに日本的に変化させながら発展して来た。

この素朴な観音堂も、禅宗様の典型的な様式で建てられていながら、見事に日本建築になっているところが見どころだろう。
日本建築、ひいては日本人の知恵というものがよく表れているように感じられる。
小さいながら名建築と言えるだろう。
これは国の重要文化財に指定されている。


日本と中国は、昔から文化的に密接な関係にある。第一、文字にしてから中国由来なのだから。
「元号」が中国の古典から採られて来たことの意味をよく考えて見よう。
「日本の元号だから国書から」というのは、極めて近視眼的な発想だ。(ここでは関係ない話だった)

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事