ただのラーメン好きブログ

ラーメンが好きです。【美味しいか否か。また食べたいか否か。】を基準で記事を書いています☆

浜松市 中区

すべて表示

RAMEN 驍(たける)【特製醤油豚骨ラーメン】 @浜松市中区尾張町




気になる情報をキャッチ!


写真を見る限り、
ベトコンじゃん!



ベトコンが浜松でも食べられるって、
そりゃあ、食べたいじゃんね。
ニンニクの影響を考慮しつつ、
休日を狙っていざ行かん!





ビオラ田町横、二俣街道に繋がる道を北上、
以前餃子の店だった所に新店。


2018年6月23日オープンは、


【RAMEN  (
たける)


イメージ 2

交差点角に位置するんだけど、
電柱が邪魔して看板が上手く写らないなぁ〜

イメージ 3

見えにくいよなぁ〜



近寄ってなんとかイイ感じに収まったわ。

イメージ 1

店内満席のようで、
おそらく店主?が出てきて外待ちを案内。
明るく丁寧な接客だわね。
先に食券を買うように促され一時入店。


やはりそれを煽るような案内がありますよ。

イメージ 4

食券を購入だ!だ!だ!




















だ?

イメージ 5

看板メニューであろうベトコンが無い。
「大和驍」は売り切れ表示で、
「驍ラーメン」は既にボタンすら無い。

だ?

いやいやいや、
無いなら無いって先に言ってヨォ〜
豚骨ラーメン一択じゃ〜ん!
この状況下じゃ、
帰るわけにはいかないじゃんヨォ〜


(3) ぶぅ

ポチリ。




















再入店。

店内は厨房を囲むL型カウンター7席ほどで、
券売機は左奥に。

店主?は積極的にお客さんに話し掛け、
スタッフにも同様で、
イイ空気感を作り出している。
紙のおしぼりは冷やされての提供で、
これはポイント高いゾ。

でももうちょい静かにしててくれた方が、
僕は落ち着いていられるんだけどな。





【特製醤油豚骨ラーメン】880

イメージ 6

中央の白ネギが目を惹くね。
何かと和えてあるみたい。
チャーシュー、ホウレン草、うずらの卵、
海苔を周囲に配す。



スープをひと口。

イメージ 7

豚骨白湯はサラッとしているライトな印象で、
醤油の風味よりエンミの強さが前に出てきて、
グイグイと主張するタレ優勢といった感じ。

イメージ 8

多加水中細縮れ麺を合わせていて、
プリッとした弾力を持っていて、
縮れが入ることで口の中で暴れます。

白髪ネギはゴマ油とタレで和えているようで、
シャキッとした瑞々しさに加え、
しんなりさを持ち合わせている。
ザクッザクッとした食感で、
麺をグイグイと食べさせる。

チャーシューはもも肉を使用していて、
薄切りスライスで硬くパサついた歯応え。
ホウレン草は柔らか。
うずらはうずら。
海苔は大判を千切ったようで、
不揃いな端部。ある意味斬新。





色んな意味で食べやすく、
卓上の豆板醤などを使えば味変も楽しめる、
ライトで家系チックな一杯でした。






















店名を冠した看板的な一杯、
ベトコンは少なくともこの日は夜提供だとか。
炒めることで店内に熱がこもり、
灼熱化することでの対策らしいけど、
ちょっと過剰な気配り声掛けがある割に、
その案内が無かったのは残念至極。

あたしゃ、

ベトコンが食べたかったんだ!だ!だ!






切ないわぁ〜





空調関係を修正するのか、

昼は混雑を理由に豚骨のみでイクのか、
夜提供のみでイクのかは分かんないけど、
そんなフラれ方をしたので、
その後の驍  には興味が無くなったなぁ〜


(
3) ぶぅ

 










散歩をしながら帰ろ!

イメージ 9

あ、浜松城にスタバが出来たんだね。

その他の最新記事

すべて表示

朝ラー限定の一杯があるんだけど、 なかなか食べる機会が得られず得られず。 醤油味なんだけど、 裏的に塩も出来るとの噂を聞いたけど、 なかなか食べる機会が得られず得られず。 ...すべて表示すべて表示

『中部迷店コラボ10』 においては、 スープを炊くのではなく、 “搾る”という手法にビックリ!! 他にも炭酸を使う一杯を出したりと、 新たな可能性を探る姿勢はスゴイよね ...すべて表示すべて表示

蒲郡駅地下にラーメン店。 たまたまそんな文字を目にしたことで、 それが妙に気になってしまって、 駅北に地下街があることも知らなかったし、 ましてやそこにラーメン店があるなんて。 ...すべて表示すべて表示


.


みんなの更新記事