全体表示

[ リスト ]

ミニカーショップ ディーズ・サーキットです。

今回ご紹介するのは
日産 GT-R R35の2008年 初期モデル
イメージカラー・アルティメイトシルバーの試作品です。
※台座には2007となっていますが、EBBRO公式HPでの表記を優先しました。

44036 日産 GT-R R35 2008 アルティメイトシルバー 2S (手前 試作品/奥 量産品)
イメージ 1

R34 スカイラインGT-Rが終了してから5年 
R35は、スカイラインの名前がとれ、日産GT-Rとしてデビューします。

日本のミニカー業界でも各ブランドがこぞってリリース
2008年はR35ラッシュとなりました。

EBBROも2008年6月、他メーカーに先駆けて発売。
特にイメージカラーのシルバーは大ヒットとなりました。

44036 日産 GT-R R35 2008 アルティメイトシルバー 試作品
イメージ 2

44036 日産 GT-R R35 2008 アルティメイトシルバー 量産品
イメージ 3

このボディカラー、実車をたまに見かけるのですが
他のシルバーメタリックとは全く違う鮮やかさが印象に残っています。

それもそのはず、調べてみると、
なんと既存のメタリック色の上にさらにメタリックを重ねているとのこと。

ベースになっているのは、ブリリアントシルバー。
この上にクリヤーをサンドイッチして、さらに蒸着アルミを塗装、再度クリヤーで仕上げるそうです。

324,000円upの高額オプションですが
それだけ手間がかかっており、出せる人にはおすすめしたいカラーです。


44036 日産 GT-R R35 2008 アルティメイトシルバー (手前 試作品/奥 量産品)
イメージ 8


さて、試作品と市販品の違いは

.椒妊カラー
 ⇒独特の鮮やかさを表現するためチャレンジしたのでしょうか、色の深みに違いがあります。
  試作品には黄色が足されているような、玉虫色的な味わいがあります。
  対して量産品は、EBBRO 2005年仕様のフェアレディZと同様のシルバーに見えます。
 
▲悒奪疋薀ぅ箸了斗
 ⇒試作品は、枠や反射板?がパーツの成形色そのまま?に対して
 ⇒各所に黒が入っています。

44036 日産 GT-R R35 2008 アルティメイトシルバー 試作品
イメージ 6

44036 日産 GT-R R35 2008 アルティメイトシルバー 量産品
イメージ 7

エンブレムのサイズ
 ⇒試作品のオーバーサイズに対して、量産品は車体とのバランスがとられました。

ぅ董璽襯薀鵐廚凌味
 ⇒暗い赤から明るい赤へ

44036 日産 GT-R R35 2008 アルティメイトシルバー 試作品
イメージ 4

44036 日産 GT-R R35 2008 アルティメイトシルバー 量産品
イメージ 5


ゥ汽ぅ疋┘鵐屮譽猊分パーツの一部色変え
⇒フロントブレーキの熱を逃すエアダクト部分でしょうか?
  量産品では、GT-Rエンブレム付近の化粧部分をシルバーに塗りわけ
  より再現性をアップしました。 


44036 日産 GT-R R35 2008 アルティメイトシルバー 試作品
イメージ 9

44036 日産 GT-R R35 2008 アルティメイトシルバー 量産品
イメージ 10


独特なボディカラーの「アルティメイトシルバー」
試作品の色でリリースされていれば
よりらしさが出ていたような気がします。

量産品づくりの難しさでしょうか?

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

※お願い
このブログの内容に関して、すべて当方の推測で書いています。
事実と反することもあるかもしれません。
その場合は、事実が判明しだい訂正していきたいと思います。
その点、ご了承ください。

例によって、間違ってもエブロの製造元であるMMPへの問い合わせはご遠慮ください。
大人の対応をお願いいたします。
(C)ミニカーショップ ディーズ・サーキット 2018
でも、当方への情報提供は大歓迎です。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事