ここから本文です
パパ鉄の節約しながらの鉄道趣味
短いのが好きなんです

書庫全体表示

10月と言えば、鉄道の日にちなんだイベント事が多い月であります。先日の大移動をダイジェストで。

まずはホビーセンターKATO
『Bトレサミット』なるイベントが開催されてました。
雑誌で紹介された方が有志で集まって開催されたようですが、他でもイベントが開催されていたからなのか人はまばら・・・まあゆっくりじっくり見れたから、個人的には好都合でしたけどね。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

月末あたりにはBトレのサークルによる運転会があるそうなので、またホビーセンターに来たいと思います。

そこからの日比谷。
画像はありません。
朝の大雨は止んで人出も多く賑わってました。
長蛇の列というのはなく見やすかったのは良い点でしたね。
かつてはパスネット系のプリペイドカード→Bトレイン→鉄道コレクションと進化したグッズ系も、今は萌え系だらけ・・・売れるからやっているのだとは思いますが、あっちも萌え、こっちも萌えと。
萌え系は守備範囲外なので、逆にお金を使わなくて済みました!

日比谷を出て東日本橋へ。
最後は軽便鉄道模型祭です。
自分の中で軽便は、鉄道趣味の究極ではないかと思ってしまうほどディープな世界であります。

イメージ 7

イメージ 8

私は詳しくありませんが、北海道の開拓時代に活躍した簡易軌道がちょっと好きでして。
会場には若い方は皆無に等しく、皆さま熟年のモデラーばかりです。
HOナローが主流のようですが、どれも作り込みがハンパない!
有名な木曽森林を舞台にした倶楽部や、軽便鉄道のモジュール。

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

モデルの大きさの割には、小さいレイアウトでも立派な形になってしまうのも、ナローゲージの特徴ではないでしょうか。

イメージ 9

イメージ 10


そして新規参入と言いましょうか、トミーテックも来てHOナローをアピールしてました。

イメージ 11

イメージ 12

形は尾小屋のような違うような・・・
担当者に色々聞いたところ、車両に関しては会社を特定してしまうと、金型等の自由度がきかなくなってしまうためというのが本音みたいです。
「今後の展開は最初の売れ行き次第ですね」苦笑いしながら言ってました。
この会場で初めて見た、ホームの発売決定というパネル。

イメージ 13

さすがジオコレという商品展開です。
よく見ればイラストに、静岡鉄道駿遠線みたいな車両が。

イメージ 14

担当の方に聞いたら「ね!さりげなくこうやってね!」と笑ってましたが、どうやらその車両をやりたいみたいですね。
とりあえず期待してます!とだけ言っておきました。

この日一番のありがたい言葉は「最近の子達は作ることをしない。作ることこそ楽しいのにね。」と言った熟年モデラーさん。最近の私には耳の痛い話・・・昔はキットばかりいじっていた記憶が蘇りました。
この日のメインに大満足!『情熱』という火を持ちながら帰宅しました。

つづく・・・


鉄道コムに参加中です。
http://www.tetsudo.com

  • 顔アイコン

    ブログにお取り上げいただきありがとうございます。
    展示スペースを埋めなきゃと思い出してきたミニトランクレイアウトですが、意外にも多くの皆様にお楽しみいただけて、大変感謝しております。今後とも機会がございましたらよろしくお願い致します。

    [ tug**ori*etud*u ]

    2016/10/16(日) 午後 7:47

  • > tug**ori*etud*uさん
    初めまして。コメントありがとうございます!
    私にとって軽便はまだまだ未知の世界ですが、こんな小さなレイアウトでも様になるのは軽便だからこそなせる技であると思いますし、いざとなれば雑誌のように外でも遊べるオールマイティーな素晴らしいレイアウトだと思いました。
    私もいずれやってみたい分野『軽便鉄道』です。

    [ パパ鉄 ]

    2016/10/16(日) 午後 8:59

開くトラックバック(1)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事