ここから本文です
北島元雄、はせだ公子両市議が頑張っています!

イメージ 1

11月6日、市民プラザにおいて、戦争をさせない1000人委員会・群馬、安保関連法に反対するママの会@ぐんま、戦争する国づくりストップ!憲法を守りいかす伊勢崎

佐波共同センターの3者の共催で、「憲法改悪ダメ!平和だいすき 11・6みんなのつどい」が開催されました。

ママの会@ぐんま代表の主催者挨拶に続いて、夏の参院選で群馬選挙区の野党統一候補としてたたかった堀越けいにん氏が挨拶に立ち、「安部政治を打倒するため、市民の

代表として引き続き全力で頑張ります。」と述べると、大きな拍手が湧きました。

第1部の「発言の広場」では、年金者組合・高教組の代表や戦争体験者に交じり、昨夏の原水爆禁止世界大会参加を機に平和や民主主義を守る立場から活動を始めた高校2

年生が「仲間を増やして戦争する国づくりをやめさせ、返済不要の奨学金をつくらせたい。」と熱く語りました。

また。年金者組合伊勢崎支部の合唱構成「命どぅ宝」は、沖縄戦の悲劇と辺野古新基地建設反対の燃え上がる運動を結び付けた構成詩と合唱で、聴衆を惹きつけました。

第2部の赤石あゆ子弁護士による自民党憲法草案の学習会では、現憲法との対照表を資料に、人類の到達点である基本的人権や立憲主義だけでなく、地方自治までをも否定

する草案の内容を細かく説明。参加者から「とても詳しく分かりやすい説明で、来て良かった。」という声が聞かれました。

最後に、共同センター代表の岡田愛之助氏から「南スーダンに駆けつけ警護をする自衛隊を送らせない、衆院選でも野党共闘の実現めざすなど、ともに力を合わせ頑張りましょう!」と訴えがありました。

 日本共産党伊勢崎市議団と、衆議院群馬2区予定候補のはせだ直之氏も参加しました。

この記事に

イメージ 1

8日、日本共産党伊勢崎佐波地区委員会と同伊勢崎市議会議員団は、五十嵐市長に2017年度予算要望書を提出しました。吉田副市長、財政部長、総務部長、教育部長が同席し市長と共に要望事項を聞き取ってくれました。

 冒頭北島が「サンデンが中間決算で赤字を発表、希望退職を募るなど、アベノミクスの景気回復が虚構であったことがはっきりしてきている。中小企業や個人事業者、農家はさらに大変。

 多くの市民が給料や年金が下がっている中で、消費税や介護保険料、年金保険料などの負担増で暮らしが大変になっている。来年度予算編成に当たっては、市民の暮らし・福祉第一に考えていただきたい。」と要望しました。

 北島・長谷田が58項目の要望事項のうち、新規項目や特に市民から多く声の上がっている項目について、説明し実現を求めました。
 
 また同席した、長谷田直之党県自治体部長(衆院2区予定候補)は、近距離ミサイルの操作要領を習うなどしているという、自衛隊での中学生職場体験学習は、「教育の場にそぐわない、中止するよう」要請しました。

 五十嵐市長は「5歳児検診について来年度試行的に始められるよう検討している」「公立幼稚園の三歳児の募集は来年度20人定員だが、本格実施の時点では定員増など希望にこたえていきたい」と語りました。

 各部署に回し検討すると要望書を受け取りました。

この記事に

イメージ 1

伊勢崎佐波民主商工会は18日、伊勢崎市に対して小規模事業者の営業と暮らしを守り、地域経済の振興を求めて、要請と懇談を行いました。

国の小規模企業振興法を生かし市の小規模企業振興基本条例の制定や、商店街リニューアル助成の創設、事業が継続できる納税相談対応、国民健康保険税の引き下げなど、小規模事業者の接辞な要望の実現を求めたものです。

民主商工会の奈良会長は「アベノミクスで景気は良くなっているというが、地方にはちっとも波及していない。地域の中小業者が元気になるとりくみを一緒に考えてほい」

挨拶し小規模事業者の元気になる地域経済の振興を要請しました。

市は、地域産業振興ビジョンの改定となる平成31年に向けて、新しいプランの作成に合わせ広く意見を取り入れたいと答え、13項目の要請について市の考えを説明し懇談しました。

懇談には日本共産党議員団の北島、長谷田が同席しました。

この記事に

イメージ 1

突然のファックス
 9月26日、全市議宅に1通のファックスがありました。安心安全課から議会への情報提供でした。
その内容は、9月27日〜10月13日の間4日間入間基地から飛び立った軍用機が伊勢崎市の上空を飛行するというものでした(右予定表参照)。
 伊勢崎市は「飛行ルートの変更等」を要請したが、変更できないというので「万が一の事態に備えるため、飛行予定に合わせ、消防及び警察と連携し万全の態勢で備える」という、物々しい内容でした。

軍需産業の軍用機「見本市」自衛隊が展示飛行で協力
 長谷田市議が、市・県の担当課や塩川鉄也事務所に問い合わせたところ、軍用機・ヘリコプター、弾道ミサイル等を開発する軍需産業関連会社も参加している日本航空宇宙工業会が「2016国際航空宇宙展」を開催するので、これに併せて航空自衛隊が10月11日〜13日の間、各国の空軍参謀長等の招へい行事を実施することが分かりました。
 最終日の13日には入間基地を「基地見学」してもらい「自衛隊の持つ高度な技術力を情報発信する」という名目で、国産軍用機10機種程度の見本飛行を予定していること、本番前に3日間の予行飛行を行うこと、伊勢崎市上空で折り返すが時間調整のため旋回飛行を行うので騒音が想定されるとのことです。

輸送機XC‐2配備は安保法制本格始動の準備
 その後、群馬県の問い合わせに入間基地はF‐4(要撃戦闘機)2機、T‐4(中等練習機)3機の飛行で1回当たり概ね10分〜20分程度を予定と、当初の告知内容から規模縮小を答えています。
 しかし、最初に飛来が予定されていたXC‐2(国産軍用輸送機)は、XC‐1に比して1回の給油で4倍の飛行ができ、入間基地からアフリカ東部にあるジブチ基地まで一気に飛行可能です。ジブチ基地は自衛隊初の海外基地であり、アメリカの要求に従って作った恒久的な軍事拠点です。
XC‐2の来年度配備に合わせ、入間基地拡張も予定されています。これは、入間基地が国内から世界を睨んだ兵たん活動の主舞台となることを意味します。国産軍用機の世界への売り出しに、自衛隊が協力するということも異常です。単なる「航空ショー」では無いことを、しっかり見ていく必要があります。

騒音が予定される国産軍用機の飛行予定    天候等で変更の可能性あり
   9月27日(火)午前10時及び午後3時頃  予行  ※10月4日現在既に実施
   9月30日(金)午前10時及び午後3時頃  予行  ※10月4日現在既に実施
  10月 6日(木)午後3時頃            予行
   10月13日(木) 午後3時頃        招へい行事 

この記事に

 ひとり親家庭等の子供が小学校に入学する際に、入学準備金として二万五千円を支給する条例案が、いま開かれている伊勢崎市議会に提案されています。

 日本は6人に1人の子どもが貧困世帯という調査結果が出ており、ひとり親世帯の多くが厳しい状況です。

 貯金ゼロの世帯も多く、入学時や修学旅行時の一時的支出が困難な世帯があり、共産党議員団は「子どもの貧困」対策を、一般質問などで求めてきました。

 子育て支援の一環として「入学準備金支給」が高崎、館林に次いで3例目として実施されます。
 
 ランドセルや学用品の購入費として、申請により2月ごろ支給を予定しています。対象を180人程度と予想し、補正予算で450万円が計上されました。

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事