猪狩守サマに捧げるSyogi Note

将棋の心得「相手にrespectを、自分にsuspectを」

全体表示

[ リスト ]

イメージ 9


久保棋王が棋界の第一人者である羽生王将からタイトルを奪取した王将戦第六局
この将棋について詳しく解剖してみます。

  第一図
イメージ 1

まず久保棋王の誤算から。
△7一玉の早逃げからの久保棋王の読みは、▲6三香成△6六馬▲5二成香に△3九馬と取る手でした。
(実戦は△5二同金右)
以下▲6一成香(図)に対して

1.△同玉は▲5四桂で後手がまずい。
2.△8二玉に▲3一竜が詰めろ!!
△同金に▲7一銀△9一玉(下図)

  第二図
イメージ 2

易しい詰手順です。
(解答は項末に記載)

  第三図
イメージ 3

一方、羽生王将の勝ちの順がを逃したのが第三図の▲6八玉でした。(本譜は▲5七同銀:次に△4九角成▲同玉△5七成桂▲5八金で勝ちという読みが、単に△同桂成▲同玉とされる順を軽視していました。)
第三図以下△4九角成▲6五香△6七金▲7九玉△5八歩成▲7八金が予想され、金を渡すと後手玉が詰むので先手勝ちでした。

  第四図
イメージ 4

通常▲5八に打つ駒は香車ですが本譜は桂馬、香車二枚を手持ちにした方が後手玉に迫りやすいという判断でした。
ところが▲5八香とした方が、△5九金には▲6三桂△同金▲7五桂という手段があって、本譜より良かったようです。
このあたりは、ほとんど結果論の世界ですので、羽生王将に指運がなかったとしか言いようがありません。

  第五図
イメージ 5

この△6九金が詰めろになっているのが羽生王将の誤算でした。
(詰手順は項末に掲載)

  第六図
イメージ 6

ここからは合駒問題です。
三連続の絶対の合駒があって、一目詰みという局面から助かっているのです。
まさしく「盤上のトリプルルッツ」(行方八段)でした。
(正解の合駒は項末に掲載)

  第七図
イメージ 7

(正解の合駒は項末に掲載)

  第八図
イメージ 8

第八図で絶妙の合駒があるため、羽生王将は第七図の局面から第一感の▲5三竜とせず、▲6七玉(詰めろ逃れの詰めろ)としました。
しかし久保棋王に△6八角(お返しの詰めろ逃れの詰めろ)の返し技があって投了となりました。
(正解の合駒は項末に掲載)

【解答】

※<第二図以下の詰手順>
▲9二香(金を残すのが急所)△同玉▲8二飛以下の順です。

※<第五図以下の詰手順>
△6八銀▲6七玉に△7七銀成が妙手。
1.▲同玉は△5九馬以下
2.▲同桂は△6八金▲5七玉△4八角▲4六玉△4五銀で詰みです。

※<第六図以下の合駒>
△7三銀

※<第七図以下の合駒>
△5三銀

※<第八図以下の合駒>
△8五角
(もし△8五桂なら▲同香△9四玉▲9五銀△同玉▲9六銀△9四玉▲8六桂までで詰みます。)


【結論】

現在の研究では▲6五香打に対する最善は、△7一玉▲6三香成△5五飛という順です。
▲7三成香なら△6六馬▲同歩△5七歩で後手勝ちです。
下は参考棋譜です。新人王戦の澤田真吾四段vs菅井竜也四段戦から取材しました。

この記事に

閉じる コメント(2)

これは奇跡的な実戦での「大道詰め将棋」みたいな手順でした。

2010/3/27(土) 午後 8:06 kattenisirou 返信する

顔アイコン

奇跡の一局でしたね。
「将棋世界」誌で名局No.1に推されていました。

2010/5/7(金) 午前 0:02 大好き!猪狩守サマ 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事