全体表示

[ リスト ]

はも鍋 レシピ

イメージ 1
 
 
関西の夏の風物詩といえば鱧。
関西では、昔から、「鱧は梅雨の水を飲んで美味しくなる」と言われ、今がまさに旬の魚です。
この時期になると、料理屋さんで鱧の落としや、はものお寿司、はもシャブなどいただけます。
冷えたビールといただくと、もう本当に最高です。
 
 
特に京都では、昔から鱧が好んで食べられ、
「祇園祭」は、別名「鱧祭り」とも呼ばれているくらいです。
 
 
鱧の旬は2回あって、梅雨時期と秋です。
秋の鱧は、松茸と土瓶蒸しにすると最高です! 
鱧は、いいお出汁が出るんです。
 
 
はも鍋 2人分
材料
ハモ 2尾
玉ねぎ (淡路島産) 1個
水菜 1束
そうめん 2束
出し汁、薄口醤油、酒、みりん、塩 適量
作り方
① はもは、食べやすい大きさ(約4㎝)切る。
② 玉ねぎは1㎝の輪切り、水菜は4㎝幅に切る。
③ 素麺は、固めに茹でて、洗っておく。
④ だし汁は調味料を加えて、お好みの味(うどんだし)にし、ハモの骨や頭があれば、3分ほど煮込んでダシを取る。
 
 
イメージ 2
 
 
水炊き風もあるようですが、
わたしはこれで育ったので。。。
 
玉ねぎは淡路島産、素麺は揖保の糸。
地のものを合わせると、やはり相性がいい。
お料理っておもしろいですね。
 
 
 
 
 
イメージ 3
 
 
イメージ 4
 
生徒さんから、いただいた
さわやかで、すごくいい香り。
ありがとうございます!
 
 
 
 
 
 
 
柑橘類をしぼったり、柚子胡椒や、はもに梅肉をつけて食べても美味。
 
 
 
イメージ 5
 
 
〆は、雑炊。
最高に美味しかったです。
 
わたしの母は、とくに雑炊の作り方にキビシイ人でした。
雑炊のご飯の量、卵の半熟加減、塩加減。
 
何度、雑炊をめぐって母とケンカをしたことか。
お陰で、雑炊の作り方は自信ありますよ♪
 
 
 
 
 
そういえば、この鱧。
神戸中央卸売市場で、2尾なんと400円!やったんです。
いいお買い物をすると、広めたくなる性分も、関西名物なんですよ〜。ほほ。
 
 
訪問ありがとうございます。クリックしていただけると、ランキングの順位が上がる仕組みになってます。   
  レシピブログに参加中⇒ [ココをクリックしていただけると感謝です。]

この記事に

閉じる コメント(1)

はもの骨切りをするときのあのざくっざくって音が大好きです。結構難しいですよね〜。
脇役としての生麩にそそられますぅ〜生麩大好物です。でももう随分食べてないなぁ。。。ポチ☆

2011/7/24(日) 午後 5:18 トミー☆ 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事