全体表示

[ リスト ]

航空便について
 
直行便はないので、中東経由、欧州経由、米国経由があるが、
米国経由は乗継ぎでも、やっかいな審査があると聞いていた
2013コンフェデの時に、その為、乗り遅れた方がいると聞いて、パス
時差も逆回り
 
日程に余裕があれば
欧州のフランクフルトあたりで、2泊位して行きたいが、リーマンには無理
 
躍進の中東系の3便に絞った。
エミレーツ、エティハド、カタール航空  皆、欧州リーグのスポンサー
2022カタールW杯の為にも、乗継してみて、その感触だけでもと
 
第一弾が、エティハド 
 
サポ村のツアーだが、個人手配で知り合いが多いとの事。
結局なんと10名近くが知人がいて、サンパウロまでは楽しい旅のはずでしたが
アブダビでのいざ離陸開始時に急病人が出て、サンパウロ到着が2時間弱遅れた事だけは、遺憾
ファーストクラスの客優先で、迷惑、もっと手際よく対処してほしかった。説明も不十分
 
第二弾は、エミレーツ 
 
特に問題なし いい感じ
ドバイ空港が良かった。4時間の乗継でも飽きなかった。
いずれ、ドバイ観光をしようかと
 
イメージ 1
 
 
ブラジル国内便について
 
TAM航空  サンパウロ→ナタール  レシフェ→サンパウロ  サンパウロ→ イグアス → リオ
                  1回ダブルブッキング                                  直前のゲート変更が1回あった
 
GOL航空  ナタール、サルバドール間を利用
 
噂されていた時間の変更、遅れはなかったが
 
 
ブラジルのホスビタリティについて
 
やはり、テレビに映るスタジアムのみ完成。 
映らないところは、工事中か放置中
 
空港は新しいターミナル完成するも、一部工事中
 
空港内
英語の標記は少なく
案内については、英語が通じず
ゲート確認はぎりぎりまで案内板を確認しなければいけなかった
 
ホテルへの地図は
事前にプリントして、空港内のタクシーを利用
但し、運転手によってはカーナビで調べていた人が多かった
 
ホテル内
カタコトのポルトガル語に訳して、紙に書いて説明
タクシーは呼べた
 
 
 
行動編
 
サポ村ツアーは団体行動なので、特になし
 
基本どおり、単独の行動は避け
単独行動したサルバドールは、現地でFBで同行者と
仲間か夫婦で行動
 
裏通りは入らず
夜間は、もちろんホテルに
 
南ア同様
空港、駅、スタジアム、街中のメインは警官だらけ
 
移動は、ほぼタクシー利用
 
リオは、一部メトロ利用
メトロ内では、各国サポーターの集団のそばにいること
 
決勝戦に向かう車内で、こちらに変にニコニコ笑う夫婦(スリ?)がいたので、要注意した
 
そして試しに、バスも利用
コルコバード丘見学の後、コパカバーナに向かうが
車内で気持ちよく眠ってしまい、ドイツ選手のバス通過待ちで
気がついたら、そこは、イパネマ海岸でした(笑
 
 
その他
 
ショップ 買い物 
 
特になし  基本現金払
大手ショップは、カード支払
 
カードでの両替等は、しなかったので
スキミング被害は、ありませんでした
 
 
イメージ 2
 
本日、夜は
ビバ!サッカー研究会の
ブラジル・ワールドカップ報告会に参加してきます
 
 
 
 

閉じる コメント(1)

やはり治安が悪くいところは行動が制限されて楽しみが半減してしまいますね。

2015/9/22(火) 午後 1:44 初夏のレモネード


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事