ユリアの 風は南から・・・

仕事に専念するため、ブログは書かないことにしました。お世話になった方々には篤く御礼申し上げます。ありがとうございました。

全体表示

[ リスト ]

 今日は、まんがの日という事で、漫画三昧の一日を送ってましたので、記事をもう一つ更新しますね。
 
イメージ 2
 
まず、横井福次郎さんの「不思議な国のプッチャー」から。
 この漫画は昭和21年に、少年クラブに発表され、またたく間に読者の支持を集め、手塚治虫先生の「メトロポリス」や「鉄腕アトム」に多大な影響を与えたと言われているそうです。
 確かに、10万馬力のロボット、ビリーが、この漫画には登場しますが、しいて言えば、それだけのような気がしないでもありませんでした。(笑)
キャラクターもストーリーもまったくかぶってないですしね。
 それより、この漫画の魅力は原子力や電波を使った乗り物やテレビが出てきたり、当時として考えられる最高の科学知識で描かれてる点が、驚愕に値するのではないかと思いました。
なんでも、横井福次郎さんはSF作家の海野十三さんの影響を、かなり受けているそうです。
 そうして、この漫画はロボットのビリーと共に、月や火星に行くのですが、地球に異変が起きたところで、唐突に終わり、「冒険児プッチャー」へと続いて、今度は地底人と戦うストーリーになっています。
 最初はのんびりした雰囲気で始まり、後半、地底人と戦う段になって、手に汗握る展開になり、わたし的には十分、楽しめる内容でした。
 横井福次郎さんは、結構、人気があったらしく、アシスタント制度が確立していない時代に、月に37本連載を抱えていたそうで、その作品、全部を一人で描かれ、無理が祟ってか昭和23年に36歳という若さで亡くなられたそうです。
 横井福次郎さんについては、「戦後漫画のトップランナー横井福次郎ー手塚治虫もひれ伏した天才漫画家の軌跡」という評伝も出てるのですが、このタイトル、なんで、手塚先生の名前をこんなふうに利用するんでしょうか。(笑)
 この本によると、「新宝島」がベストセラーになった若き日の手塚先生が自信満々で、横井福次郎さんのもとを訪れ、感想を聞いたと書かれてるそうですが、手塚先生をよく知る私としては嘘、書くな!と言いたいです。(笑)
 手塚先生は、「新宝島」の感想を、ほかにも「冒険ダン吉」の島田啓三さんや「のらくろ」の田河水泡さんにも聞きに行ってるんです。
島田啓三さんに、「こんな漫画が流行ったら、大変な事になる」と言われたのは、有名な話ですが、田河水泡さんはにこにこ笑って、うんうんうなずかれるだけだったそうです。
 そんな田河水泡さんに、手塚先生は子供の頃から尊敬していた先生に、厳しい言葉で、教えを請いたかったと残念がられていたのです。
そういう文章を、私は読んでるので、横井福次郎さんにも、教えを請いたい気持ちがあって訪ねられたのは間違いなく、決して自慢しに行った訳ではないのです。
 それに、「新宝島」は長すぎるとして、勝手に70ページあまり削除され、おまけに登場人物のターザンは原作者に無断で書き換えられ、かなり不満だったらしいです。
だから、生前、出版された手塚治虫漫画全集には、あとで書き直したものが収録されており、それほど元の「新宝島」を嫌がっておられたんです。
 
横井福次郎さんには何の罪もないですが、評伝を売りたいがために、嘘書くのもいい加減にしろと言いたいです。(笑)

イメージ 1

では、次に石ノ森章太郎さんの作品をご紹介いたします。
 「サイボーグ009」の記事にも書きましたが、私は石ノ森章太郎さんの描く女性のキャラクターにはまったく感情移入出来ないんです。
 でも、だからと言って、全部、否定してる訳ではないのです。
 石ノ森章太郎さんには、若くして亡くなられたお姉さんがいらっしゃって、とても綺麗な人だったそうです。
 そのお姉さんの思い出を描いた作品を、子供の頃に読んで、感動した覚えがあるんです。
 それで、もう一度読みたいなと思っていたら、石ノ森章太郎さんの「自伝名作集」というご本の中に、それがあったのです。
 タイトルは「青い万華鏡」と言います。
 東北本線の下りの仙台行きの「あおば」に乗っていた石ノ森章太郎さんとおぼしき主人公が、乗り合わせた少年から、万華鏡を見せてもらい、それを覗くうちに、お姉さんの思い出がよみがえってくるのです。

 
 
 「 お姉ちゃん、なんでもマンガの主人公にできるんだ。」


「そうよ。あなたは、あなたの世界の造物主・・・」

「あなたの信ずる道をおいきなさい。
でも、そう決心したら、どんなに苦しくても、途中で逃げ出したりしちゃダメよ・・・」 

  この漫画は、「仮面ライダー」のサイン会に行こうとする主人公の姿で終わっています。
 おそらく、石ノ森章太郎さんは辛い時、苦しい時、壁に突き当たって、出口が見えなくなったたびに、若くして亡くなられたお姉さんの言葉を思い出して、漫画を描き続けてこられたのでしょうね?
 
 数十年ぶりに、この「青い万華鏡」を読み、子供の頃の感動がよみがえってきて、まだほかの石ノ森作品も読みたいなと思いました。
 そういう訳で、「まんがの日」にふさわしい一日を送った私でした♪
 
 
 
 
 
    

閉じる コメント(20)

顔アイコン

今日11月3日は、なんと「日本国憲法」発布の日なんですよ!

それは5月3日・・・だという人は間違いです。

発布(公表)してから施行(実際に効力を持つ)まで6ヶ月を要するのです。

憲法によって、思想も言論も自由になりました。

漫画の発表こそその最たるものですよね!

2013/11/3(日) 午後 10:25 [ 馳という名の前世 ]

馳さん、二つの記事にコメントを下さってありがとうございます♪
今日を、「漫画の日」にしたのは、手塚先生の命日だという事と、漫画を文化にまで押し上げたいという理由からだそうです。
漫画家のちばてつや先生が、秋の園遊会に招かれたのは、そういう意味で、とても嬉しかったです♪

2013/11/3(日) 午後 10:40 ユリア

顔アイコン

ユリアさんは

凄い

漫画の日に伝えたいこと

山ほどお有りだと

お察しいたします。m(__)m

漫画されどマンガ

漫画に未来と作風に自由があり続けますように
願を込めて、今日という日を終わりたいと思いますです。♬♪♬五線譜を添えてttよりでした。

2013/11/3(日) 午後 11:03 [ ttl ]

ttlさん、お誉めにあずかり光栄です♪
漫画、されどマンガですね。
五線譜まで贈って下さって、重ね重ねありがとうございます♪

2013/11/3(日) 午後 11:09 ユリア

田河水泡さんが何も語らなかったのはたぶん「のらくろ」が軍と戦争に利用されてしまったからかもしれません。

ちなみに田河さんのアシスタントはサザエさんの長谷川町子さんなのは知る人ぞ知る事実

2013/11/3(日) 午後 11:49 [ マナガツオ ]

顔アイコン

横井福次郎さんのことは知りませんでしたが、素朴で味のある絵ですね。こういうタッチ、大好きです。

2013/11/4(月) 午前 0:04 [ ふじまる ]

あ、手塚先生の命日だったんですね。
今更ながら、ご冥福をお祈りいたします。
漫画は、世界に誇れるクールジャパンのひとつです。
川上さんに国民栄誉賞をという声もありますが、
追贈であれば、手塚先生こそ国民栄誉賞に相応しい!

2013/11/4(月) 午前 0:29 [ コウ ]

顔アイコン

命日ではなく、誕生日です。
したがって生誕85周年記念の日だったのです。

死去されたのは平成元年(1989年)2月9日でした。

2013/11/4(月) 午前 4:58 [ 風こぞう ]

マナガツオさん、戦前の漫画って、兵隊さんが登場するのが、結構、あるそうなんです。
「冒険ダン吉」は南の島が舞台ですが、兵隊さんも見たことありますよ。
「タンク・タンクロー」なんてのもありました。

長谷川町子さんが、田河水泡さんのお弟子さんだったのは有名だと思っていました♪

2013/11/4(月) 午前 6:40 ユリア

ふじまるさん、横井福次郎さんのこの漫画は、私は子供の頃から知ってて、いつか読みたいなと思ってたんです。
戦後、すぐという時代によくこんなSF漫画が描けたなと、びっくりしちゃいました。
仰るように、絵がとても漫画チックで、安心して読めました♪

2013/11/4(月) 午前 6:47 ユリア

コウさん、昨日は手塚先生の命日でなく、お誕生日の間違いでした。(苦笑)
国民栄誉賞は、石ノ森章太郎さんも、時の文部大臣に提案したそうですよ。

2013/11/4(月) 午前 6:53 ユリア

風こぞうさん、お久しぶりです♪
そして、いきなり突っ込んで下さってありがとうございます。(笑)
ところで、それだけですか?
この二つの漫画、ご存じなかったのかしら?

2013/11/4(月) 午前 6:56 ユリア

顔アイコン

憲法発布日とか手塚治虫治虫氏の誕生日とかはどうでもいい事であって、11月3日文化の日は本当の意味で知っている方々は少ないと思われます!
例えをしますと4月29日は言わずと知れた昭和天皇の誕生日であって、後に【 緑の日 】【 昭和の日 】と名前を変えて国民の祝日として位置付けされていますが、11月3日は誰の誕生日ですかね!?正解は、明治天皇の誕生日です!
何等かの形として風化させずにときの政府が、文化の発展を祝おうと託けて不純な動機ので設けたですかね?
悲しいかな大正天皇の誕生日(8月8日)は記念日としては祝日としては為しておりません!!

2013/11/4(月) 午後 6:09 [ tatsu ]

顔アイコン

tatsuさん、四角四面に考えちゃ面白くも何ともないじゃありませんか。

この日は高齢者の方ならご存知の天長節、言われるとおり、明治天皇の誕生日です。

昭和2年の同月同日に誕生した手塚先生、明治天皇の"治"を取り、治(おさむ)と名付けられ、本名は手塚治なのです。
虫好きからペンネームを治虫とされたのは周知のことです。

天皇がどうとか、こうとか言っても固い話になるだけでしょう。
根底の意味を踏まえた上で天長節=文化の日=漫画の日で良いではありませんか。

2013/11/4(月) 午後 7:47 [ 風こぞう ]

tatsuさん、この日は明治天皇のお誕生日でもありましたか?
明治時代と言えば、私は中村草田男の「降る雪や 明治は遠くなりにけり」という俳句を思い出します♪
あと、夏目漱石も昔、よく読んでました。
吾輩は猫である。
生まれたところは、とんと見当がつかぬ。何でも、薄暗いところで、ニャアニャア泣いていた事だけは記憶している…

2013/11/4(月) 午後 8:14 ユリア

風こぞうさん、まさに「漫画の日」万歳ですね♪

2013/11/4(月) 午後 8:17 ユリア

顔アイコン

ユリアさん、風こぞうさん、誠に無粋な意見を述べ申し訳ございません!確かに仰る通り、四角四面では面白くないですよね!!
余りのも無頓着な意見も出てくるのでツイツイ小言がでました。
漫画は大好きです!!漫画の日、\(^^@)/ ♪これが本心ですよ!

2013/11/4(月) 午後 8:32 [ tatsu ]

tatsuさん、いいえ、どういたしまして。
いずれ、「黄金バット」の記事も書きますね〜♪

2013/11/4(月) 午後 8:36 ユリア

顔アイコン

『不思議な国のプッチャー』前々から読んでみたいと思ってました!
11月3日がまんがの日というのを初めて知りました!

2013/11/4(月) 午後 11:23 [ ビッグ・ボスマン ]

ビッグ・ボスマンさん、「不思議な国のプッチャー」ご存じなんですね?
私も子供の頃から知っていたのですが、今回、初めて読んで、戦後まもなくという時代によくこんな未来を舞台にした漫画が描けたなと、びっくりしちゃいました!
ナイスも下さってありがとうございます。

2013/11/5(火) 午前 5:53 ユリア


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事