全体表示

[ リスト ]

◇大6 入選18
 柏原市 武島宏明
イメージ 1
66馬イ55香合同馬、44飛合、42角、23玉、22飛成、同玉、44馬、13玉、15香、ロ同銀、14香ハ同玉、15角成、同玉、27桂、14玉、23銀、ニ24玉、
34銀成、同銀、33銀、13玉、15飛、23玉、35桂、同銀、32銀生、24玉、25飛、同玉、35馬、14玉、25銀、15玉、2414玉、23銀引生迄39
イで44合は22角、24玉、57馬、35銀直、13角成以下
イで55歩合は22角、(24玉はイの変化と同様に57馬と引いて早い)43玉、42桂成、54玉、55角成、63玉、64歩、73玉、76香、75歩合、85桂以下
ロで14桂合は31角成、24玉、42馬、13玉、22馬、同玉、32飛以下
ハで同銀は31角成、24玉、34馬、同玉、35飛以下
ニで同銀は15飛、24玉、25飛、13玉、22銀、12玉、15飛、14銀、同飛、23玉、13飛成、同香、33銀成以下37
☆本作、作者より別案図があるので、投稿取り消しというメールを頂いて、取り消す旨メールで回答していたにも拘らず、そのことをすっかり忘れて、発表してしまいました。深くお詫び申し上げます。パラ編集部・作者と協議した結果、再発表はせずに別案図掲載で対応することとなりました。よろしくお願いいたします。
別案図
イメージ 2
77馬、66香合、同馬、55香合以下大6と同じ
作者―序の4手が「ミニオーロラ」の構想です。2手目44歩合などでは22角、24玉、57馬以下詰むので、この変化で馬の引く場所(5746のライン)を常に利かせておく為、55香合〜44飛合の二連合が飛び出します。初手55馬は44香合で詰まないので、66馬とソッポに引かなくてはいけません。正直に申しますと、この原理は金子清志氏作(詰パラ平成18年5月号中学校)の借り物です。
金子清志作
イメージ 3
☆作者の自評により本図の構想はよく説明されている。少しだけ補足しますと、香がもう1枚玉方にあると、44飛合では香合で詰まないのですが、売り切れなので46馬と引かせないように飛合をせざるを得ず、その為、42角〜22飛成という手順で44飛合を奪って詰ますということです。
また何名の方から言及のあった84香配置についても
作者―84香はイ55歩合の変化を詰ます為に必要な配置ですが、同時に4手目香合を売り切れにしています。
☆ということで必然の配置なのでした。
☆原理的にはオーロラ理論ですが、作品的には金子氏作に近い作品です。また感じとしては、合駒作品といった趣です。本作はミニオーロラがシンプルに纏められており、変化が武島氏らしい精密な読みの上で成り立っている。それは、イの変化に一端が現れていて、55歩合の時の84香配置の意味付けや、44合の時には42角では無く22角で詰ます対比は味があり、痺れる部分です。収束の部分も23銀の好手や25飛捨てが入りキッチリと纏まっています。
飯○晃―オーロラの原理ですね。以下のまとめは長手数だが相当力の入った手順。
今○健一―初手が大妙手、平凡に55馬と指して大苦戦。続く55香の中捨合も巧手。左辺の駒が捌けると良いのだが、さすがにそれはムリか。
獺○口笑保人―解りませんでした。(無解)
加○孝志―あまりにも苦しい84香配置、作意が泣く右側だけでまとめたかった。
熊○古道―二枚の角を連携させようとする攻め方と抵抗する玉方という構想。香飛連合以下は強引な部分もあるが全体的に無難なまとめと思う。
小○徹―これが作意でしょう。ところで84香の意味は?
齋○博久―84香は苦しい配置。
佐○司―タイムアウトです。(無解)
志○賀内―66馬に何も考えずに55香、44飛としたので、84香の意味が最初わからなかった。
須○卓二―2手目の変化でかなりの読みが必要。角も変化は22から作意は42から打つなど作者との読み比べは大変でした。
鈴○章夫―初手66馬の発見でヤレヤレと思ったら、その後が難解。19手目23銀と25手目の15飛の発見に苦しむ。左辺は不動だが、右辺の強力な守り・・・銀3枚が見事に消えた。
鈴○彊―初手66馬に対して55歩合は22角以下9筋で詰み。この変化読みで1筋に逃げるのは57馬の繋ぎ馬があるのに気付きました。55香合は玉方の抵抗ですが、84香の配置が絶妙で44には飛合とせざるを得ず、42角からの新たな筋が生じ見事に決まっています。
竹○健一―左側の駒が捌けないのは痛いですね。。。
中○照夫―序はオーロラの手筋メインテーマは鮮やかな銀捌き。粘りある攻防が素晴らしい。
永○勝利―序の雰囲気とはまるで違う感覚なので、中盤の15香〜14香が発見しがたく、極めて難解でした。
中○慶一―序・中盤の手順は見事、収束手順と6・8筋駒が作意手順に利いていない不満があります。
野○賢治―57馬を阻止するための55香中合が最善とは・・・若い世代に詰棋の奥深さを教わる時代になりました。
凡○生―何故か難しかった。84香の意味付けは?
宮○航―有名なオーロラ手筋の応用ですね。手違いがあったようですが、まとめの手順も香連打や23銀、35桂からの32銀生など面白いです。
柳○克桂―左辺の駒が残るのが残念。
山○誠―合駒の稼ぎ方や香捨てからの収束が面白い。(誤答)
酔○ぱらいのオッサン―オーロラの筋。23銀がなぜか見えず苦戦。
和○登―大駒を惜しまず捨てる順が気持ち良い
総評
今○健一―3題を攻略するのに約1週間。炬燵で蜜柑と詰将棋。これで寒さも怖くない。年金生活、今日も日曜、暇、暇、暇。さて、今度は何をしようかなぁ、です。
小○徹―2月で早々と転びたくはありませんが。
佐○司―またしても・・・。同じセリフはもう飽きました。
鈴○彊―3題とも合駒読みが難解で流石に疲れました。
【全題正解者】
赤○秀雄 飯○ 晃 今○健一
岡○行晃 加○孝志 柿○桂古
神○ 薫 日○通博 斎○博久
須○卓二 竹○健一 永○勝利
野○賢治 福○ 努 凡○生 
八○啓孝 和○ 登
酔○ぱらいのオッサン
【当選者】誌代1ヵ月分入帖
飯○ 晃
 

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事