上高地へ

毎年 秋になるとうずうずしてくるのが
今年はどこへ紅葉狩りに行こうかなと
情報探すことです。

今回の高山・上高地ツアーの目的は
飛騨牛会席を食べることもあったのですが
もうひとつは紅葉も見られると期待して行きました。

我が家近辺では11月の終わり頃が
紅葉の見ごろなんですが
今回のツアーのルートの中の乗鞍スカイラインでは
10月中旬が見ごろと情報にあったので
申し込んだ理由のひとつなのです。

イメージ 1

山々を走るバスの車窓には
谷あいから徐々に上に登っていくにつれ風景が変わり
中腹からは色とりどりに染まった山々が見られ
自然が織りなす美しさにしばし見とれておりました。

イメージ 2

しかしですね 2700メートルほどの畳平付近では
雲の中となり 視界がほとんどなくなり
散策する予定がひたすら寒さに震え
休憩所で時間をつぶすという状態となりました。

イメージ 3

さすがバスの運転手さんは一寸先も見えぬ状況なのに
ヘッドライト頼りに山道を運転するんですね。

下界に降りていくにつれまた視界が広がり
ホッと一安心して上高地に着くと
3つのコースに分かれます。

大正池から河童橋まで歩くコース
帝国ホテルでお茶をするコース
河童橋付近を散策するコース
我々は迷うことなく歩きます。
イメージ 4

山々を鏡のように映す大正池を見ないなんて
勿体ないと思うのは我々のような初めての人?
リピーターは帝国ホテルでチーズケーキを食べるんだって。
イメージ 5

でも梓川に沿ってカラマツ林を歩くのは
目にも体にも心地よくて
食いしん坊の私でも次回もやっぱり
このコースを選ぶと思います。
イメージ 6

イメージ 7


イメージ 8

イメージ 9

生憎 秋晴れとはならず
上手な写真も撮れず
この自然の雄大な風景の美しさを
言葉でも伝えられず
それをいつもとても残念に思うのです。


この記事に

開く コメント(0)

高山へ

秋の旅行シーズンとなってきました。

旅行社の国内ツアーを見ていると
温泉に泊まって美味しい料理を食すものが多いのですが
料理はシーフードが多いですね。

そんな中でシーフードが苦手はオットが
見つけてきたのが
”飛騨牛会席を食す高山・上高地2日間”のツアー。

私は上高地に行きたかったので
お付き合いすることにしました。

高山は初めてで外国人にも人気をいうことで
ここにも密かに期待はしていました。

ツアーと言っても高山は自由行動だったので
事前に調べておいた
”飛騨高山美術館”と飛騨の里”へポイントを絞り
後は古い町並み散策という計画。

美術館は”19世紀末の装飾芸術〜インテリア館〜”
と銘うっていて
アーティストたちがデザインした家具等が
それぞれの部屋ごとに展示されていました。

イメージ 2

イメージ 3

ヨーロッパの宮殿の一部屋のようで素敵でしたが
展示が少なくて
あっという間に見終わってしまいました。

イメージ 1
美術館の外にはなぜかダブルデッカーが・・・。

飛騨の里は古い合掌造りの家々が移築されていて
そこで営まれていた生活を再現しています。
イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6


イメージ 7

イメージ 8

ここは紅葉も少し見られ
外国人ならずとも日本の原風景を見るようで
面白かったです。

まだまだ時間があったので
市内の昔の街並みを散策したのはいいけど
あまりにも外国人の多さに狭い路地が
押し合いへし合いで
古い街並みといっても飲食街と土産物店となり
風情を楽しむにはちょっとなぁと
そそくさとホテルへと向かいました。

ただ外れにある飛騨国分寺は観光客もまばらで
国指定天然記念物の大銀杏は見事でした。
樹齢1250年と言われるその銀杏の木は
高さ28メートル 周りは約10メートルと巨大で
今はまだ緑の葉だったけど
紅葉したらどんなに奇麗だろうと
その時にまた見に来たいなと思うほど。

イメージ 9


イメージ 10


イメージ 11


イメージ 12

市内散策はここが一番しっとりと落ち着いて良かったな。

さて肝心の飛騨牛はがっかり。
ツアーのお値段からして期待しては
いけなかったのでしょう。

ただね次の日のお昼に渡された
飛騨牛のお弁当が一番美味しかったのです。
写真を撮り忘れてのが残念なんですが
このお弁当 箱のヒモを引っ張れば暖まるという
優れモノ。
これを考えた人すごいなァ。


この記事に

開く コメント(0)

只今 思案中

栗の渋皮煮を待ってくれてる人たちに
配り終わって一つ肩の荷がおりました。

そして今は寝ても覚めても
クリスマスタペストリーのことで頭がいっぱい。

年と共に頭の中に入る許容量が減ってきたのを
実感してるわけですが
きっと元々の許容量が少ないのでしょうね
一つのことを考えると他のことが
考えられなくなってしまうのです。

先日も書きましたが
以前作ったタペストリーの写真を見ながら
新たに型紙をおこしている段階です。

イメージ 1

土台になる生地は決まったので
そこに置いていくものの型紙をおこしているのです。
ツリー一つにしても
こでは大きすぎるかな
これでは細すぎるかな
形がイマイチだな
あーでもない こーでもないと
なかなか決まりません。

イメージ 2
家とのバランスも考えなくてはと
大体の家の配置を決めて・・・。

この調子ではクリスマスに間に合うのかな
だんだん不安になってきました。

この記事に

開く コメント(0)

栗から解放されて。

私にとって秋のメインイベントといえば
栗の渋皮煮を作ること。

1.5キロの渋皮を1時間半かけて剥きました。
食べることにかけては
手間暇を惜しまない方だけど
要は暇で食いしん坊だけのことなんですけどね。

毎年楽しみに待ってくれてる人たちの顔を
思い浮かべながらチマチマと
皮むきに励むのも嫌いではないです。

渋皮に傷がつかないように鬼皮を剥いて
灰汁&シブを抜くためにゆでこぼすこと6回。

ここで手を抜いてはせっかくの栗が台無しになると
気合を入れましたね。

夜の9時から始めて12時までかかって
それからきび糖を入れて1時間。
ようやく栗と私のお休みタイムとなりました。

朝に味を確かめてみたら
甘味が足りないと思ったけど
きび糖がなくなってしまったので
てんさい糖をたして1日置いてようやく完成。

イメージ 1
つやつやの美味しい渋皮煮が今年も
無事出来上がりました。

結局お砂糖は全部で1キロ入れたことになります。
ダイエット娘には食べさせられないわね。

写真の奥に写っているのは
箕面名物のもみじのてんぷら。
天ぷらといってもかりんとうのように甘いんです。

この記事に

開く コメント(0)

先ずは栗ご飯。

買ってきた栗は先ずは何といっても栗ご飯ですね。
栗専門店のおばちゃんは渋皮煮の皮むきに失敗したのを
栗ご飯に入れたらよろしと今年もおっしゃる。
昨年もそういわれたので
”私 失敗しないので。”と米倉涼子気取りで
答えたものです。
そして今年も同じ答えしか出来ないワタクシです。
でもおばちゃんの上等な栗は失敗するわけには
いかないので全神経を集中して剥いてるんですよと
今年は付け加えて。

安いやや小ぶりの栗をご飯用に
買い求めていたのですが
どちらかといえば渋皮煮の皮むきの方が
剥きやすいのですよね。
だって鬼皮だけ剥けばいいわけですから。
要領さえつかめば渋皮に傷をつけずに
剥けるようになるもんです。

栗ご飯は餅米を1割入れて炊きますが
白ご飯派の孫も
”おばあちゃん 栗ご飯は美味しいな。
ママもこれきっと好きだと思う。”
”はいはい。ママ用にお弁当にしてあるからね。”

写真はオットのお弁当。
イメージ 1
先ずはともあれ 重い栗を運んでもらったので
一番に食べてもらいました。

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事