No barrier No life

〜3人の障害者スポーツ医のコミュニティブログ〜

ゆく年くる年


久しぶりのブログ更新となりました。


ロンドンパラリンピックから帰国後1週間で渡米し、


新しい環境で生活しています。


もちろん、こちらでもリハビリ施設やパラスポーツの現場に


おじゃまして、いろいろと勉強させていただいています。



イメージ 1
こちらも、パラスポーツです(笑)!


さて、2012年を振返るとパラスポーツ(障害者スポーツ)にとって


大きな一年だったのではないでしょうか。


米国でも、ロンドンパラリンピックは


過去にない最も成功を収めたパラリンピックだったと


伝えられています。


また、国際的に「パラスポーツ(ParaSport)」という言葉が


広まった年だったと感じています。


このブログを開始した2010年には、


「パラスポーツ(ParaSport)」という言葉をネットで検索しても


何も引っかかってこなかったことを鮮明に記憶しています


(このブログ以外で)。


しかし、今日はさまざまなシーンで、


「パラスポーツ(ParaSport)」を目にすることができます。


一時期は、「パラスポーツ(ParaSport)」ではなく、


「障害者スポーツ」「障碍者スポーツ」「障がい者スポーツ」


「アダプテッドスポーツ(Adapted Sport)」


「アダプティングスポーツ(Adapting Sport)」


「ユニバーサルスポーツ」等々の呼称の面で、


さまざまな議論がありました。


スポーツとスポーツに関わる人への尊厳と、


第三者が容易にイメージできる名称であることが


議論の根底にあったように感じます。


最近では、スポーツに関わらず様々なシーンで


パラ○○という言葉を目にします。


最も新鮮に感じたのは、ロンドンで


パラ-オーケストラという言葉を耳にした時でした。


2013年を迎えるにあたって


大きな目標を公言することはできませんが、


一つ一つの出会いや経験から多くのことを学び、


それらを共有していきたいと考えています。

 

Seeyou around !!

 


文責:室谷

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1

夢の祭典から一週間も経っていませんが、

 

日本の日常に戻ると夢の出来事だったような錯覚に陥ります。

 

ロンドンパラリンピック日本選手団医療班の一員として参加し、

 

医療班6人でチームワークよくローテーションを組み


スムーズな運営ができました

 

(診療件数は約300件ほど、他にドーピング対応や

 

国際パラリンピック委員会の医学委員への対応などもありました)。

 

選手や現場のスタッフの方々と多くのコミュニケーションの時間が取れ、

 

さらにはいくつかの競技の応援に出掛けることもできました。

 

残念ながら、前回の北京大会のメダル数には及ばなかったものの、

 

目標だった金メダル5個、


団体競技初メダル(ゴールボール女子)は達成できました。

 

組織としても、個々の選手にとっても、現状と課題がはっきりした

 

大会だったと振り返ります。

 

大会期間中は、Twitterでお知らせすることが多く、


ブログ更新は困難でした。

 

また、時代的なニーズ、時間や空間を超えて、

 

選手を取り巻く様々な情報の発信は、

 

ブログでは難しい面が多いことも実感しました。

 

今後も、さまざまに状況を鑑み、


ブログ、FacebookTwitter等で私から見た

 

パラスポーツの一面を発信していきたいと考えています。

 
 

文責:室谷

この記事に

開く コメント(0)


イメージ 1
ロンドン2012パラリンピックホームページ



ロンドン2012パラリンピック日本代表選手団

(選手126名 役員118名 合計244名)が発表されました。


(選手名簿役員/コーチ名簿本部役員名簿 協会HPより)




北京2008パラリンピック日本代表選手団より

選手団の規模は小さくなりましたが,

選手団発表に関しては過去にないほどの


メディア報道がありました。

全国紙・地方紙・スポーツ紙,

一面・社会面・スポーツ面等への掲載記事があり,

様々に報道されたように思います。

日本国内でのパラスポーツへの関心と認知度が

上がってきたということでしょうか。

紙面での取り上げ方を見て,

興奮された関係者の方も多くいたようです。


 

我々ブログ管理者の中から,


室谷が日本選手団の医師として

ロンドンへ帯同させていただくことになりました。

微力ながら,様々な方々と連携を取りながら

サポートさせていただく所存です。

(もちろん,我々の仕事がないことが

最も良いことなのでしょうが・・・)

また,独占的に国際パラリンピック委員会に帰属する


知的財産「パラリンピック資産」や「選手肖像」へ

留意しながらになりますが,

大会を通じて得た知識・経験はこのブログを通じて,

大会後にはなると思いますが,

お知らせしていきたいと考えています。


PS. 今後も代表選手団員が追加される可能性もあるようで,

ホームページのチェックは欠かせませんね。


 

文責:室谷





この記事に

開く コメント(2)

米国出張の折に,全米でも有数のリハビリテーション・センターを訪問してきました。

リハビリテーションの研究から実践まで,広大な敷地の中で繰り広げられているのを

目の当たりにして驚くばかりでした。

イメージ 1

この施設の特徴は,入院中のリハビリテーション患者に対して


リハビリテーションへの意欲を向上させるためのスポーツプログラムがある点です。

さらに,驚くべき点は,そのプログラムの延長線上に

パラリンピック(出場・選手育成)があることです。


イメージ 2

イメージ 3
施設の季刊誌より


特に有名なプログラム(競技)は,車いすフェンシングと,車いすラグビーだそうです。

車いすフェンシングでは,有名選手が所属し,

車いすラグビーでは,米国代表チームの拠点となっているそうです。

他のスポーツとしては,

スキー,水上スキー,ロッククライミング,ハンドサイクル,スキューバダイビング,

釣り,テニス,スレッジホッケー,バレエ等々・・・

非常にエキサイティングな米国出張になりました。


文責:室谷


この記事に

開く コメント(2)

Coming soon

Coming soon

この記事に

開く コメント(0)

ロンドンパラリンピック開催まで100日余りになり,

ロンドンへの切符を争う選手達の争いも佳境に入ってきました!

ロンドンへの切符を勝ちとった,男子車いすバスケットボールチームの

第16次強化合宿に少しおじゃましてきました。

イメージ 1


代表の座を賭けた熾烈な戦いが繰り広げられた

合宿の迫力はすさまじいものがりました。

イメージ 2

イメージ 3



☆男子車いすバスケットボール代表チームの今後のスケジュール☆

4月19日- 4月22日  第一六次強化合宿  宮城県仙台市(宮城野区体育館)

5月21日- 5月28日
 2012 Paralympic World Cup  イギリス・マンチェスター市

6月
 第一七次強化合宿  場所 未定

7月17日- 7月22日
 オーストラリアローズカップ  オーストラリア・シドニー

8月2日 - 5日
 第一八次強化合宿  宮城県角田市(角田市体育館)予定

8月22日- 9月11日
 London 2012 Paralympic Games  イギリス・ロンドン
(公式ホームページより)

文責:室谷

この記事に

開く コメント(1)

約束

しつこいですが,『ヤッッべェ〜!ッパネェ〜!!』 シリーズです。
 
ジャパンパラリンピック アルペンスキー競技大会に,超強行日程で,
 
クラス分け等の勉強を兼ねて,

選手との約束を果たすべく応援に行ってきました。


イメージ 1

今年の大会は,

スタンディング(立位)・シッティング(座位)カテゴリーのほかに,
 
ID(知的障害者)やヴィジュアリーインペアード(視覚障害者),
 
さらにはD(聴覚障害者)カテゴリーが設けられ

見ごたえのある大会でした。

イメージ 8


イメージ 3

イメージ 7

イメージ 9


イメージ 4

イメージ 2


イメージ 6


イメージ 5

ヴィジュアリーインペアード・クラスの滑り(音量大でご覧下さい)


純粋に勉強と応援のための白馬入りでしたが,

 

選手がほっといてくれません。

 

急遽,ゴールエリア付近で青空診療所の開設です!

 

選手らの診察と応急処置に追われました・・・

 

 

次のシリーズは,車いすテニスのJapan Openを目論んでいますが,

 

果たして再び超強行日程は敢行できるのか!?

 

 

文責:室谷



この記事に

開く コメント(1)

体験〜車いすテニス〜

巷でご好評いただいている,『ヤッッべェ〜!ッパネェ〜!!』 シリーズです。

仙台市障害者スポーツ協会主催の「車いすテニス体験会」に,参加してきました!

テニスは,広州アジアパラ2010に帯同した折に,

参加選手からラケットを頂いたのをきっかけに始めました。

その後,密かに車いすテニスに挑戦する機会を,

「特別な気持ち」を持って望んでいました。

イメージ 1

イメージ 2

車いすテニスは,難しすぎます!!

今,最も尊敬する人は,車いすテニスの選手になりました。

車いすテニスは,『ッパネェ〜!!』です。楽しすぎます!

出直しです・・・


日本各地でパラリンピック種目の体験会が多く企画されています。

ぜひ,皆さんもパラスポーツを体験し,パラリンピックを応援してください!

「障害者スポーツ協会 体験会」で検索し,地元の協会にお問い合わせください。

楽しいですよ!



文責:室谷

この記事に

開く コメント(1)

Sports of Heart


少し前になりますが,恵比寿ガーデンプレイスで開催された

『パラリンピアン(パラリンピック選手)の呼びかけにより,未来のニッポンのために

健常者と障害者の枠を超えて,スポーツ選手,ミュージシャン,

文化人たちが協力し合い

“すべての人たちが幸せに暮らせるニッポン”を目指すプロジェクト』の

Sports of Heartイベントに参加してきました。

パラリンピックの周知や募金活動が行われるだけでなく,

“すべての人たち”が楽しめる興味深いイベントが多く企画されていました。

(イベントの詳細内容は,Sports of Heartイベントのホームページを参照ください。)



イメージ 1

今年がパラリンピック・イヤーということもあり,

日本各地でパラリンピック種目の体験会が多く企画されています。

ぜひ,皆さんもパラスポーツを体験し,パラリンピックを応援してください!

「障害者スポーツ協会 体験会」で検索し,地元の協会にお問い合わせください。

楽しいですよ!パラリンピック選手との交流が生まれるかもしれませんし・・・


文責:室谷

この記事に

開く コメント(1)

『ヤッッべェ〜!ッパネェ〜!!』 シリーズです。

そうです,今は冬でウインタースポーツを忘れてはいけません!

先日,アイススレッジホッケーの日本代表合宿におじゃましてきました。

イメージ 1


アイスホッケーを生で観戦したのは,『雪印 vs. コクド』以来で,

,途中にバンクーバー・カナックスの試合を挟みますが,

興奮して見学させていただきました。

やはり,細かいテクニックや戦略は,動画では分からないですね!

しかし,競技を知らない方は,リンクの動画を参照してください。

バンクーバーパラリンピック 決勝戦 日本 vs. アメリカ


今回もまた,スタッフの方々から日本チームの歩みから,

現在の取り組み,医・科学的な悩み,そして今後の展望等を伺え,

いろいろと勉強させていただきました。

そして個人的に忘れてはならないのが,

バンクーバーパラリンピックの時のチームドクターの成田寛志先生の存在です。

学生時代からお世話になり,

パラスポーツに関わるきっかけを作っていただいた先生でした。

現在は,登別厚生年金病院の院長として,

スポーツ外来やスポーツ医の育成に努めておられます。



イメージ 2

最後になりましたが,快く参加させていただいた選手および関係者の皆さま,

この場で申し訳ありませんが,感謝申し上げます。


文責:室谷

この記事に

開く コメント(1)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事