ここから本文です
パリマダムの優雅な生活
な〜んてベタなタイトルは今や都市伝説。現実は、信じられない日常の、過酷なサバイバルの日々…
ご訪問有難うございます。
↓それぞれに1日1回の応援クリック有難いです♪(下の文字の方。)
i-phone、i-padなどのスマホ&携帯からは
得点に反映されない場合もありますので、スマホからクリック後も
確認のためPC本体からクリックをお願い致します。





イメージ 1




こちらは本日2つ目の記事で、一般公開用の便宜上の簡略記事です。
本日1つ目の限定メイン記事の内容とは一切関係がありません。
このすぐ前にUP済のメイン記事は
2011年6月13日から限定記事に設定し、限定読者のみに公開しています。

1つ目の読者限定メイン記事は画像満載のプライベート記事、
閲覧希望の方はブログリンク登録後にアクセス方法をご説明しますので
プロフィール欄下の「ブログリンク」欄から自由にご登録下さい。



本日のBGM 1962: Michel Colombier 「Dorolosa」



お気に入り度:★★★☆☆(3/5)


*上記の映像クリップでご視聴いただくか、
上記映像で視聴不可の場合は、こちらのURL↓をクリックすると、
Youtubeの別ページが開き自動的に音楽&画像が流れます。
最初に広告が流れる場合はスキップして下さい。
http://www.youtube.com/watch?v=TRVrv9zwXS8

**なおBGM音楽は、2013年10月に中断して以降の続きから再開のため
ここでご紹介する曲は、過去に未掲載、未紹介の音楽です。



本日の日替わり画像:

*拙限定メイン記事で近過去に掲載したフランス関連の記事画像から、
1枚だけランダム選択した、自己撮影のオリジナル画像をご紹介していますが、
2016年11月からしばらくの間、前回の「夫婦で日本帰省旅行」の限定記事から
日本の画像1枚選択して、フランス記事画像と交互にご紹介しています。

↓鎌倉建長寺にて。
以前ご紹介済の円覚寺のそれと似ていますが、違います。
ここは回廊を歩くことができました。

イメージ 2



ご清覧有難うございます。
↓それぞれに1日1回の応援クリック有難いです♪(下の文字の方。)
i-phone、i-padなどのスマホ&携帯からは
得点に反映されない場合もありますので、スマホからクリック後も
確認のためPC本体からクリックをお願い致します。


この記事に

ご訪問有難うございます。
↓それぞれに1日1回の応援クリック有難いです♪(下の文字の方。)
i-phone、i-padなどのスマホ&携帯からは
得点に反映されない場合もありますので、スマホからクリック後も
確認のためPC本体からクリックをお願い致します。





イメージ 1




いつもご訪問&応援クリックを有難うございます。

先週4月21日(金)から5月初めまでバカンスに出かけております。

前半はブルターニュ地方、後半はブルゴーニュ南部を旅行し

どちらもクラシックカー関連の信じられない特別招待などを挟んでおりますが、

車だけでなく、観光&グルメも存分に楽しんでまいります。



旅行中の記事は、予め予約投稿していますので、

私の不在中も限定&公開記事を楽しんで下さいませ。

(記事は時間のある時にまとめ書きするので2か月先まで執筆済です。)



ただ、旅行中は仕事、ブログを含めPCチェックは致しますが、

休暇中の時間も大切にしたいので、

限定読者の皆様のブログへのご訪問が滞ったり、

皆様のコメントへのお返事が遅れると思いますが

お返事は後日必ず致しますので、予めご了承下さいませ。



それでは不在中も拙記事をお楽しみ下さい。

ランキングクリックの応援もよろしくお願い致します。


ご清覧有難うございます。
↓それぞれに1日1回の応援クリック有難いです♪(下の文字の方。)
i-phone、i-padなどのスマホ&携帯からは
得点に反映されない場合もありますので、スマホからクリック後も
確認のためPC本体からクリックをお願い致します。


この記事に

昨年の年始めに、新年特集として、

1.「パリマダム家のインテリア&庭園2009」
2.「パリマダム夫婦のアルバム2009」

をご紹介しました。



昨日から新年特集第2弾として、

作年2010年に新たにご紹介した、画像の追加分をまとめてご紹介しています。

前半の「我が家のインテリア&庭園:2010年追加分」は

昨日の記事をご参照下さい。



本日は「夫婦の肖像:2010年追加分」のご紹介です。

なお、「夫婦のアルバム」については

2009年の記事でかなりの画像をご紹介済ですので、

見逃した方は、「パリマダム夫婦のアルバム2009」を先にご参照下さい。

(こちら下線部↑をクリックするとページに移動します)



以下にご紹介する画像は、2009年には未紹介で、

2010年に初めてご紹介した画像ばかりです。

とはいえ、他人のカップル画像なんて面白くない方は自由にスルーされて下さい。



まず、アンティークコレクションの「額縁」シリーズで

思わず登場してしまった夫の幼少時の写真から↓

イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3




↓こちらも「額縁」シリーズで登場の夫。

数年前イギリスに旅行した時のもの。スローンスクエア近くにて。

この日は仕事関係でロンドンのパーティに夫婦で招待され

(旅費・宿泊費なども職場持ち)、

滞在したホテルがスローンスクエアの近くにあったのです。

イメージ 4




↓昨年3月、北仏リゾート地トゥッケの車レースのイベントで

TV局のインタビューを受ける夫

イメージ 5




↓夫の実家に帰省した時の記事でご紹介した画像。

夫パパが写真をビデオに編集し、それを家族でTV画面で見た時のもの。

これは私達の教会での結婚式で私が署名をしている写真。

フランスの新聞にも載りました。

イメージ 6




↓昨年1月31日にご紹介済の画像。

2009年11月に行った2つ星レストランで撮った写真から。

夫の隣にいるのはスターシェフのドトゥニエ氏です。

イメージ 7




↓今年初めの記事でご紹介したフランスの雑誌。

表紙に写っているのは私です。

イメージ 8




↓友人のモータースポーツジャーナリストJ&Mが発行する雑誌の記事で、

彼らと2008年日本の取材旅行をした際(私達の本職とは無関係)、

日本の「アルピーヌの帝王」宅を訪れて取材した時のものです。

左下に夫と一緒に写っています。

イメージ 9




↓この時、「アルピーヌの帝王」ことK氏のガレージで一緒に撮った写真がこちら↓

真ん中にいるのが私達夫婦です。

イメージ 10




↓またこの時、K氏の愛車のひとつ、アルピーヌA210に試乗させてもらった夫。

この車は、K氏が数年前にル・マン・クラシック24時間耐久レースに

初参戦した時の車です。

イメージ 11
イメージ 12




そして今年のル・マン・クラシックにK氏が参戦した愛車がこちらアルピーヌM63↓

記念撮影&試乗する夫

イメージ 13
イメージ 14




「日本のアルピーヌの帝王」K氏は

2010年に2度フランスにいらっしゃいました。

最初はレトロモービル、2度目はル・マン・クラシックの参戦のためです。



↓1月のレトロモービルでは、K氏ご夫妻のお招きで

アルピーヌ車の創設者ジャンレデレ氏のご子息夫妻

(奥様はエルメスの直系孫)らと一緒に

ディナーを楽しんだ時のものです。

イメージ 15




そして2回目のル・マン・クラシック参戦のための来仏では、

J&M宅でガーデンパーティを一緒に楽しみました。

妙にはしゃいでるのが夫です。↓ 右端はアルピーヌ開発者ジャン・レデレ氏の子息。

イメージ 16




↓ル・マン・クラシックのレース前に

パリの3つ星レストラン「プレ・カトラン」でのディナーに

K氏がみんなを激励招待して下さいました。

私の首には、K氏夫人からいただいた手作りの毛糸のショールを

ネクレス代わりに巻いて飾りました。

イメージ 17




↓世界一豪華なクラシックカーレース「ル・マン・クラシック」では、

修道院でのセレブパーティに招待されました。

K氏ご夫妻と一緒に。私の隣にいるのは元トヨタ専属ドライバーの方で

映画にも出たことのある有名な方です。彼もドライバーとして参戦。

連日の猛暑でかなり日焼けしている私です。↓

イメージ 18




以上、2010年の記事でご紹介した画像で、

「夫婦の肖像」2010年追加分です。



今回妻の出番が少なかったので、

妻のちょっと珍しい写真を一枚特別UP致します。(← 出たがり)



実は私、学生の頃から結構ファッション雑誌やTVに出ております。

(← やっぱり出たがり)

最初のTVデビューは11歳でNHK。とはいえ子役などではありませんけど・・・・・

まったくの素人ですが、こちらが自主的に応募とかしたわけではなく、

特に大学時代はツテで話が結構入ってきて(芸人か!)

バイト感覚で楽しんでいました。

勿論TVも雑誌も毎回撮影・出演料をいただいてました。

(フランスでTVに出た時は出演料なし)



何度か経験あるファッション雑誌では、

撮影の面白エピソードもてんこもりなのですが、

それはまたご紹介する機会があれば是非いつか、、、、、、

ということで、本日最後にご紹介する私の画像はこちら↓

雑誌「MORE」に出たときの写真で、当時、東大の研究室にいた時のものです。

元の画像は大きく、これでもかなり縮小しています。

イメージ 19




↑いつもこんな「オールバック」じゃありません。撮影用。

洋服も自前ではなく撮影用に用意されていたもの。

MORE側に与えた情報の掲載内容も結構いい加減で、

この写真へのコメント↓も、大学でのポストや留学先都市の間違いなどがありました。

またコメントにある留学準備は事実ですが、留学前に某省庁に勤務していました。

イメージ 20




ちなみにこの撮影で同雑誌に一緒に掲載された友人がこちら↓

(同雑誌紹介ついでに)


長男を東京一の難関校、筑波大付属駒場中学に、

次男を開成中学に合格させたお嬢様(美人3姉妹の末っ子)で、

今でも贈り物を送り合う親しい友達。このブログのことは知らないけど・・・。

イメージ 21




他のファッション雑誌に掲載された写真もまたご紹介する機会があれば・・・・

えっ? 興味ない? そうですよね〜。



今年はどんな追加画像が増えることでしょう。

願わくはあまり変わらないような画像を望みたいものです。


毎日、半日遅れでUPしている
私厳選の曲「日替わりBGM」付きの
「マイ・コレクション」の別記事もお楽しみに。

いつもご清覧有難うございます。
↓楽しく読んでいただけたら、それぞれに応援クリック嬉しいです♪

この記事に

昨年の年始めに、新年特集として、

「パリマダム家のインテリア&庭園2009」
「パリマダム夫婦のアルバム2009」

をご紹介しました。(各「我が家のインテリア&庭園」「夫婦の肖像」カテにて)



本日は新春特集第2弾として、

作年2010年に新たにご紹介した、画像の追加分をまとめてご紹介します。

前半は「我が家のインテリア&庭園:2010年追加分」

後半は「夫婦の肖像:2010年追加分」

と分けて、2つの記事で追加画像をまとめてUPします。



本日は「我が家のインテリア&庭園:2010年追加分」のご紹介です。

なお、「我が家のインテリア&庭園」については

2009年の記事でほとんど主要部分をご紹介済ですので、

見逃した方は、まず「パリマダム家のインテリア&庭園2009」を先にご参照下さい。

(こちら下線部↑をクリックするとページに移動します)



最初の記事は以下の5つに分類してご紹介します。

今年昨日までの記事でご紹介した12月分の画像も含みます。



1.我が家のご近所の家々追加分:

昨年の「パリマダム家のインテリア&庭園2009」の記事で

未紹介のご近所の家のみ集めました。↓

イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5




↓こちらはこの冬撮影の、町のもうひとつの坂の上からみた私達が住む町の遠景。

私達の家は教会のもっと奥にありここからは見えません。

イメージ 6




2.我が家の庭の風景追加分:

これも昨年の「パリマダム家のインテリア&庭園2009」の記事で

我が家の庭の季節写真は既にご紹介済ですが、

今回は特に昨年12月の大雪の庭風景は近年にない白さなので追加しました。

イメージ 7
イメージ 8
イメージ 9
イメージ 10
イメージ 11




↓こちらは未紹介画像で、庭の奥にある林の一角で、

夫が石を積み立てて作ったケルト風石壁(← と私が呼んでいる)

イメージ 12




3.インテリア追加分:

昨年の「パリマダム家のインテリア&庭園2009」の記事で

我が家のインテリアの主要部分は既にご紹介済ですが、

今回は未紹介のインテリア画像のみ集めました。↓



(1)エントランスに飾ってある額縁:

イメージ 13




(2)階段に飾ってある額縁:

イメージ 14
イメージ 15




(3)バスルームの小額縁と、貝の首飾りをインテリアに応用例:

イメージ 16
イメージ 17




(4)トイレの額縁:

イメージ 18




(5)寝室2赤い部屋の額縁のある風景:

イメージ 19
イメージ 20




4.ベランダの花追加分:

昨年の「パリマダム家のインテリア&庭園2009」の記事で

我が家のベランダの花の定番は既にご紹介済ですが、

2010年にベランダで咲いた花で、2009年にはない花、

未紹介の花画像のみ集めました。↓

なお、我が家の花は「白一色」の差別主義です。



ベランダ端の8つの長方形の鉢の花は

昨年2回植え替えました。

最初は野菊(上2枚)、次におしろい花(下2枚)↓

イメージ 21
イメージ 22
イメージ 23
イメージ 24




その他のベランダの花。(2010年版)↓

イメージ 25
イメージ 26
イメージ 27
イメージ 28
イメージ 29
イメージ 30




5.我が家の庭に咲いた花追加分:

昨年の「パリマダム家のインテリア&庭園2009」の記事で

我が家の庭の花の定番はほとんどご紹介済ですが、

2010年に庭に咲いた花で、未紹介の花画像のみ集めました。↓

こちらも「白一色」の差別主義ですが、林の奥や雑草などは

有色も寛大に許可してます。



まず、正規の「白い花」から。

以下の2種類の白い花、ヒヤシンスとあじさいは

2009年の新年特別記事でにご紹介できなかった花です。



↓白いヒヤシンスは幾つかの場所に団体で植えており、

毎年白い花を咲かせます。こちらは2010年に咲いたもの。

イメージ 31
イメージ 32
イメージ 33




↓白いあじさいも毎年花を咲かせますが、

日当たりが良すぎるためか、成長は遅いです。

イメージ 34




以下も白い花だけど雑草系と林の奥にある花↓

イメージ 35
イメージ 36
イメージ 37
イメージ 38
イメージ 39




可憐な薔薇やヒヤシンスも有色なので無情にも林のゲットー地区へ移植↓

愛情が足りないので薔薇も育ちがよくありません。

苗は友人からいただいたものなのに、、、サガなので残念です。

イメージ 40
イメージ 41
イメージ 42
イメージ 43




↓垣根のピナコランタは悔しいけど、赤い実がなります。(上)

黄色い実のピナコランタもあります。(下)

イメージ 44
イメージ 45




↓こちらは芝生に生える雑草たちです。

雑草といえど、可憐です。

イメージ 46
イメージ 47
イメージ 48
イメージ 49




↓こちらは今年発見したおばけきのこ。

鳥か動物が食べた跡がありました。

イメージ 50




以上全て、2010年にご紹介した追加画像です。

明日の「夫婦の肖像:2010年追加分」もお楽しみに・・・・


毎日、半日遅れでUPしている
私厳選の曲「日替わりBGM」付きの
「マイ・コレクション」の別記事もお楽しみに。

いつもご清覧有難うございます。
↓楽しく読んでいただけたら、それぞれに応援クリック嬉しいです♪

この記事に

本日(1月2日)2つ目の記事です。
本日先にUPした前半記事
「パリマダム家のインテリア&庭園2009」
も「我が家のインテリア&庭園」カテでお楽しみ下さい。



本日2つ目の記事は、

2009年にブログにちらっと登場した、夫と私の秘蔵画像を、

公表画像アルバムとして自分用に整理しまとめたものです。

他人には面白くもなんともないと思いますので、自由にスルーなさって下さい。




1.夫が赤ちゃんの頃の写真

イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4

↑乳母車やベビーベッドがレトロです。




2.夫の幼少時の写真

イメージ 5
イメージ 6
イメージ 7イメージ 8
イメージ 9




3.数年前、英国の私の留学先(2つ目の大学院)を一緒に訪れた時の写真

イメージ 10




4.前々回、日本に帰国した時の写真

イメージ 29
イメージ 11
イメージ 12
イメージ 13
イメージ 14

↑一番目の写真は東京大学本郷の学食にて。他は横浜&鎌倉
フォックステリアは夫の実家の飼い犬と全く同じ種類。



子供時代はとても愛らしい彼、

その純粋な目の輝きは今も色あせていません。

瞳も笑顔も全く同じ。上から9枚目の笑顔を人に見せると

今の笑顔と変わらない、と誰もが言います。



ラブリーな彼ですが、彼の一番美しいのは「性格」

優しい、気が利く、チャーミング、シンプル、といった定番の長所はもとより、

私にはない、真のノーブルさ、真の教養を持っていて

それはご両親の素晴らしい教育の賜物だと実感するところが多々あります。




5.パリ「ホテルリッツ」のパーティにて。

「お蝶夫人もどき」の、私のパーティ用定番ヘアー (← 流行&年齢無視)

イメージ 15
イメージ 16




6.友人のプロの写真家が展示用に撮影した私のポートレート

イメージ 17

↑銀座の某画廊で展示されてました。
このブログのプロフィール写真(このページの左上)を撮って下さった方の作品です。




7. 2008年秋、日本旅行の際に撮影したプリクラ

(1)家庭教師の元教え子と

イメージ 18イメージ 19
イメージ 20イメージ 21




(2)京都にて

イメージ 22イメージ 23イメージ 24




(3)再び東京にて

イメージ 25イメージ 26




8.2009年に撮影された夫婦画像一部

イメージ 27
イメージ 28

↑下はフランスの伝説の名車「ブガッティ」100年記念祭に
シャンゼリゼ通り〜コンコルド〜トロカデロを快走した時のもの。



いつもふざけ合い、笑いの絶えない夫婦です。

が、繊細な夫、昨夜から腹痛と嘔吐を繰り返し一睡もできず、

今朝一緒に病院に行き、とんだ年明けとなってしまいました。

愛する夫の苦痛を見るのは心痛ものですが、

お子さんがいらっしゃるお母様はもっと大変なのだろうと

世のお母様方の子育てのご苦労に思いを馳せたのでした、、、、。



フランス東部のメッツ市は今日の気温はマイナス20℃だとか。

日本も寒波がきていると聞いていますので、

皆様も風邪などひかぬようお気をつけ下さいませ。


本日の「アンティーク・コレクション」はお休みです。

明日から再開する同シリーズもお楽しみに。


いつもご清覧有難うございます。
本日2つの記事を楽しんでいただけたら、
↓それぞれ2箇所に、1日1回の応援クリック嬉しいです♪

人気ブログランキング

にほんブログ村 フランス

この記事で、画像の右横に文章が縦長に詰まって読みにくい方は、
こちらをクリックしてご清覧下さい。→記事レイアウトの問題(2)

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事