ここから本文です
天使の町のハスキー犬 - ナナ&ガンバ
ロサンゼルスに住むハスキー犬ナナとガンバ、そして二人のパパ(?)

書庫全体表示

さて、今日はリンゴのお話です。
 
日本にはいろいろな品種のリンゴがありますが、
アメリカにもいろいろなリンゴが出回っています。
 
日本のリンゴは一般的に「うまいっ」。
品種にもよるんだろうけど、日本人の農家の方たちの「極める」心がさらにおいしくさせているんだと思うよ。
 
日本のリンゴに食べなれた人がアメリカにくると、
アメリカで売られている ほとんどのリンゴはマズイか、それほどおいしくないと感じるかもしれない。
 
だから、私はアメリカで「ふじリンゴ」を食べれることが
とっても嬉しいのだ。
 
ふじリンゴ… おいしいよね!
 
他のリンゴに比べてちょっと高めだけど、
まずくて食べれないリンゴを買うよりは満足感がある。
 
 
しかーし、先週の日曜日、
私の考えは「ガラッ」と変わったよ!
ホセパパと一緒にコストコへ行ったとき、
 
こんなリンゴを発見!
 
じゃじゃーん!
イメージ 1
 
見た目はなんとなく「ふじ(サンふじ)」に似てるけど、
色はサンふじより少しピンクっぽい。
 
プラスチックのパッケージを少し開けただけで
リンゴの甘い香りが もわーっ と漂った。
 
その名も「ハニークリスプ」!
 
 
イメージ 2
 
12 個入りのふじリンゴが約 8 ドル(800円)なのに対して、
同じ 12 個入りのハニークリスプはなんと 16ドル(1600円)!
 
アメリカは、日本に比べてフルーツなんかの値段が非常に安い。
それを考えると、このハニークリスプは非常に高価なリンゴだといえる。
 
イメージ 3
 
フルーツの色や形なんかはあまり重視しないアメリカ...
味で勝負だっ!
 
っちゅーわけで
食べてみた...!
 
イメージ 4
 
う、うまいっ!!
 
 
「ハニー」と言うだけあって、
酸味は強いが、それ以上にリンゴ独特の甘みが強い。
「クリスプ(クランチ感)」と言うだけあって、「パリッ + シャキシャキ」感が最高だっ!
 
なるほど…  高価なだけあるよな。
今まで、リンゴにはあまり興味がなかった私ですら、
ちょっと病みつきになりそうな味だったよ。
 
 
このハニークリスプ、もし見つけたら試してね!
ぜったいにお勧めしちゃうよ!
 
イメージ 6
 
我が家では 1 か月ほど前に「ふじリンゴ」と「グラニースミスリンゴ」の木を買って、ウキウキしていた私ではあるが、
 
このハニークリスプリンゴの木も欲しくなっちゃったよん!
(でも、植える場所がなーいっ!)
 
ネットでハニークリスプを調べてみると、ロサンゼルスは暑すぎるようだけど、それでも育つ可能性があるらしい。
 
んーん、どうしよう。
「ハニークリスプ」の木、ほしいなぁ...
 
今日も応援のポチリ、お願いいたしまーす!   
Thank you for checking out our blog!
Please click the image or link above for ranking.
Come visit us again...!
-----------------------------------------------------
できましたら、こちらのランキングもよろしく。
↓↓

\?\᡼\? 9
 
 
 
 
 
 
イメージ 5
 
 
 
 

この記事に

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事