パークスネットこぼれ話

「働く」ことは「学ぶ」ことであり、「育つ」ことであり、「楽しい」ことであるべきです

2013年

すべて表示

特定秘密保護法案

「重要なことほど隠される」
私たちはこれまでの経験でそのことをよく知っています。
だからこそ思想信条の違いを超えて多くの人が『特定秘密保護法案』に反対を唱え、あるいは熟考を求めています。
 
しかし危険な法案がいつもそうであるように、この法案も十分な審議もなされず強行採決で衆院を通過しました。

「真実を知ろうとすること、知らせようとすること」が罪に問われるようになったら、何も知らぬまま、とんでもない方向に歩かされることになりかねません。

生活者ネットワークであるパークスネットは、これからも生活者の視点で権力を監視し、私たちにとって大切なことについてはあらゆる情報を集め、真実を追求し、自由な発言を続けます。
そして、それを封じることになるかもしれない『特定秘密保護法案』に反対します。

.


みんなの更新記事