無理せず気ままに楽低山

体力に合わせて、里山歩きを楽しんでいます

全体表示

[ リスト ]


本堂で何を祈願されているのか?ひらさん

今日の完歩か?はたまた、夏場の大仕事か????


イメージ 27

お参りを済ませ、二体の仁王様の間を進み

イメージ 28


こうちさん、ここで二体の仁王様の間に立ちはだかり、剛脚を授かるおつもりか?
これ以上の剛脚を預かってしまうと、私には手に負えません

イメージ 29


鳥居を挟んで左右にあるお茶屋さんのベンチで小休止

イメージ 30


お茶屋さんの脇にトイレあります

ここで10:00まで思い思いにこれからの英気を養うべく飲み物補充等々をしました

さぁ〜そろそろ、出発です


イメージ 31


いよいよ、破線ルート突入

イメージ 32


道の詳細が知りたい方は、

以前歩いた時のブログを参考にしてください


ここからがこの縦走コースの胆です

しばらく下ります

イメージ 33


嵐の前の静かさか。。。

これから始まる、アップダウン祭り

イメージ 34


スルギ到着(10:18)ここは、吾野方面に行ってください

くれぐれも、赤テープに惑わされたらあきません


イメージ 35


何度もアップダウンの洗礼を浴びながら

登り返した先には

イメージ 36


六ツ石ノ頭(10:36)

イメージ 37

すでに、歩き始めて6時間…
普通は、下山途中か?下山して宴会中の時間ですが今日は

昼食をどこで取るかを決める時間です

食べんことにはシャリバテもありうる刻限…

皆さんで相談の末、林道にでて、林道わきで小休止に決定

その前に、いたぶられ、やがて屋根付きのお地蔵さんに到着

驚くなかれここで、ハイキングコースの標識を発見して、皆さん驚愕…

これがハイキングコース??皆さん騙されたらあきません

イメージ 1


林道に出ました(11:24)

イメージ 2


あれ?林道には、3人の方が大の字で失神しています(笑)

体力のないハイキング気分でここまで来た方たちでしょうか?    

いくら車の往来がないとは言いながら林道です。気おつけて頂きたいですね

イメージ 3


こんなにだらしのないパーティーに比べひらさん率いる強者ぞろいの面々は昼食後サクサクと進みます


見て下さい!!!皆さん!!!神々しい後ろ姿(11:48)


イメージ 4


左手にある、大高山への分岐も見落とさないタカの目を持った面々

イメージ 5


やせ尾根を進み

イメージ 6


再び林道に合流

イメージ 7


林道を横切り小ピーク越を幾度も繰り返します

じゃんねんながら、油断すると危険な下りが多かったので登り返しの写真だけ載せます

まずは道標に従い大高山方面へ

イメージ 8


とっくにみんなの折れない心は木端微塵になっているはずなのですが

弱音は皆さんの口からは出てきません

重鎮ひらさんの人選は間違っていなかった

そんなに登山歴のない、亀ちゃんなんて登り返しになると先行者との距離を詰めてくるほど超ド級のド○ぶりを発揮してきます

イメージ 9


そんなチャレンジャーたちに容赦のないこの登り

イメージ 10


木の根の露出した急登を、登り返せば

展望とは全く無縁の大高山に到着(12:36)

伊豆ガ岳にある山頂標と同じ形の標識でした

イメージ 11


のこり

天覚山・多峰主山・天覧山の3座を残すのみ

が・し・か・し

甘くないのです


こんなにちょこまかちょこまか写真を撮る私が、大高山〜天覚山まで写した写真はこの二枚のみ

思わず見上げてしまう登り

イメージ 12


そして疲労から踏ん張りの効かなくなった足を慎重に歩を進めないといけない下り

イメージ 13

こんなことを数度繰り返し

天覚山に到着(13:48)

天覚山頂は三頭三角点があり、南側が開けており私の修行場川乗山や大岳山

蕎麦粒山など奥多摩オールスターたちが見渡せます

イメージ 14


天覚山からも一度大きく下り

イメージ 15


やがて車道に突き当たり、(14:28)


イメージ 16


左手方向へ

イメージ 17


ほんの1分ほどで、多峰主山・天覧山方面への分岐(東峠)に到着

イメージ 18

鉄塔脇の左脇を通り(14:41)
このあと、飯能グリーンカントリークラブを右手に見ながら歩きとなり


イメージ 19



イメージ 20


鉄塔から1時間強で、ケルンに大きな棒が突き刺さった三角点到着(15:57)

ここは永田山の事か?よくわかりません


イメージ 21


この場所から右手方面に進むと左手下方に住宅地が見える道になりなんて書くと平坦な道?って思われる方がおられるかと思いますが写真の通り緩やかな登りもあります


イメージ 22


やがて、階段を下って行くと

イメージ 23


池のような場所に出て

イメージ 24


池を半周するような感じで歩いて行くと

西武池袋線高麗駅と続く舗装道に出ます(16:28)


イメージ 25


多峰主山の登山口は道路を渡り向かい側になるので

ビュンビュンと車が走る隙間を突いて渡り、5分後に登山口到着

イメージ 26


ここからも厳しいアップダウンが続きます

今日はこの辺で

この頃になるとかなり記憶が飛んでいる状態だったもので実際と異なる道説明が多々あるかとは思いますがご容赦ください

閉じる コメント(10)

破線ルートから先は未踏です、仁王さままでしか〜
ムチは嫌です、ここから先はエサがないと進めないですよ〜
なんかいいことが待っていたのですね(^_^)v
なんだろ、なんだろ、

2015/4/21(火) 午後 11:54 カブ 返信する

顔アイコン

カブさん こんばんは
達成感しかあるはずないじゃないですか(笑)
この日は皆さん車だったので乾杯なしだったので
翌日の相方さんと景信山頂での宴会だけが楽しみでした…が涙がチョチョ切れるほどつらい山行が待ち構えていました。でもしっかり飲みましたけど…
ナイス!ありがとうございます

2015/4/21(火) 午後 11:59 willie_boo 返信する

いや〜、自分も記憶が飛んでいます。いつも、正確な記録を残されているひらさんのレポを待っているのですが・・・
仁王様、亀ちゃんが立つべきでした。役不足のこうちでした。

2015/4/22(水) 午前 7:32 こうち 返信する

顔アイコン

いや−、あのアップダウンの悪夢がよみがえってきちゃいました〜(笑)

2015/4/22(水) 午前 9:21 ひらさん 返信する

顔アイコン

アップダウンの洗礼によく耐え、皆さん
よく歩いてますね。
仁王様への願掛けが効いてるのでしょうか?
林道で失神されてる方々、同じような
服に見えるのは気のせいですよね。
私は6時間でおなかいっぱいです。

2015/4/22(水) 午前 11:14 [ ジョリー ] 返信する

本当にハードそうですね〜
破線路、どんなコースなのか楽しみにしていたのですが、私の頭の中の地図から抹消しました!
絶対歩けないもの〜苦笑

2015/4/22(水) 午後 10:58 Myuu 返信する

顔アイコン

こうちさん おはようございます
確かに、亀ちゃんの無尽蔵のスタミナには
驚かされました。ひらさんの秘蔵っ子さんたちは
どなたも健脚…一度、オーディションでもしてから
連れてくるんでしょうか?

2015/4/23(木) 午前 6:28 willie_boo 返信する

顔アイコン

ひらさん おはようございます
私なんて、この日を境にあの激歩が夢に出て来て
かみさん曰く、また登りだ~ひぇ~今度は下りだ~
とうなされているようです(笑)

2015/4/23(木) 午前 6:35 willie_boo 返信する

顔アイコン

ジョリーさん おはようございます
ナイス!ありがとうございます。
飯能まで歩き通したいの一心でした。
道で行き倒れの三人組、確かによく似ていますねぇ
もしかして?脱皮した抜け殻だったりして(笑)

2015/4/23(木) 午前 6:39 willie_boo 返信する

顔アイコン

Myuuさん おはようございます。
ナイス!疲れた体に染み渡ります。
破線ルートは展望が期待出来ませんが、駅に
繋がるエスケープルートがたくさんあるので、
怖いもの見たさならぬ、怖い歩き見たさ?で
雰囲気だけでも味わいませんか(笑)
私は、絶対にご同行はしませんけどね。

2015/4/23(木) 午前 6:49 willie_boo 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事