子供と楽しむ!ホームパーティしましょ!

すみません。汗 バタバタしててなかなかお邪魔できてません。

その他

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
きっとここ数日の私ってものすごく暗かったのでしょう。。。
 
昨日、上姫がママ、なんか悩んでる!?ずっと悲しそうだよ。と・・・
 
勇気を出して聞いてみました。
 
私としてはかなり真剣に。。。
 
要約しちゃいますが・・・
 
上姫はママの人生でどうしても行くべきなら仕方ないけど、
子供をおいてまで今、行くべきなのか!
それは何年後かじゃ駄目なの!?
 
とものすごく当たり前な質問をされました。
 
私の体力的なことやいろんなことが重なって今がそのタイミングなのだ〜ということを説明したら
 
どうしてもなら2週間ぐらいならいいよ。と!!!
ちなみに姫、最初は4週間・・・やっぱり3週間、やっぱり2週間ならとどんどん短くなった。汗
 
 
そのあとは上姫がどんな感じのところなのか調べたいと
自分なりに私の話を聞いてネットでインドの瞑想センターを調べて
瞑想センター自体はとってもいい感じの場所だと思ったようで
行き帰りの移動だけが心配だ〜と言ってました。
 
いいことも悪いことも伝えねばと私の知ってる限りの知識でインドのことを説明したら
 
最初はかなり心配してやっぱり駄目、行かないで〜と言われたけど。。。
 
 
姫たちは外国と言えばハワイのような場所しか行ったことがないから
 
インドがどんな国なのか、写真を見て・・・
 
マスクをして行くという条件で上姫からはOKが出ました。
 
マスクで病気は防いでね・・・ということらしいけど。。。
 
下姫はというと・・・
 
思った通りというか行っちゃだめ!!!という理由が・・・
 
土日は一緒に寝るという約束が一緒に寝れなくなるからというもの。。。
 
上姫が最初に危ない!汚そう!怖い!と行かないで〜の理由をつらつらと並べたので
下姫はその部分が誇張されちゃったようで行かないで〜〜〜〜〜と。。。
 
下姫はたった1日というか半日や数時間の私だけのお出かけでも
一緒に行く〜〜〜〜!とまだまだ子供ちゃんなところが・・・。
 
昨日の姫たちとの話で・・・
 
ママはNZに行くと決めた時もAUSに行くと決めた時も
すっごい自分にとってはブレイクスルーで
いろんな素敵なことが起こったの。
 
だから今、インドに行きたいって思ってこれが本当になったらものすごいブレイクスルーで
思いがけないことが起こりそうな気がすると。。。。
 
でもここで上姫がとっても鋭い一言を。。。
 
NZの時もAUSの時も行く前はママは不安だった!?と・・・
 
NZやAUSの時はそれが・・・まったく不安がなかった。
 
でも今回は不安いっぱい。(正直に言ったよ。。。)
 
上姫にはそこもちょっとひっかかるみたい。
 
不安を感じてるということは悪いことが起きるかもしれないから行かないほうがいいかもと。。。
 
でもインドとNZやAUSじゃ全然、国が違うし・・・。
 
インドでは何が起こっても怒るなという言葉通り、
なにもかもまともにいかないと最初から思っておいたほうがいいのだろうというところが
NZやAUSとは違うから不安なんだと自分では思ってるんだけど。。。
 
とにかく・・・
 
一応、OKもらったつもりになったんだけど・・・
 
姫たちには行くと言ってもすぐ行くわけじゃないからね。とは言ってます。
 
行けるとしても今年の秋か来年になるだろうとは思ってるので。。。
 
テニスに行ってた旦那さまに帰宅と同時に
 
姫たちが・・・
 
ママがインドに行きたい〜って言ってるよ〜!
と。。。
 
まだ旦那さまにはちゃんといろいろ説明してからと思ってたのに
かる〜く言われちゃいました。。。
 
 
 
 
 
 
 

開く コメント(6)

行くべき所・・・

ここのところ・・・
 
実はとっても悩んでおります。
 
もうホントはずいぶん前から自分では気づいていることなのですが
 
どうしても行きたいところがあります。
 
それはインドの瞑想センター。
 
もうずいぶん前から気になってて・・・
 
旦那さまは行きたかったら行っていていいよ〜とは言われてますが
 
ホントに行くとなったらものすごく驚くだろうし、ホントに許可がでるかさえ微妙です。
 
 
 
でも、もう決断の時がやってきてると自分ではすごく感じてて
 
毎日、引き延ばしてるのが自分でもよくわかる。
 
昔はこういうのの決断はサラッと何事も考えず、自分の思うままに決められたのに
 
今は旦那さまのこと、子供たちのこと、お仕事のこといろんなことを考えるとなかなか決断ができません。
 
昨日はお仕事がお休みだったので
 
一日、考えちゃいました。。。
 
どうしても迷って、決めかねてる時はこのカード↓を使っちゃいます。
 
イメージ 1
 
占いはあんまり好きじゃないのに
 
このカードは自分でカードをひいてガイダンスの本を読むだけのシンプルさと
最初にこのカードを喫茶店で遊び半分でやってみたらものすごく当たったので
それから気に入って忘れたころに使ってるという感じ。
 
で、昨日もこのカードを使ってみたら・・・
 
今は小休止が必要でこの先のことは子供のように無邪気な気持ちで決めたらよいと。
 
決断すべき時はきてるのに優柔不断になっていると。
 
そのままでした。
 
わかってはいるけど・・・
 
出来ずにいる私。
 
 
 
旦那さまにとってもとっても意味のあることだと思うので決めたいのだけど・・・
 
なかなか勇気がでないです。
 
世の中の出来事にはすべて意味があると思ってる私。
 
旦那さまはここ1年で
 
財布をなくし、
 
そして先日のじぃじの出来事。
 
その上に今度は私、
たった10日間の予定なのですが私も旦那さまのそばを離れるべき時がきてると思ってます。
 
でもどうしてもその決断ができない。
 
勝手な解釈ですが
 
財布はきっとお金の象徴。
財布自体にも執着があったのだと思うけど結局、旦那さまはまた同じ財布を買っちゃったわぁ。
 
この時点でこのヒントは何の意味もなくなってしまった。
 
じぃじは何を意味するのか私にはまだわからないけど・・・
 
大きな力が旦那さまに何かに気づけと言ってるような気がする。。。
 
 
私自身にもどうしても必要なステップなのだと感じてはいるのだけど・・・
 
何より怖いのは予定は10日間なのだけどホントにそれで私は帰って来れるのだろうかということ。
 
行くと決めたら自分では想像もしえなかった力が働いて思ってもみないような出来事が起きそうで
10日じゃすまなくなるような気がしてしまって・・・
 
とても怖いです。
 
今、とても幸せだから。。。
 
平凡に感じる毎日がどれほど幸せかよくわかってるからこそなかなか決められずにいます。
 
心は行くべき時だと感じ始めてるのに
 
頭ではまだ行かない!今は行けない、行きたくないとも思ってる。。。
 
子供たちはどう感じるだろうか・・・とそこもとても心配に思って
カードをひいたら
私が生きる手本として生きるべきというようなメッセージが。。。
 
 
悩んでます。。。
 
 
ちなみに・・・
 
もちろんですが手配は自分で行きも帰りも当たり前ですが一人旅。
瞑想センターまでたどり着けるかも微妙なところですが・・・。笑
空港を降りたらたぶん一人で長距離バスの旅。
 
10年後ではとても無理な旅かも。
 
今もぎりぎりであることに間違いはないけど。笑
 
 
 
 
 
 
 

開く コメント(13)

facebook

うちの姫がfacebook始めました。
 
いとこの大学生のお兄ちゃんと英語でメールしようとはじめたわぁ。
 
でもまだ小学生なので年齢制限で結局、私の名前でやってます。
 
ということでほとんど上姫が使う、ちょこっと私も使うという感じで。。。
 
まだまだ使い方がよくわかってないけど〜。。。
 
今更〜ですがfacebookデビューです。笑

開く コメント(2)

只今、借りてます

先日からうちに来るネイティブの先生に借りてる本。
 
上姫たちのレッスンに使ったらしいんだけど
 
姫が面白いんだよ〜っと言ってレッスン終わりに見せてくれたら
「読む?」と快く貸してくださったもの。
 
イメージ 1 イメージ 2
 
直訳だとすべてに完ぺきな女の子になるための本って感じ!?
 
初っ端から・・・確かに笑えます。
 
学校に遅刻した時の理由とかセレブのようにふるまうにはとか
 
かなり面白いものからちょっとまともなものまで。
 
どこでこんなの見つけてくるの〜って言いたくなるぐらいちょっと馬鹿げた内容でウケてました。
 
上姫とお友達がよむのにもちょうどいい感じの本。
1ページ完結なのでとっても読みやすいよう。
 
だらだら長い小説よりはいい読み物でした。
 
 

開く コメント(6)

左ききの子のための本

ネイティブの先生の助言からいろいろインターネットで調べていたら
世界一有名なイギリスに左利きグッズ専門のお店があることを発見!
 
そこの人たちによって書かれたYour lefthanded childrenという本があることを発見しました!
 
その本が日本語訳でもあるのでアマゾンで購入してみた!
 
イメージ 1
 
とっても興味深い内容でした。
 
特に利き手を変えるべきかというページや学校生活での話など。
利き手を変えることによって起こる副作用などを読んだら
うちは左利きのままにしておいて正解だったかもと感じた。
 
利き手を変えても右脳、左脳の働きは変らないらしい。
なので本来することになってない領域の仕事を無理にさせることになるらしい。
 
で、それにともなう記憶障害、集中力の欠如、読み書きの障害、空間識失調、吃音障害
それ以外にも劣等感、不安感、内向性、夜尿症、爪かみ、神経症、心身症、人格障害など・・・
可能性としてね。。。
 
 
ただ、これは外国のものなので日本では利き手を右に変えさせる親が多いのも理解できる。
本の中にも世の中は右ききが使いやすいようにできているので
少数派の左利きには困難なことも多々あると。
 
特に学校生活では家庭科や図工などでキッチンスツールを使う場合や工具を使う場合
すべて右ききが使いやすいように作られてるから自然と左利きの子は使いにくかったり
怪我をする可能性もでてくると。
 
こういった時にはまず子供に
どこをどのように握るか
どちらの方向に力を入れるか
強弱やコントロール、安全停止のスイッチはどこについてるかを
しっかり確認させてから使うべきと注意が書かれていました。
 
今までまったくそんなことに少しの気遣いもしてこなかった私。。。
 
下姫にはキッチンのお手伝いもさせてたけどおもちゃみたいな包丁だったり
泡だて器だったりを使わせる程度だったのでそんなに難しいと感じてるとは思ってなかったけど
学校での家庭科になったらきっとおなべの注ぎ口だって左利きの子には使いにくいのかもと思ってしまいました。
 
当たり前に感じてやっていたことが左利きの子にはやりにくいこともあるんだな〜って
今更ながら気づかされました。
 
普通のワークブックって左側に問題があって右側が答えを書くようになってるものがほとんどなんだけど
これも左利きの子は左手で問題部分を隠してしまうので右利きの子に比べるといちいち腕を動かさないと問題も答えも見たり書いたりできないってことになる。
 
この場合はコピーができたら問題部分だけをコピーして右側に置いてあげるといいらしい。
 
書きにくいがためにほかの子たちより時間がかかることもあるなんて思ってもみなかった。。。
 
今まで気づいてあげてなかったわぁ。。。
 
私・・・単純に下姫はとってもマイペースでなにをするのも割とゆっくりなんだと思ってた。。。
それも個性と思ってたけど単純にやりにくかったというところもあるのかも。。。
 
よく幼稚園でも最後までできなかった〜と言ってたけど
もしかしたらそういうやりにくさもあったのかもと思ってしまった。。。
今頃、気づくなんて遅すぎだけど。。。
 
イメージ 2
 
かなりいろいろ左利きの子にはなるほど〜って思えることが多かったので
オススメの本です。
 
学校の先生に対する記述でも・・・
教室で講義をする昔ながらの教育スタイルは、絵や図を用いることがほとんどなく、
視覚的、運動感覚的な習得が得意な児童生徒には効果的でない場合があります。
 
よい教師は、3つの感覚すべて(視覚、聴覚、触覚)を取り入れて教え
・・・が見えるかな?・・・がつかめると思うよ。・・・をよく聞いてみて。先生の感覚ではなど
さまざまな感覚を表す言葉を使い感覚が異なる児童生徒にも敏感に訴えることができると書いてありました。
 
参考にしてこれからの姫の生活に取り入れたいです。
 
 
 
 
 
 
 

開く コメント(2)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事