春なのに

昨日までの暖かさのせいかベニマシコが来ていたユキヤナギは満開。
サクラソウや土筆も。
イメージ 1

ソメイヨシノもポツポツと開き、見た目は春本番だけど時折霰や冷たい雨が降る寒い1日となった。
鳥の少なさも寒さに拍車をかけるなか、ウグイスだけは元気に居場所を教えてくれる。
イメージ 2

ツグミ、シメ、アオジなどが集団になってきた
人も気にすることなく栄養補給に余念がないアオジ
イメージ 3

田んぼの水路に移動
オオジュリンの頭がさらに黒くなった感じ
イメージ 4

彩りがないと嘆いていたら、カワラヒワが鮮やかな羽を見せてくれた
イメージ 5

最後は土手の菜の花に来る鳥に期待
お目当てのホオアカは朝しかいないのか・・
いたのはモズだけ。
イメージ 6

桜はこの週末はちょっと足踏みか。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

いつもの森周辺は好天に恵まれ大賑わい。とりあえず森のはずれでルリビタキ。
イメージ 1

ヨモギか何かを採る人が立ち入り禁止区域でもへっちゃら・・日本語が通じないらしい。

鳥が少ない森をあきらめて田んぼへ
水路では少し頭が黒くなってきたオオジュリン
イメージ 2

オオジュリンは葦の皮をはがしビワコカタカイガラモドキという生物を食しているらしい。
イメージ 3
足元の茎についている茶色っぽい皮膜上の物体がその生物

イメージ 4
食べた後。白いのは何か分泌物だろうか。
幼虫は足があり移動できるとか書いてあるものもあったが、この状態ではとても昆虫には見えない。
オオジュリンとメジロが争う姿も見られたが、メジロもこれを食しているのだろうか。

鳩を追うオオタカが現れたり、森よりははるかに楽しめた。
イメージ 5

土手に菜の花も目立ってきた、春本番も近そうだ。
近所のニリンソウ自生地では気の早いのが咲いていた。
イメージ 6

この記事に

開く コメント(2)[NEW]

開く トラックバック(0)

近所のオオカンザクラが満開になって来たのでそろそろかと、鴻巣まで。
期待通りニュウナイスズメはやって来た。
イメージ 1
4,5羽が来ていたが、花を咥えて回す芸達者は居なかった。
急に風が強くなり雨も降りだしたので退散。

少し走ると晴れ間も見えてきたんので、北本に寄ってみる。
タイミングよくクイナが登場。
イメージ 2

遠くベニマシコが3羽
イメージ 3
みんな後ろ姿

雨が追ってきたのか、ぽつぽつと。
綺麗に架け替えられた木道を渡ったところでキセキレイ
イメージ 4

雨かと思っていたが、それなりに。

この記事に

開く コメント(2)[NEW]

開く トラックバック(0)

さらに閑散と

とりあえずすぐに降りそうでもないので出かける。
昨日の様子からあまり期待していなかったが、森の中はさらに鳥が居ない。ついに閑古鳥が鳴いたか。
オオタカを2度ほど、エナガを数羽といったところで、今日もベニマシコ頼み。
イメージ 1
期待を裏切らずに出てきてくれた。ぽつぽつと咲いたユキヤナギをバックに。

アリスイも現れた
イメージ 2
水路から焼け野原に移動途中。

水路の上流に少し夏っぽくなったオオジュリンが居るというので最後に廻ってみる。
オオジュリンは草陰から少しだけ見えたが、写真にはならず。
この冬は少ないと感じたカシラダカも数羽。
イメージ 3

ここにも猛禽ツミが現れて、小鳥たちがいっせいに消えてしまった。

この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

救いのキクイタダキ

天気は最高だが、肝心の鳥が見当たらない。オオタカの声が聞こえるがその影響かな。
ぐるぐる森を廻り、キクイタダキに出会うことができた。
イメージ 1

他の鳥はというと、巣作りに精を出すエナガが
イメージ 2

最後は確立の高いベニマシコをみて帰ることに。
イメージ 3

さて、待ち鳥たちは何処に。

この記事に

開く コメント(1)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事