ブログ「いてくれてありがとう」

「いてくれてありがとう」「God Bless You」をあなたの心に届けたい

【新CD】

【新CD】

MACFの礼拝で時々独唱してくださる泉水美保さんが新しいCDを発表されました。
彼女の2枚目のCD「アプリシエイト(Appreciate)です。

曲目は6曲。
I love You (詞・曲 上原令子)
愛の奇跡 (詞・曲 上原令子)
ありがとう(詞 泉水美保 曲 鈴木裕子)
変わらぬ愛 (詞カルディッロ・プッチーニ 歌詞 伊江 智子)
いてくれてありがとう(詞 関根一夫 曲 岩渕まこと)
Amazing Grace (ジョン・ニュートン)

素敵な楽曲、しっとり歌われ、メッセージがすっと心に入ってきます。
心がおだやかになってきます。礼拝でも何度かお聴きましたが
上原令子さんの曲は美保さんに歌いこまれ、すっかり消化されて
まさに、美保さんの告白、美保さんからのメッセージとして伝わってきます。
歌いこむとはこういうことなんだなと感じます。

このCDの製作中、私は美保さんから推薦文を書いてほしいと連絡を受け、早速
思いついた短い文章を書いて送りました。こんな文章です。
++
「魅力的な唇のためには、人に優しい言葉を使うこと。
愛らしい瞳のためには、人の素晴らしさを見つけること。
美しい身のこなしのためには、人はひとりで歩めないと認めること。
それは、人は何かに報われる必要があるから。」(オードリー・ヘップバーン)
「優しい言葉、人への感謝と思いやり、神への賛美」にあふれるCDの楽曲たちから
「魅力的な美しい心の響き」がきっと聴こえてくることでしょう。
++
よくよく考えれば、この文章の三分の2はオードリー・ヘップバーンの言葉ですから、
私の文章は100文字もないのですが、泉水美保さんのCDの内容やその歌声、また人柄を考えると
ぴったりかもしれないと思いました。
CDおすすめします。
いてくれてありがとう!

この記事に

開く コメント(0)

【日ごとの糧】2018.10.23

【日ごとの糧】〜ローズンゲンによる〜
2018.10.23

隠されている事柄は、我らの神、主のもとにある。
しかし、啓示されたことは、我々と我々の子孫のもとにとこしえに託されており、
この律法の言葉をすべて行うことである。
(申命記29章28節)

彼らは女に言った。「わたしたちが信じるのは、もうあなたが話してくれたからではない。
わたしたちは自分で聞いて、この方が本当に世の救い主であると分かったからです。」
(ヨハネによる福音書4章42節)
++++++
神は私達に対して「知らせたいこと」と「隠しておきたいこと」とを持っておられますが
ひとたび開示、啓示されたものについては「しっかり理解し、それらを実行する責任」が私達に
託されています。
しかも、神は私達のために「み言葉を通して」その心を教えておられます。
それらを知る責任、守る責任は私達に託されているわけです。
だからこそ、聖書の学び、礼拝での御言葉による教えを受けること、そして、それに沿って生きる態度が
大切なのです。

この記事に

開く コメント(0)

【今日の聖句】2018.10.23

【今日の聖句】
2018.10.23
【使徒言行録】
12:1 そのころ、ヘロデ王は教会のある人々に迫害の手を伸ばし、
12:2 ヨハネの兄弟ヤコブを剣で殺した。
12:3 そして、それがユダヤ人に喜ばれるのを見て、更にペトロをも捕らえようとした。
それは、除酵祭の時期であった。
12:4 ヘロデはペトロを捕らえて牢に入れ、四人一組の兵士四組に引き渡して監視させた。過越祭の後で民衆の前に引き出すつもりであった。
12:5 こうして、ペトロは牢に入れられていた。教会では彼のために熱心な祈りが神にささげられていた。
++++
場面は前の章とは違い、エルサレムでの出来事になります。
ヤコブの殉教、そして使徒たちへの迫害と状況が深刻化していきました。
しかし、この背後にあるのはヘロデ王の気まぐれな人気取り政策です。
クリスチャンの増加は正統なユダヤ教徒であるユダヤ人たちにとって面白くないことでした。
パウロがその昔、そうであったように、キリスト教はユダヤ教的に見れば異端的に見えるので、
迫害することは当然と考えているユダヤ教徒たちが大勢いたのです。
罪人として十字架で殺されたナザレのイエスを主とし、神とするなどもっての外だという考えです。

迫害の手はペトロに及び、彼は牢に入れられ、しかもしっかりした監視体制のもと
厳重に管理されました。そして、民衆の前に連れ出し、殺すつもりだったのだと思います。
そういう一方的な権力を傘にきた出来事とはうらはらに、目立つことなく「教会では彼のために熱心な祈りが神にささげられていた。」と記録されています。
この出来事、「祈り」が何をもたらしたのか、明日のお楽しみに。

++++

【詩編】
37:24 人は倒れても、打ち捨てられるのではない。主がその手をとらえていてくださる。
37:25 若いときにも老いた今も、わたしは見ていない 
主に従う人が捨てられ子孫がパンを乞うのを。
37:26 生涯、憐れんで貸し与えた人には祝福がその子孫に及ぶ。
37:27 悪を避け、善を行えばとこしえに、住み続けることができる。
37:28 主は正義を愛される。主の慈しみに生きる人を見捨てることなく
とこしえに見守り 主に逆らう者の子孫を断たれる。
37:29 主に従う人は地を継ぎいつまでも、そこに住み続ける。
37:30 主に従う人は、口に知恵の言葉がありその舌は正義を語る。
37:31 神の教えを心に抱きよろめくことなく歩む。
37:32 主に逆らう者は待ち構えて主に従う人を殺そうとする。
37:33 主は御自分に従う人がその手中に陥って裁かれ罪に定められることをお許しにならない。
37:34 主に望みをおき、主の道を守れ。主はあなたを高く上げて地を継がせてくださる。あなたは逆らう者が断たれるのを見るであろう。
++++++
「主に従う人」の祝福が描かれています。
憐れみ深く、悪を避け、善を行い、正義を求めつつ生きること。
それを「掛け声」倒れにしないように、気をつけながら、日々を生きることが
とても大切です。
「生きる」を選び、継続的に「主に従う」こと。「主による守り、保護」を信頼して正義を求めつつ生きること。
主よ、今日、一日、この詩篇を励みに生きられますように。

この記事に

開く コメント(0)

【アップルウオッチ】

【アップルウオッチ】

先日、友人が「アップルウオッチ使いますか?」と尋ねてくれたのですが、
最初わたしは「アプローチを使いますか」と尋ねられたと思って、何かコンピュータのソフトかなぁと思って答える言葉を探していたら、もう一度ゆっくり「アップルウオッチ」と言ってくれたので理解できました。
私の耳がどんどん悪くなっているのを実感した瞬間でした。
「え、アップルウオッチですか?興味あるよーー!」と言うと
「実は、新しいの買ったので古くて申し訳ないのですが、わたしの使っていたので良ければ試して使って見てください。そして気に入ったら、そのままずっと使い続けてくださっていいですよ」とのこと。
「あらら、それじゃ、お貸し、くだされ、状態になってしまうけど・・。いいの」と尋ねると「あ、それは、気に入ってもらえれば、どうぞ、どうぞ」とのこと。

というわけで、アップルウオッチをいただいてしまいました。オレンジ色のベルトのついたしゃれた時計です。
その昔、彼がその時計をしてきた時、あれこれ話しを聴きながら、私が物欲しそうに興味を示していたことを覚えていてくれたのです。
あさましい私。そして、ありがたい友達。

で、このアップルウオッチ、私が一番興味を持ったのが、「健康のためのいくつかのソフト」。
運動量による消費エネルギーや歩数、心拍数、座っている時間が長ければ、立って運動することを促してくれる機能があったり、深呼吸によるマインドフルネスをサポートしてくれたり、睡眠記録から睡眠時間や睡眠の質を計測してくれたり、まぁ、すごいことすごいこと。
アップルウオッチでアイフォンのカメラを遠隔で起動してシャッターを押すことができたり、当然のようにメールは読めるし、メッセージは受け取れるし・・・・・。
ますます、捕まえられやすい状況に自分を追い込んでいるような気持ちにもなりますが、新しいモノ好きの私にとっては、また格好のおもちゃを入手して大喜び。

で、さて、これをしっかりはめて出かけようとした時、ふと見ると、その画面に「トイ・ストーリーのキャラクター」が出現。
あれ、さっきまでは普通の時計の表示だったのに、ちょっとした拍子に別の画面に表示変更してしまったらしい。「でも、これ、どうやって変換するのだろう。私は普通の時計を表示したいのに。え、これじゃちょっとなぁ」と
思いながらも、家を出てしまった私は、これも友人が用意してくれた使い方の本も置いてきてしまったので、時計を見ると「トイストーリー」のキャラクターが嬉しそうに画面に登場。
これで私がニコニコしていたら、ちょっと変なおじさんだよなぁと思いながらも、どのように変換すれば時計マークが表示されるのかわからず。
その日は人と会いながらも、なんとなくアップルウオッチを隠したい気分になっていました。トイ・ストーリーの画面をちゃんともとの時計の画面に変換できるのであれば、ほらこんなのもあるんだよ、と見せることもできるのでしょうが、その変換の仕方も良くわからないので、困惑気味。
「いただきものとはいえ、見せびらかすんじゃないよ」というメッセージだったのかもしれません。
その日遅く家に戻ってから、設定し直し。
やっと普通の時計が表示されました。そして、いろいろな機能も使えそうな気分になってきました。
なんとなく、使い勝手がわかってきました。
さてさて、今週はどんな画面が登場するか、楽しみです。

うれしい贈り物をしてくれた友達に、いてくれてありがとう!
今度使い方も、ちょっとご指導ください。

この記事に

開く コメント(0)

【日ごとの糧】2018.10.22

【日ごとの糧】〜ローズンゲンによる〜
2018.10.22

主よ、あなたの裁きによって定められた道を歩み
わたしたちはあなたを待ち望みます。
あなたの御名を呼び、たたえることはわたしたちの魂の願いです。
(イザヤ書26章8節)

だから、神の力強い御手の下で自分を低くしなさい。
そうすれば、かの時には高めていただけます。
(ペトロの手紙第一 5章6節)
++++++
神さまが示してくださる倫理規定を喜んで受け入れ、
神さまの教えを喜び、へりくだって生きる姿勢を
聖書はとても大切なこととして教えています。
私たちは豊かになり、便利な時代の中で不自由をせずに
生きていると、いつの間にか、自分と神さまとが同等であるかの
ようなものの見方を始めがちです。
謙遜に神を神として礼拝し、聴き従う心は常に自分の中に保持していたい
意識です。

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事