ブログ「いてくれてありがとう」

「いてくれてありがとう」「God Bless You」をあなたの心に届けたい

全体表示

[ リスト ]

【新曲204 風に乗って】(ボサノバ風に…)

今週の火曜日に「歌声ペトラ」が開催されました。
今回は関根一夫作詞・岩渕まこと作曲の作品204曲目となりました。

204【 風に乗って 】

 風に乗って 声がひびく
 愛の言葉 イエスの心
 ガリラヤ湖のほとりから
 時を超えて 私たちに
 神の愛と赦し届く
 今を生きる 私にまで
 神の愛と赦しがある

 風に乗って  声がひびく
 赦し祈る 苦難のイエス
 カルバリ山 十字架から
 時を超えて 私たちに
 神の愛と赦し届く
 今を生きる 私にまで
 神の愛と赦しがある

ここ2年くらい先に曲が作られ、私のところに送られてきます。
私はそれを聴きながら、いわば、言葉を埋めていくわけです。
自分で勝手に詩を書くのと違った楽しみがそこには広がっています。
曲自体がメッセージを持っているからです。
言葉は、それを広げ深める役目を果たすのだと感じています。

曲想が、ちょっとボサノバ風のものになっています。
ちなみに、ボサノバの曲って、あまり大騒ぎしたり、大声で歌ったりしないもの
が定番になっています。いわば、ささやくように歌うわけです。
実は「ボサノバ」という映画があり、そこでボサノバという音楽を創作し確立し
た人たちのインタビューが出てくるのですが、「ボサノバという感じの音楽を始
めた頃、学生たち若者がある人のアパートに集まってギターのコードなどを練習
していた時、安アパートで防音装置もなかったので下の住人から「うるさいぞ」
と怒鳴られることがあった」とのこと。
そこであまり下の住人に迷惑をかけないようにとこころがけて「ささやくように
歌った」ことがボサノバの歌い方の主流になったというのです。
歌声ペトラのどの曲も「迷惑かけちゃいけないよね」という感じで「ささやくよ
うに歌って」もらいながら、広がっていけばいいなと思います。

今回の歌声ペトラ、雰囲気だけでも味わってみてください。
新曲紹介はまんなか辺にあります。

https://www.youtube.com/watch?v=IgwdpOcAleo

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事