カメラ

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]

イメージ 1


イメージ 2


1年以上もblogを休んでたので
休んでいた時の出来事を少しづつ書いておこうかなと思って

第1弾は 昨年の6月上旬頃に本当に久しぶりに新しくカメラを買いました
長くミラーレス一眼のEOS Mを使って来ましたが、不評だったAF性能面でやっと納得出来るM5とM6が発売されて2年が過ぎ値段も落ち着いて来たのでもうここらが買うタイミングかなと
M5とM6で悩んだ結果 やっぱり7Dの性能に匹敵するEOS M5に決めました
ちょっとズボラしてEF-M18-150mmF⒊5-⒍3 IS STMの高倍率ズーム付きのレンズセットをチョイス
軽く小さいのに7D並みの性能 見た目もカッコいい 今は何処に行くにも何時もバックの中に忍ばせています
相方スカートと出掛ける時はこれにEOS 5Dも加えて2台持ちで
高性能なミラーレス一眼は本当に使い易い

お気に入りの1台になりました


EOS M EF-S 55-250mmF4-⒌6 IS STM

新しいカメラバック

新しいカメラバック


イメージ 1

先日、大阪に行った際にヨドバシカメラで買って来ました

ビアンキスポーツ EBPI−02フォトメッセンジャーです 

今までは如何にもカメラバックです的な物しか使ってなかったのですが 

今回はそんな感じでないモノを選んでみました とてもライトな感じでまあまあ気に入っています




イメージ 2

コンパクトなバックですから勿論これはEOS M用として買ったんですが

カメラボディーにEF-M22mm EF-M11-22mm EF-M18-55mm EF-S55-250mmに

マウントアダプターM 専用ストロボに予備のバッテリー等などがピッタリ収納できるので

普段のスナップ撮影にはこれで完璧!!




イメージ 3

カメラバックはいつも悩みますが 大きさ的にもデザイン的にも今回のは良かったかな

まああえて言うならもう少し底の部分が広くて バック上部に手で持てる取っ手があれば良かったのですが

100%思いどうりの物なんてなかなか見つかりません

取りあえずはまた何年か大事に使って行きたいと思います



                          
                                      EOS 7D EF-S15-85mm

Canon 超広角ズームEF-M11-22mm F4-5.6IS STMを購入


イメージ 1


    ここんとこ出番の多いミラーレス一眼EOS Mですが

    単焦点レンズのEF-M22mmF2 STMとEF-M18-55mmF3.5-5.6 IS STMの二本が付属した

    ダブルレンズキットを購入していましたが

    やはりこの二本だけではカメラの良さを引き出せないので付属のマウントアダプターを使い

    手持ちのEFレンズを付けて今まで撮影していましたが

    せっかく小さいカメラなんだからコンパクトに持ち歩きたいと常々思っていました

    望遠レンズはMシリーズにはありませんので叔父に譲ってもらったEF-S55-250mmF4-5.6 IS STMを使用し

    暫く満足して使っていましたが 使っているともっと小さいワイドレンズが欲しくなり

    今までコツコツと貯めていたクレジットカードのポイントがあったので

    それを使い今回思い切ってCanon 超広角ズームEF-M11-22mm F4-5.6IS STMを購入しました

    これで出掛ける際にいつも持ち歩いている小さなカメラバックにこれら全てのレンズと

    カメラボディが収納できるようになりました

    35mm換算 17.6mmから400mmまでをカバーするレンズ4本とマウントアダプター

    ストロボ 予備バッテリー2個を手軽に持ち歩けるようになり

    ますますMは大活躍してくれそうです  大きくて重い5Dや7Dの出番が益々減りそうです(笑)



          




                               Canon EOS 7D EF-S15-85mm F3.5-5.6 IS   560EX

KIWI fotos EOS EFマウントレンズ-Pentax Qマウントアダプターを購入




   先日、購入した超小型ミラーレス一眼 PENTAX Q7のもう一つの面白い使い道 野鳥撮影等の為に

   今回こんなマウントアダプターを購入しました


 

イメージ 2

   KIWI fotos EOS EFマウントレンズ-Pentax Qマウントアダプター Amazonで3200円で購入しました

   値段が値段だけにどうなんだろう??と不安はありましたがまあ3200円なら

   駄目元でもまあいいかと思っていましたが、実際届いてみると不安は解消されました

   結構しっかりとした製品でした カメラ本体 レンズへの取り付けもしっかり過ぎなぐらいでした
   
   



   
イメージ 1

   左から順にPENTAX Q7 今回買ったマウントアダプター そしてこれも今回買ったリモコン

   以前から私が使っているEF70−300mmレンズ

   この4点を使って今回撮影します  これが何のアダプターなのかというと

   ペンタックスQ7など、Qマウントのカメラに、CANON EOSシリーズで採用されている

   EFマウントのレンズを装着するためのアダプターなんです

   実はこのQマウントは驚くほど様々なレンズを取り付ける為のマウントアダプターが色々な

   メーカーから発売されています 



   

イメージ 3

   さて今回買ったKIWI fotos EOS EFマウントレンズ-Pentax Qマウントアダプターを使い

   PENTAX Q7にCanon EFレンズを取り付けてみました(笑) というよりもレンズにカメラが付いていると

   言った方がいいかもしれませんね〜(笑) レンズは1kg以上もありカメラはたった200gです

   何ともアンバランスな感じですが、見方を変えれば超大型の大砲レンズとデジ一に見えなくもないか

   実際はそこまで大きくはないんですけどね〜

   PENTAX Q7は1/1.7型CMOSセンサーを搭載していますので35mm換算すると4.6倍となり

   この70-300mmレンズが322mm−1380mmF4-5.6の超望遠ズームとなるのです

   ただし絞りリングは無いので開放絞りに固定で 勿論マニアルフォーカスとなります

   開放絞りで1380mm(倍率では27.6倍)ですからカミソリのように狭い被写界深度で

   ピント合わせには気を遣います というかQ7の液晶画面で合わせるのは至難の技かも・・・




イメージ 4

   実際に野鳥を撮影してみました

   車の窓からレンズを出してぶれないように窓枠に置いて撮影しました

   本当は三脚に固定しレリーズはリモコンで切るのがベストだと思いますが

   今回はテスト撮影という事で手抜きしました  

   レンズからシロハラまでの距離は17m位かな〜?

   確かに凄い超望遠レンズとなりました 1380mmこんなに距離があるのにここまで寄れました

   写真はノートリミングです やっぱりピントは難しいですね 

   鳥の目には合ってなくて右足にピントが合っています 被写界深度はほんの数センチぐらいかな

   これだけピントがシビアだと動きの激しい物を撮るのは無理ですが じっと止まっているものなら

   何とかなりそうです

   3200円と手軽に超望遠撮影が出来てこれは本当に楽しそうです

   一度じっくりと野鳥を撮ってみようと思います

   PENTAX Qシリーズやマイクロフォーサーズのカメラをお持ちの方は一度こんなアダプターを

   買って手軽に超望遠撮影を楽しんでみるのは如何でしょうか? 

超小型ミラーレス一眼 PENTAX Q7 ダブルズームキット購入



イメージ 1

             そもそも私がカメラにハマっていったきっかけは

             叔父に譲ってもらった名機 PENTAX SP 55mmF1.8付きから始まりました

             それに中古の28mmと135mmのレンズを買い写真を撮り始めたのは中学生の頃

             それが縁でPENTAXのカメラやレンズをを次々と買い続けていきました

             そしてそんな折、PENTAXから面白いカメラが発売されました

            
             PENTAX auto110super(上の写真)です ポケットフイルムと呼んでいた110フイルムを

             使った世界で唯一の超コンパクト一眼レフカメラでした    

             こんな面白いカメラが大好きだった私は直ぐに飛び付きました

             カメラボディとストロボ 交換レンズ3本(24 50 70mm相当の)

             それにワインダーが付いたコンプリートキットだったと思いますが購入

             110フイルムですから決して素晴らしく綺麗に撮れる訳ではなかったけれど

          
             こんなマニアックなカメラは他にはなく凄く気に入って使っていました

             そして月日は流れ いつしかペンタックスからキャノンのカメラに変わり

             時代はフィルムからデジタルに変わっていきました

             



 
             
イメージ 2

     時は流れ そして現在、約3年前にPENTAX Qというミラーレス一眼カメラが発売されました

     そしてその後Q10にモデルチェンジ そして昨年待ちに待ったPENTAX Q7が発売されました

     あの懐かしの110を意識して作られた現代のPENTAX auto110superといっていいカメラです

     このQシリーズは超小型軽量一眼レフを作り続けて来たPENTAXの極みつけのカメラといっても

     いい超小型カメラです その中でもQ7は1/1.7型裏面照射型CMOSセンサー搭載

     QやQ10から比較すると140%の大型センサーを搭載 カメラの大きさレンズも

     Qと同じ センサーが大きくなったのにQと同じレンズがそのまま使えるという事は

     Qを開発していた段階でより大きなセンサーも搭載できるように

     イメージサークルに余裕を持たせて設計されていたってことですね

     より高画質を狙ったカメラとなりました

     ダブルズームキットを購入すれば23mmから69mm 

     そして69mmから207mmまでをカバーします

     気軽に持ち歩くにはベストな焦点距離ですね

     という訳でそのダブルズームキットを買ってみました

     予備のバッテリーも2つ購入

     実際手に取ってみると本当に軽い そして小さい あのauto110superとほぼ同じ様なサイズです

     EOS Mと比べても本当に小さく軽いですね

     1240万画素 1/1.7型裏面照射型CMOSセンサーですから超高画質という訳ではないけれど

     やっぱりとっても面白カメラという事で私にピッタリなQ7です

     様々なデジタルフイルターも沢山内蔵されAFも高速で正確です 

     まだ使い方は勉強中なのでしっかりと使い方をマスターして使いこなしていきたいです

        

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事