2018春ブルベ

3月になり自転車シーズンが始まる。
下旬に200を2本エントリーしていたが家庭内の業務多忙のためどちらもDNS。
実際、通勤以外で自転車に乗ることもないので準備不足は否めない。

そのまま、地元川西シリーズのスタッフをさせていただくこととなる。
BRM407川西200 3年目のコースはお気楽実走スタッフ。例年通り後半は雨。
BRM421川西300 昨年スタッフ試走したが、今回は実走スタッフ。

どちらも本番で練習するという泥縄状態だったが、2本走って少し感覚が戻ってきた。
GW中の5/5にBRM52川西400のスタッフ試走に向かう。
良く練られたコースで上手にアップダウンを回避、脚に優しいコースだった。
GW中で昼間の交通量が多いのが難点だったが、久しぶりに徹夜走行を楽しく苦しんだ。

明日は本番。天気はなんとか持ちそうで良かった。

この記事に

開く コメント(0)

久し振りの更新。
昨年8月の徳島300を走って以来、体調不良のため秋のブルベも全く走らず仕舞い。
そのままマラソンシーズンに突入。

今シーズンはクジ運が良く、初の大阪マラソン、姫路マラソンに当選。
フルは2シーズン振りだったので準備不足で大変だった。
10月頃から練習を始め、11月初めの西宮ハーフで走力確認。
ゆっくりなら完走できそうな感触を得て、大阪マラソンを迎えた。
スローペース、完走目的でなんとか走りきり、初大阪マラソンを楽しんだ。
そのまま、真面目に練習を続けて、年明けの新春武庫川ハーフで記録挑戦。
記録更新には至らなかったが数年前の状態と同じくらいまで走力が戻った。

2月の姫路マラソンは密かに記録更新を狙ってみたが、 またもサブ4に至らず。
このまま、練習を続ければ速くなるのだろうが、大会が終わるとモチベーションも低下。
マラソンシーズンは終了となった。

この記事に

開く コメント(0)

BRM826徳島300

真夏の夜ブルベ。
夜間耐性がどの程度あるのか確かめてみるために参加してみた。

16時過ぎに自宅を車で出発し、渋滞もなく18時半に徳島到着。
19時15分頃にスタート地点に到着すると参加者の大行列!
主催の今野さんがお一人で受け付け、車検をやられていた。
車検のお手伝いをしてブリーフィングへ。
イメージ 1

皆さんを見送って最後尾出発。
途中、那賀川沿いを走っている時に尾灯が延々と連なっているのを見てPBPを思い出した。
40kmの通過チェックまでは団子状態で到着。
ここから登りが始まって集団がばらけた。
R195は四国の山中を走る2級国道だけど、北海道ほどの野生さは感じなかった。
ダラダラと登って徳島高知県境の四つ足峠に到着。
イメージ 2

ここから気持ちの良い真夜中のダウンヒル。気温も20℃程度で涼しかった。
夜中の2時に香美市のPC1に到着。塩気が抜けていたのでカップ麺が美味しかった。

土佐山田からR32に合流するまで無名な峠がきつかった。
道も1車線弱、路面も悪く、一人で走るには気持ちの悪い道だった。
R32に入ってからは基本下り勾配で所々登り。向かい風もあって漕がないと進まず気が滅入る。
ようやく明るくなった5時過ぎに大歩危のコンビニに到着した。
尾灯の一つのカバーと電池が吹っ飛んでいた。
自分が思っていたほどの睡魔は襲ってこなかったので安心した。

三好の街中からは以前走った剣山の徳島200とほぼ同じルート。
軽い追い風と思った以上に涼しい気温で気持ちよく走ることができた。
今回の写真ポイントが阿波の土柱。観光客もおらず貸し切り状態。
イメージ 3

吉野川にかかる潜水橋を渡る頃には気温が急上昇。
イメージ 4

徳島市内に入ると交通量も増えてきて走りにくくなる。
なんとか集中力が切れる前にゴールすることができた。

本来なら温泉にでも入ってさっぱりして帰りたかったが、
帰路の睡魔が怖かったので速攻で帰路へ。
渋滞にも遭わずに帰宅できた。

直前にサドルセッテイングをいじったので左膝の違和感が出現したのは失敗。

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事