自衛隊の犯罪を斬る

防衛省情報本部が自動追跡レーダーからマイクロ波ビームを人体に照射

全体表示

[ リスト ]

チューリング・テスト

「チューリングマシン説明できますか?」という書籍が出版されている。

著者は、坂井久司である。




チューリング・マシンに関連する書籍を紹介しているのですが、
主眼はチューリング・マシンでなく、チューリング・テストです。

質問者が、別室にあるコンピュータに問いかけ、
コンピュータが返答する。

質問者は、返答を聞いただけでは、人間かコンピュータか区別できないとき、
そのコンピュータは、チューリングテストに合格ということである。

チューリング・テストでは人間が質問して、コンピュータが応答しているのであるが、人間とコンピュータが会話しても同様なテストが成立する。

即ち、人間の眼の前にコンピュータがない状態で、人間とコンピュータが会話して、会話している相手がコンピュータか人間かが区別できないとき、チューリング・テストに合格である。

人工知能が進歩すると、チューリング・テストに合格するレベルの会話が可能となる。

このような人工知能は、複数の中央演算処理装置(CPU)を使って、並列処理するのでしょう。

筆者は、統合失調症はマイクロ波聴覚効果を利用した通信システムが使われており、マイクロ波が患者さんの頭部、側頭葉に照射され、マイクロ波聴覚効果という現象により、マイクロ波が声に変換されているという説を提唱している。

頭部に送り込まれる声は、チューリング・テストに合格するレベルの人工知能と推測している。

人工知能の開発も、マイクロ波聴覚効果を利用した通信システムの開発も、1960年代に、米国防総省の研究開発機関、DARPAが開発段階のときに資金を提供したという特徴がある。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事