自衛隊の犯罪を斬る

防衛省情報本部が自動追跡レーダーからマイクロ波ビームを人体に照射

全体表示

[ リスト ]

ときどき自宅に盗聴器がしかけられている、
いう相談があります。

自宅で家族にしか話していないことが漏れている、
というようなことを被害者が発言します。

会社が盗聴器を取り付けたのに違いない、
という人もいます。

現実には自宅に盗聴器をしかける
というのは起きていないでしょう。

1948年に、米国空軍資材コマンド(Airforce Material Command)の
ハンスコム空軍基地(マサチューセッツ州ケンブリッジ)
に設置されている研究所が、
レーダー、ソナーなどの反射波を利用する通信について、
報告しています[1]。

レーダー用送信機からマイクロ波をターゲットに照射し、
レーダー用受信機がターゲットで反射した反射波を受信します。

ターゲットには送信機が設置されていないのですが、
ターゲットに送信機が設置されているのと同様の状況になります。

この軍事通信技術を応用すると、
盗聴器の設置と同様のことが可能になります。

レーダー用送信機からマイクロ波を頭部に照射し、
レーダー用受信機が頭部で反射した反射波を受信します。

反射波に微弱な脳波信号があるので、
反射波から脳波信号を取り出します。

脳波を計測するときに、
電極を頭部に設置するわけではないので、
脳波が計測されていることは気が付きません。

この脳波計測技術は、レーダー技術を応用しており、
1976年に米国特許3951134号が取得されています。

脳波計測機はレーダーを応用しているのですが、
レーダーで100キロは近距離です。

長距離レーダーでは1000キロ〜3000キロも離れた
飛行機、ロケット、ミサイルを探知できますからね。

脳波を計測する機械は、多分、自宅から10キロ以上、
離れた場所に設置されているでしょうね。

脳波を計測してから、
ニューラル・ネットワーク・コンピュータで解析して、
脳波から思考を解読することができます。

脳波から思考を解読する精度は、
条件によって異なりますが、
単語レベルで80〜95%程度なので、
加害者が正確に思考を解読しているわけではないのです。

脳波から思考を解読できるといっても信じない人が多いので、
学術論文を紹介します。

例えば、1997年にスタンフォード大学と南カリフォルニア大学の
共同研究グループが、
脳波を計測することにより、
耳から聞いた英単語を解読することに成功しており、
下記の学術論文に発表しています[2]。

1998年には文章の解析も成功しています[3]。


日本では、京都ATRという研究機関が、
脳波から映像を解読しています。


ところが、脳波から音声を解読するのは、上述のように、
20世紀に成功しているのです。

脳波から映像、視覚情報を解読するより、
音声情報を解読するのが簡単です。

映像が中心のテレビより音声が中心のラジオが簡単なのと同様です。

ちなみに、防衛省情報本部電波部、陸上自衛隊調査部調査課が
シグナル・インテリジェンスとして、脳波シグナルを収集しているのです。

首都圏では、埼玉県大井通信所に
陸上自衛隊幕僚監部調査部調査課があります。


文献


[1] Stockman, Harry, "Communication by Means of Reflected Power," 
Proceedings of the IRE , vol.36, no.10, pp.1196,1204, Oct. 1948
 
Stockman, Harry ; 
Air Materiel Command, 
Cambridge Field Station,
Cambridge 39, Mass.


[2] Proceedings of the National Academy of Sciences
December 23, 1997 vol. 94 no. 2614965-14969
”Brain wave recognition of words”

Patrick Suppes*†, Zhong-Lin Lu‡, and Bing Han*
*Center for the Study of Language and Information, 
Stanford University, Stanford, CA 94305; and
‡Department of Psychology, 
University of Southern California, 
Los Angeles, CA 90089

[3] Proceedings of the National Academy of Sciences
December 22, 1998 vol. 95 no. 26 15861-15866
”Brain-wave recognition of sentences"
Patrick Suppes*†, Bing Han*, and Zhong-Lin Lu‡
*Center for the Study of Language and Information, 
Stanford University, Stanford, CA 94305-4115; and
‡Department of Psychology, 
University of Southern California, Los Angeles, CA 90089

http://www.pnas.org/content/95/26/15861.full

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事