自衛隊の犯罪を斬る

防衛省情報本部が自動追跡レーダーからマイクロ波ビームを人体に照射

全体表示

[ リスト ]

精神医療改革 あくまでも地域へ

2014722

 

 精神疾患で1年以上入院している人が、全国で20万人いる。6万5千人は10年以上の入院だ。入院治療の必要性が低い「社会的入院」も多い。OECD(経済協力開発機構)の統計で、日本の精神病床数は人口あたりで加盟国平均の4倍に及ぶ。

 

 「入院医療中心から地域生活中心へ」。国が精神障害者施策で、この方針を打ち出してからほぼ10年が経つ。それでも、なかなか進んでいないのが実情だ。流れを確かなものにしなければならない。

 

 「地域へ」の具体策を検討していた厚生労働省の有識者会議が報告書を公表した。新たな入院は原則1年未満とすること、地域生活のサポート体制の充実などが盛り込まれた。

 

 議論の焦点は、「病院のベッドを減らす場合、病院敷地内へのグループホーム設置を認めるか否か」だった。最終的には容認されたが、入居の際には複数の選択肢から本人が自分の意思で選べる、外出や外部からの訪問は自由、入居期間を区切る、といったことが前提とされた。

 

 退院しても病院の敷地内に住むのと地域に住むのとは違う。

 

 最優先すべきは、退院した人が地域に戻って生活できるようにする支援の充実だ。ただ、長期入院の結果、すぐ地域に戻ることに不安を感じる人もいる。グループホームを「仮住まい」として設置できる余地はあってよいだろう。

 

 しかし、この「仮住まい」はあくまでも例外であり、限定的に利用されるべきものだ。大前提である本人の選択による入居かどうかを確認したうえで、第三者が常に状況をチェックする仕組みも欠かせない。

 

 報告書に基づき、厚労省は今後、グループホームへの転換を認める条件を具体的に定める。地域の住まいに移るステップとして機能するのか、あるいは、病院が敷地内に囲い込むだけの単なる看板の掛け替えに陥るのかは、その条件と運用にかかっている。

 

 グループホームへの転換については、障害者団体などが「退院後も病院が患者を抱え込むことになる」と反発し、福祉関係者の間でも意見は割れている。厚労省は、透明性を確保して丁寧に条件づくりを進める必要がある。

 

 退院者がグループホームに住みながら地域との交流を深めていけるか。その視点が欠かせない。地域の住まいに移るための支援が弱まるようでは本末転倒だ。弊害の大きさが明らかになったときは、やめるのをためらうべきではない。

 

引用終了

 

朝日新聞の社説を引用しました。

 

「精神医療は牧畜業だ」と

日本医師会元会長 故武見太郎氏が生前に言い放ちました。

 

精神病院は多数の患者さんを長期入院させることにより、

安定的に収益を得ています。

 

換言すると、精神病を治療するという名目で

大量の向精神薬を投与して、

暴利を貪っているのが現状です。

 

精神病のなかには、

そもそも病気と言い難いものが多々あります。

 

例えば、睡眠障害とかADHDとか発達障害とか行為障害は

そもそも病気か否か疑義があります。

 

病気というからには、

身体を構成する臓器、器官、細胞に

器質的な異常又は機能的な異常があることが求められます。

 

ところが、睡眠障害、ADHD、自閉症、発達障害、行為障害などは

脳の病気とされているのですが、

脳神経系に異常があるか否かが判然としないのです。

 

例えば、自閉症と判断する因子の1つにIQがあり、

IQ70が目安となっています。

 

統計分布としては、IQ70以下とIQ130以上は

同じ割合で存在することになりますが、

IQ130以上という突出した知性があるときには、

精神疾患があると判断されないですよね。

 

正規分布というベル型の曲線があるのですが、

IQを計測するときには、検査結果が正規分布になることを前提として、

正規分布の中央値は100、正規分布の標準偏差(シグマ)は

Wechsler系検査では15とされています。

 

すると、IQが70から130の範囲は、

平均からプラス・マイナスで2シグマということになり、

約95%の人が含まれます。

 

IQから70から130というのは、

偏差値30から70に換算できます。

 

IQが55から145に約99.7%の人が含まれるのですが、

偏差値20から80に換算できます。

 

偏差値では、正規分布を前提として、

中央値が50、標準偏差が10に設定されています。

 

100メートルを走る競技や、

5キロを走る競技において、

その時間を計測したとき、

中心の95%に入らなくても、

健康な人はいます。

 

自分で走らなくても、

自転車、自動車、列車を使えばよいだけのことであり、

走るという運動能力が劣っていても、

社会生活に格別の問題はないのです。

 

同様にIQが中心の95%に入らず、

下位2.5%になっても、

それだけで病気ということではないのです。

 

自閉症とか発達障害には病気と言い難いものを

病気と認定している傾向にあります。

 

ところで、ナチスドイツは優生学(現代の社会生物学)を悪用して、

発達障害と烙印を押した人達をガス室で殺害しています。

 

精神医学は、社会から一部の少数者を

抹殺するために悪用することができるのです。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事