自衛隊の犯罪を斬る

防衛省情報本部が自動追跡レーダーからマイクロ波ビームを人体に照射

全体表示

[ リスト ]

2017年4月22日、土曜日に午後2時から午後4時まで

氷川区民会館(渋谷区東2-20-18)で第19回マイクロ波勉強会を開催いたします。

 

受付は午後1時30分から始まります。

 

今回はいつも通り、週末に勉強会を開催します。

 

下記の2つのトピックがあります。

 

1 学会発表の練習

2 刑事政策とテレパシー通信

 

1 学会発表の練習

 

電子情報通信学会ヘルスケア・医療情報通信研究会が511日及び512日に機械振興会館で開催されます。この研究会で512日、金曜日、午前920分から「テレパシー通信の理論−マイクロ波聴覚効果を応用したマイクロ波通信−」というテーマで発表いたします。

 

この予定は、下記の電子情報通信学会公式サイトで確認できます。

 
 

そこで、この発表練習をいたします。

 

今まで米国空軍特許について紹介していましたが、今回は別個の米国特許を紹介いたします。マイクロ波聴覚効果を応用したマイクロ波通信では、頭部にマイクロ波ビームを照射することになるので、その安全性が問題となります。今回の米国特許は、頭部にマイクロ波ビームを照射しても、電波安全基準を満たす点に特徴があります。これに伴って、電波安全基準及び電波による健康被害についても言及します。

 

2 刑事政策

 

前回、第18回マイクロ波勉強会で社会統制について少し講義しましたが、今回は社会統制の基盤となる概念、刑事政策について講義します。刑事政策の目的に犯罪の防止があります。犯罪を防止する手段として、刑法などが犯罪について規定するとともに、刑事司法を通じて刑罰を科しています。更に、犯罪を防止する手段には、パトカーのパトロールや監視カメラなどもあります。このような犯罪を防止する政策の延長として、防衛省情報本部が対人レーダーを使って国民の位置などを秘密裏に常時、監視するとともに、対人レーダーからマイクロ波ビームを頭部に照射して攻撃しているのです。対人レーダーを投入した監視や攻撃について、犯罪の防止という刑事政策の観点で解説いたします。

 

なお、最後になりますが、マイクロ波勉強会の経緯は

下記のウェブページにまとめられていることを申し添えます。

 

マイクロ波勉強会の経緯

 

マイクロ波聴覚効果を応用したマイクロ波通信については、例えば、下記のウェブサイトに目次があります。

 
 
 

講師

講師:patentcom

講師の本業: 弁理士

 弁理士は、特許、商標、著作権など知的財産の専門家です。

 勉強会で米国特許を紹介しますが、実は特許の専門家です。

 

講師略歴: 東京大学工学部を卒業し、

米国イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校で博士号を取得しています。

日本生理学会の一般会員ですが、医師ではありません。

 

2016年に電子情報通信学会及び情報処理学会の会員になりました。

 

勉強会のスタイル

 

基本的には講師が講義し、

最後に質問の時間になります。

 

注意事項:病気の診察や治療に関する質問は

一切、答えることができません。

 

費用

 

入会費: 3500円

参加費

会員  1500円

非会員 2500円

 

一回、勉強会に参加するだけでしたら、

入会費を支払って会員になるより、

非会員のままの方がお得になります。

 

一方、何回も勉強会に参加するのでしたら、会員になる方がトータルで安くなります。

 

参加費については、下記のリンクに記述されています。

 

個人情報の取り扱い

 

参加費を支払うときに、氏名とメールアドレスを記帳して頂いています。

 

勉強会の連絡、メールマガジンのために使う予定ですが、

その他の目的に使うことはありません。

 

従来、メールアドレスは主催者のパソコンに保管されていましたが、201612月にパソコンがクラッシュしました。

 

そこで、今後、「マイクロ」という名称のグーグルグループからメールを送信します。

 

メールマガジンとして、約1週間前、約3日前に

勉強会について再度、お知らせいたします。

 

一方、住所などの個人情報は収集いたしません。

 

個人情報保護法は遵守いたします。

 

グーグルカレンダー

 

今後、勉強会の予定は「自衛隊の犯罪を斬る」というヤフーブログで告知するだけでなく、

グーグルカレンダーにも表示いたします。

 

「マイクロ」というグーグルグループに登録したメンバーが、グーグルカレンダーにアクセスできるように設定しています。

 

懇親会

 

勉強会の終了後、懇親会があります。 

懇親会の出席は任意ですので、希望者は懇親会に出席なさってください。

懇親会の会計は100円単位であり、100円未満は切り上げます。

 

懇親会はサイゼリアが第1候補ですが、サイゼリアの予約が取れなかったり、サイゼリアが満席のときには、居酒屋に移動いたします。第2候補は、渋谷ヒカリエ内の店舗又は渋谷マークシティ内の銀座ライオンが候補になります。

 

居酒屋の予算はサイゼリアの予算より遥かに高額になります。

 

最近、懇親会の出席者が増えてきたので、

懇親会の出席希望者は、下記のメールアドレスに連絡お願いいたします。

 
patentcom(at)yahoo.co.jp
 

迷惑メールを防止するために、(at)と表記していますが、

この部分は、アトマーク(aを○で囲ったような形状のマーク)

変更してください。

 

なお、勉強会や懇親会で私の表情などに過度に反応する参加者がいるようですが、このあたりはおおらかに判断するようにお願いいたします。

 

日頃、マイクロ波などの通信、人工知能などの情報科学の専門文献を検討しており、営業、接客のような人間を相手とする仕事をしているわけではないので、営業や接客のプロのように人に接することができるとは限らないのです。

 

氷川区民会館の場所

 

渋谷センター街や渋谷109は、渋谷駅の西側になりますが、

氷川区民会館は、ヒカリエや明治通りと同様に渋谷駅の東側になります。

 

氷川区民会館はJR渋谷駅とJR恵比寿駅の中間ぐらいに位置しており、

氷川神社や国学院大学の近くになります。

 

渋谷駅から歩くときも恵比寿駅から歩くときも

明治通り沿いに歩くことになります。

 

以下、渋谷駅から徒歩で氷川区民会館に移動するときのルートを述べますが、

実は恵比寿駅から歩いた方が近いことを付言します。

 

渋谷駅から徒歩

 

基本的には、明治通り沿いに歩くのですが、

ヒカリエ、渋谷警察署を通りすぎ、サイゼリアを通りすぎ、

更に並木橋交差点を渡ります。

 

すると、明治通りに面して、ライフというスーパーがありますが、

ライフを通りすぎます。

 

東交番前交差点を渡って、明治通り沿いに歩くと

渋谷東二郵便局が見えます。

 

渋谷東二郵便局を通り過ぎて明治通り沿いに歩くと、

目の前にT字路があります。

 

このT字路の角で、現在、高層ビルの建設中です。

 

そして、このT字路を左に曲がります。

 

すると、目の前が氷川区民会館になります。

 

距離としてはT字路の曲がり角から

約10メートルです。

 

建物2階が氷川区民会館になりますが、

1階が渋谷区立氷川保育園になっています。

 

ちなみに、氷川区民会館の向かいには、電気屋さんがあります。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事