自衛隊の犯罪を斬る

防衛省情報本部が自動追跡レーダーからマイクロ波ビームを人体に照射

全体表示

[ リスト ]

デマを正す(2)

電線を使って通信する通信技術があり、電力線通信といいます。

電力線通信については、「電線通信」、「電力線通信」というブログ記事をアップしています。

 

ところが、ある被害者団体は、被害者の無知につけこんで、電力線通信が原因で被害が起きているというデマを流して、あれやこれや画策しているようです。

 

電線が原因で健康被害(どのような健康被害かは省略しますが、感電とか小児白血病ではありません)を受けているという主張は、イルミナティが加害者で健康被害を受けているという主張や火星人のような宇宙人により健康被害を受けているという主張と同様です。

 

電線が健康被害の原因というのは荒唐無稽であり、ありえないのですが、なぜありえないかという説明を真顔で求められると、もうバカバカしくてしかたがない。

 

やはり、被害者団体がデマを流布すると、このデマを鵜呑みにしてデマを拡散する被害者がいるわけであり、もうねずみ講のような詐欺の領域です。

 

一方、マイクロ波聴覚効果は一般に知られている物理現象ではありませんが、多数の科学論文に実験結果が掲載され、再現実験もされているのです。電線が健康被害の原因とか、イルミナティが健康被害の原因とか、宇宙人が健康被害の原因というのと異なって、科学の範疇になります。

 

関連ブログ記事

デマ

真実

 
 

マイクロ波聴覚効果に関する文献

 

1.論文タイトルの和訳:耳によりマイクロ波信号を検知したという観察

論文タイトル:An observation on the detection by theear of

microwave signals

発表雑誌:Proceedings of IRE 44:2A, (1956)

著者:Walter Tolles and William Horvarth

著者の所属:Airborne Instruments Laboratory,

Department of Medical and BiologicalPhysics

概要:出力が50万ワットであり、

周波数が1300メガヘルツであり、

パルス幅が2マイクロ秒であり、かつ、

パルス繰り返し回数が1秒に600回という条件で、

マイクロ波が聞こえた。

備考:雑誌の名称にあるIREとは、ラジオ工学者協会(The Institute of Radio Engineers)の略語であり、ラジオ工学者協会が発行している学会誌である。

Proceedings of IREは、現在、Proceedings of IEEEになっている。

 

2.論文タイトルの和訳:「変調された電磁波エネルギーに対するヒト聴覚系の応答」

Auditory response to pulsed radio frequencyenergy

to human auditory system

Frey, A. H., Journal of Applied Physiology 1962、17(4)689〜692ページ

概要:周波数が425MHz、1.31GHz、2.982GHzのマイクロ波は、パルス波形のとき、音として聞こえた。

備考:論文タイトル中、「変調された電磁波エネルギー」とは、パルス変調されたマイクロ波を意味します。「変調」とは無線通信技術の専門用語であり、音声やデータなどの信号波で搬送波を変化させるという意味で使われています。変調には、振幅変調、周波数変調、パルス変調など様々な変調方式がありますが、フレイ論文はパルス変調に関します。

 

3.論文タイトルの和訳:「パルス化されたUHF電磁波エネルギーの照射によるヒトの知覚」

Science 27 July 1973:
Vol. 181 no. 4097 pp. 356-358
Human Perception of Illumination with
Pulsed Ultrahigh-Frequency Electromagnetic Energy
Allan H. Frey, Rodman Messenger Jr.

概要:UHFとは、300メガヘルツから3000メガヘルツ(3ギガヘルツ)の周波数帯であり、パルス波形のときに、音として聞こえます。この論文は、マイクロ波刺激により聞こえる音の大きさが、パルスのピーク電力に依存することを示した。

 

3.Chung-Kwang Chou, Arthur W. Guy, Robert Galambos,

"Auditory perception of radio-frequencyelectromagnetic fields"

Journal of Acoustic Society of America1982,71(6), June, 1321-1334

 

 「マイクロ波の可聴;マイクロ波パルスによる熱弾性波聴覚刺激の証拠」

Microwave Hearing:Evidence for

Thermoacoustic Auditory StimulationbyPulsed Microwave

Science, 19 July, 1974, Vol. 185, No.4147,pp. 256-258.

Kenneth R. Foster, Edward D. Finch

著者の所属:Naval Medical Research Institute,

National Naval Medical Center,
Bethesda, Maryland 20014
 

 Olsen, Richard G.; Lin, J.C.,

"Microwave-Induced Pressure Waves in MammalianBrains,"

IEEE Transactions on Biomedical Engineering,

vol.BME-30, no.5, pp.289294, May 1983

 

 タイトル和訳:「マイクロ波パルスにより発生する蝸牛のマイクロホン電位」

Chou C, Galambos R, Guy AW, Lovely RH.

Cochlear microphonics generatedbymicrowave pulses

The Journal of Microwave Power,1975,Vol.10(4) , 361-367.

 

 論文タイトル和訳「マイクロ波聴覚効果における中枢神経系が関与している分析」

Eugene M. Taylor, Bonnie T. Ashleman

Analysis of Central Nervous Involvement

in the Microwave Auditory Effect

1974, Brain Research, Vol. 74, pp. 201-208.
 

 論文タイトル和訳「パルス化された電波エネルギーの聴覚応答」

Elder, J.A. and Chou, C.K.,

Auditory response to pulsedradiofrequencyenergy

Bioelectromagnetics, 2003、24: S162S173.

 

9.社団法人 電気学会

高周波電磁界の生体効果に関する計測技術調査専門員会 編集

「電磁界の生体効果と計測」

1995年2月10日

コロナ社出版

この記事に

閉じる コメント(5)

顔アイコン

お久しぶりです。以前に人工知能と誤解された古谷彰浩です。

デマの件に関しては僕も問題視していまして、イルミナティだとか宇宙人説は困るのですが、電線の利用というものに関してはある情報があるんです。

過去にパナウェーブ研究所というところがありまして、いまはHPなども消失してウィキペディアなどに怪しい情報がある程度ですが、ウェブアーカイブに記録が残っていまして、そちらにちょっと興味深いものがあります。

https://web.archive.org/web/20080825230535/http://www.pana-wave.com:80/4/4_ca_00.html

から3つのリンクがあるので参照ください。

ウェブアーカイブで http://www.pana-wave.com/ を検索した結果です。

ご存知ないかと思って、リンク先を掲載しました。

パナウェーブ研究所もUFOなどの情報で撹乱されていますが、技術的には何かがありそうです。UFOなどで自ら撹乱しなければ扱えない情報だったのかもしれません。

それだけですぐに何かがいえるものではない

2017/5/11(木) 午後 10:10 [ lov*_*nd_p*a*e_888 ] 返信する

顔アイコン

(続き)

でしょうけれど、参照ください。

この団体は一時期は情報番組を騒がせていて、ニュースなどでも取り上げられていました。ちょうどうちの近くを通過して、町の商店街を通るときにニュースステーションが報じていて、その後に番組が終了しフルタチステーションが始まっています。ちなみに僕はフルタニです。偶然ではないようです。

環境団体だったのにカンキョウをハンキョウと誤解されたことが利用され、メディアに反共団体というデマも流されていたらしき組織です。

権力の犯罪なのでこういうことがあることは一部のひとしか理解されませんし、統合失調症扱いになるでしょう。

パテントさんも広義では同様の文脈で訴えられていますし、そこに専門的な背景があるのは強みですが、隣接分野における事実が、陰謀めいた言葉で撹乱されていますが技術的なところは検討する価値はあるようです。

迷惑にならないように応援しています。

2017/5/11(木) 午後 10:13 [ lov*_*nd_p*a*e_888 ] 返信する

顔アイコン

> lov*_*nd_p*a*e_888さん

おはようございます。

パナウェーブ研究所のウェブサイトに掲載されていた情報は、どれだけ信ぴょう性があるのでしょうかね。何となく、イルミナティとか、宇宙人とか、電線に起因する電磁波放射と同様ではないでしょうか。

2017/5/12(金) 午前 6:36 [ patentcom ] 返信する

顔アイコン

返事ありがとうございます。

僕にもパナウェーブ研究所の研究のことはよくわかりません。ただ実験をしていて何かがあるくらいの話でしょう。実験で現れたものがスカラー波かは怪しいです。

ただ、コイルを使うことで何らかの電界や磁界が生じて、それが何かの影響があるかもしれないということは分かります。

実験に意義や信憑性があるかは分からないし、正式な実験ではなく評価もできないでしょう。

ただ被害者には被害がある。

音声送信や脳操作など以外にも、かつてソ連が利用したといわれる低周波が人体に影響するということがあるので、そういう被害も想定可能です。電子洗脳という本に、アンドリヤ・プハーリック博士がそれを分析して5〜15ヘルツであること、そういう微弱な磁場が人に影響することを実験で確認したことが記載されています。

7ヘルツ以下は頭痛や吐き気、8〜9ヘルツは幸福感、10ヘルツ以上は怒りという人間への影響があるとのこと。

おそらく関係があるけれどネットでは宇宙人文脈で撹乱されているようなのでタブーのようです。

何かがわかればと思い参考までに記載したのですが迷惑な

2017/5/12(金) 午前 10:35 [ lov*_*nd_p*a*e_888 ] 返信する

顔アイコン

(続き)

(迷惑な)ら忘れてください。

ハッキング被害で、500文字以内なのに、文字が切れています。さっきの投稿でもそうでした。

以前も同様の被害がありましたが、ヤフーがハッキングされているのではないだろうとの見解をパテントさんがされていました。確かにその通りで、おそらくこちらのPCがハッキングされているようです。僕は監視されているので、注意はしたいと思っています。

2017/5/12(金) 午前 10:39 [ lov*_*nd_p*a*e_888 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事