自衛隊の犯罪を斬る

防衛省情報本部が自動追跡レーダーからマイクロ波ビームを人体に照射

全体表示

[ リスト ]

1つ前の記事では、マイクロ波を人間の頭部に照射して、
音声を送信する方式を説明した。

ブランカン米国特許の方式では、音声信号がピークのとき、
パルス波形のマイクロ波を人間の頭部に照射する。

これに対して、音声信号の電位がピークから小さくなって、ゼロになったとき、
パルス波形のマイクロ波を人間の頭部に照射してもよい。

ブランカン米国特許では、音声信号の波形がピーク28、29のときに、
マイクロ波バーストを人間の頭部に発射している。

米国陸軍ウォルター・リード研究所、ジョセフ・シャープ博士が考案した
別個の方式では、下記の図にて、
音声信号の波形がプラスからゼロになったとき、即ち、28a、29aのときに、
マイクロ波パルスを人間の頭部に発射する。




イメージ 1

別個の図面で表記すると、下記のようになる。

イメージ 2


下記の図面の方式は、下記の文献に記載されています。

Microwaves and Behavior by Don Justesen, 
American Psychologist, March 1975, pp. 391-401.

wired という雑誌の2008年5月13日号には、
『米陸軍「脳内で音声を発生させる技術」ウェブページの謎』という
Sharon Weinbergerの記事があります。


この記事には図面が掲載されていたのですが、
現在、その図面が削除されており、
図面の内部に記載されていたテキストが残されている。

音声信号の波形と、パルスが照射するタイミングが記載されている上記の図面は、
wiredの記事から削除された図面の一部です。


音声信号の波形をパルス変調で送信するためには、
音声信号のピークのときに、パルスを発射しても(ブランカン米国特許)、
音声信号のピークより4分の1波長、遅れた電圧0のときに、
パルスを発射してもよいということになります(ジョセフ・シャープ博士の方式)。



この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

>加害者は、スペクトラム拡散という特殊な通信技術を使って、
頭部に照射しているマイクロ波を検出されずらくしています。
スペクトラム拡散には、
周波数ホッピングと直接拡散がありますが、
ここでは直接拡散を意味します。
スペクトラム拡散では、送信データよりも遥かに広い帯域の信号を用い、広い周波数にエネルギーを拡散して通信しています。

いつも拝見させていただいております。
上記記事について質問させてください。
今度マイクロ波測定器(200Mから6500Mまで測定可能なものの購入使用を考えておりますが、記事にあるような工夫をされると測定が出来なくなるものでしょうか。知識

2013/6/30(日) 午後 5:24 [ こんぶ ] 返信する

顔アイコン

マイクロ波測定器として市販されているものでしょうから、この領域にある多数のマイクロ波を合計して、電界強度を表示しているものかもしれません。

10〜30万円で市販されているマイクロ波測定器では、多分、計測できないでしょうね。

2013/6/30(日) 午後 5:45 [ patentcom ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事