自衛隊の犯罪を斬る

防衛省情報本部が自動追跡レーダーからマイクロ波ビームを人体に照射

全体表示

[ リスト ]

テレパシー通信

テレパシー通信では、人間の頭部とコンピューターとが、
マイクロ波で結ばれている。

マイクロ波が直進する性質を利用して、
人間の頭部とコンピュータとの間が、
眼に見えないマイクロ波で通信しているのである。

マイクロ波は2種類、使われており、
脳に脳波信号を送信するマイクロ波と、
脳から脳波信号を送信するマイクロ波とがある。

脳にマイクロ波を送信するとき、
パルス波形のマイクロ波を利用して、
マイクロ波聴覚効果で、音声を伝達できる。

脳には脳波信号を発振する発振器は付いていないのだが、
マイクロ波を頭部に照射して、
マイクロ波が頭部で反射することを利用して、
脳から脳波信号を読み出しているのである。

マイクロ波が頭部で反射するときに、
マイクロ波が脳波信号で変調されている。


イメージ 1


頭部で反射した反射波が、脳から脳波信号を送信している。
この反射波は、受信機12が受信する。

フィードバック送信機28が、脳に脳波信号を送信している。

脳波信号は波形になるのだが、この波形がマイクロ波で送受信されるのである。

例えば、空気の振動である音声は、波形で表現でき、
固定電話でも携帯電話でも、音声に対応する波形が、
電気信号として送受信されている。

テレパシー通信では、脳波信号の波形が電気信号として
送受信されているのである。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事