自衛隊の犯罪を斬る

防衛省情報本部が自動追跡レーダーからマイクロ波ビームを人体に照射

全体表示

[ リスト ]

電磁波犯罪、テクノロジー犯罪では、人間の頭部にマイクロ波を照射する電子機器が犯行に使われます。

どこかの企業が、この電子機器を製造、販売し、
この電子機器を購入した組織が、犯罪を実行しています。

犯行に使われる電子機器を追求すれば、犯人が分かります。

レーダーは第二次世界大戦中に、
敵の戦闘機、敵の戦艦を探知するために戦場で使われました。

第二次世界大戦中にレーダーに使われるマイクロ波が、
人間に聴こえることが分かったのです。

レーダーは軍用品として開発され、その後、民生利用されています。

電磁波犯罪でも軍隊の関与が疑われます。

米国陸軍情報保全隊が、公文書で、マイクロ波を人間の頭部に照射して、
音声として聞こえることを公表しています。

この通信機は軍用品ですよね。

米国陸軍ウォルター・リード研究所が、マイクロ波を人間の頭部に照射して、
音声を伝達する通信機を開発しています。

この通信機は軍用品ですよね。

創価学会が軍用通信機器を購入できるというのは、馬鹿げています。

また、軍用通信機器の横流しを想定するのも馬鹿げています。

潜在的に敵対している国家の軍隊が、日本の軍用通信機器を入手したら、
自衛隊の通信内容が漏洩して、国家安全保障に関わります。

自衛隊警務隊、公安警察が捜査して、横流しされた通信機器を押収するでしょう。

軍用通信機器を購入できる組織は、日本では防衛省に限られます。

防衛省情報本部には、電波部という部門があり、
電波を使ってシグナル・インテリジェンスをしています。


防衛省 情報本部 電波部は、パッシブ・センサー、アクティブ・センサーの双方を担当しています。

パッシブ・センサーは、電波を発射することなく、電波を検知するセンサーということであり、ロシア東部、朝鮮半島などから飛来する電波を傍受します。

アクティブ・センサーは、電波を発射して、電波を検知するセンサーであり、
具体的には、レーダー技術が応用されています。

アクティブ・センサーの一種には、人間の頭部にマイクロ波を照射して、反射波から脳波を検出して、コンピュータで脳波から思考を解読しているのです。

思考盗聴の被害を訴える人がいますが、これは可能です。

結論として、防衛省 情報本部 電波部長が、電磁波犯罪、テクノロジー犯罪の主犯であり、陸上自衛隊調査部調査課が日々、犯罪を実行しているのです。

関連記事

この記事に

閉じる コメント(16)

顔アイコン

陸上自衛隊調査部調査課ですネ。
貴重な情報いつもありがとうございます!! 削除

2013/9/3(火) 午前 4:43 [ ] 返信する

私も決まりきった宗教団体が真犯人だとする主張に首を傾げます。ただしその信者が公務に入りこみ、私物化している可能性はあると思います。
なぜ宗教団体が主犯と言えないか?それはターゲットの周囲が平然とこの現象を受け入れていること、少なくとも周りでは普通にこの所謂『思考盗聴』効果を楽しんでいます。
よく噂にのぼる団体が専らやっているのならば、どうして他団体が口を噤んでいるのか不思議です。
よって国家レベルないし自治体レベルが公務にかこつけて行っているから誰も真犯人を語らない、またはその正体から目を逸らさせる為にその宗教団体をやり玉に上げているように感じられます。

2014/3/22(土) 午後 4:00 [ sut*k*desu*o ] 返信する

顔アイコン

国家補償という名目でテクノロジーを使用しているようですよ。私情で動いている時も多いですね。 削除

2014/3/23(日) 午前 4:04 [ ジェリジェ ] 返信する

顔アイコン

自衛隊は死と隣り合わせの職業だし、隠れ宗教家が多いかも知れません。追われない様に、宗教団体等の責任にしているのでしょう。 削除

2014/3/23(日) 午後 3:56 [ iul*i*ca ] 返信する

顔アイコン

> sup*****さん

超音波と断定していますが、超音波という根拠はあるのでしょうかね?

申し訳ありませんが、空想のたぐいと判断いたします。

2016/6/1(水) 午後 6:46 [ patentcom ] 返信する

顔アイコン

この記事にレーダーに使われるマイクロ波について記述されています。

レーダーにパルス波形のマイクロ波が使われていることは、レーダーに関する専門書に記述されています。例えば、スコルニックのレーダーハンドブックという英語の専門書などが挙げられます。

更に、パルス波形のマイクロ波が聴覚を刺激する現象は、多数の専門文献に記述されています。

2016/6/1(水) 午後 6:50 [ patentcom ] 返信する

顔アイコン

パルス波形のマイクロ波が音として聞こえるという点については、例えば、下記の文献に解説されています。

1.小池誠,“マイクロ波聴覚効果の解説〜電波が聞こえる現象の再発見〜”,
電子情報通信学会研究報告, vol. 116, no. 13, MW2016-8, pp. 39-44, Apr. 2016.
https://www.researchgate.net/publication/302886318_Review_of_microwave_auditory_effect_rediscovery_of_radiofrequency_hearing_phenomenon

2016/6/1(水) 午後 6:51 [ patentcom ] 返信する

顔アイコン

2.小池誠,”マイクロ波聴覚刺激の概説−電波が聞こえるというパラダイムに転換−”
情報処理学会研究報告,vol.2016-MUS-111, no.35, pp.1-7, May 2016.
https://www.researchgate.net/publication/303522275_Tutorial_on_Microwave_Stimulation_to_Induce_Auditory_Perception_Paradigm_Shift_to_Radiofrequency_Hearing

2016/6/1(水) 午後 6:52 [ patentcom ] 返信する

ネコの実験は以前どこかで見かけたな、くらいでした。

私が閲覧したのは以下のウェブになります。
2003年までの海外では、国または軍関係の資金支援によるハイテク開発に余念がなかったようですね。

http://educate-yourself.org/mc/listofmcsymptoms05jun03.shtml

2016/6/2(木) 午後 6:10 [ sut*k*desu*o ] 返信する

顔アイコン

> sut*k*desu*oさん

ご紹介されたウェブサイトにアクセスしたのですが、実に詳細に文献が列記されていますね。これらの文献は信憑性が高く、大変、参考になります。

誠にありがとうございました。

2016/6/3(金) 午前 1:55 [ patentcom ] 返信する

顔アイコン

> sut*k*desu*oさん

ご紹介されたウェブサイトというより、ウェブページにはDefence newsなど信用性が高い文献が列記されているのですが、このウェブサイトの他のウェブページは怪しい情報も混在していますね。

玉石混淆の情報ですと、選別をする必要がありますね。

2016/6/3(金) 午前 2:00 [ patentcom ] 返信する

こんにちは。こちらの記事何回も読ませて頂いております。(正直私には理論は難しいのですが)大変参考になります。こちらの記事を読むよう、他の人にも呼びかけさせて頂いております。この犯罪をなんとか、終わらせたいです。

2016/7/24(日) 午前 9:23 [ him***** ] 返信する

顔アイコン

> him*****さん

そうですね、この犯罪を終わらせる必要がありますね。

やはり真相が明らかになると、犯罪を続けられなくなりますよね。

記事の内容については、もっと簡単に書くようにします。

2016/7/24(日) 午前 11:30 [ patentcom ] 返信する

顔アイコン

私も地道に書き込みとか口伝えで訴えているのですが、ネットなんかを見ても、本当の被害者とかまともな書き込みは、ほとんどが書き込み者や訴えている本当の被害者への圧力やいやがらせや電磁波被害の激化で消えていってると思いますよ。いろいろ検索してみると、2000年代からHPや書き込みあるみたいですが、まともそうなとこは更新が終わってたり、訴えていた人が急にある時期を境に大人しくなったりということが頻繁にあるようです。自分も経験したのでおそらく間違いなく、電磁波や根回しで経済的に追い込んだりして個人単位で潰していってるんだと思います。
統合失調症に関連する書き込みなんかも、明らかに大きな組織的な隠蔽がありますから、そんな簡単にはいかないかもしれませんが、こういう情報を共有できるサイトでもって意見交換しあえるのは望みがありますよね。

2016/7/25(月) 午前 11:34 [ takeodesu2014 ] 返信する

顔アイコン

> takeodesu2014さん

ご指摘の通り、情報を共有したり、意見を交換できるサイトは有用でしょうね。

やはり、色々な隠蔽はあるのでしょう。

2016/7/25(月) 午後 9:02 [ patentcom ] 返信する

顔アイコン

> takeodesu2014さん

「ノイズレーダーと盗聴監視」というブログ記事をアップしたので、ご覧いただければと存じます。

電磁波被害があるのにもかかわらず、被害者に照射されている電磁波を検出できない理由を述べています。

加害者は、ノイズレーダー、別名、ウルトラワイドバンドレーダーを被害者に使っているのです。

2016/7/26(火) 午前 7:51 [ patentcom ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事