自衛隊の犯罪を斬る

防衛省情報本部が自動追跡レーダーからマイクロ波ビームを人体に照射

全体表示

[ リスト ]

IBMが、人間の脳をモデルとするコンピュータ・ハードウェアについて、
発表したというか、機密を解除したのですね。

人間の脳をモデルとするコンピュータ・ソフトウェアは、
人工知能(artificial intelligence)と言います。

人間の脳をモデルとするコンピュータに人間の脳をモデルとするコンピュータ・プログラムを搭載します。

人間の脳をモデルにするコンピュータ・プログラムの一種は、自然言語処理であり、人間がFortranなどのコンピュータ言語を覚えなくても、コンピュータが人間の言葉を処理することができます。

人間の脳をモデルとするコンピュータに、人間の脳をモデルとするコンピュータ・プログラムを搭載した場合、人間とコンピュータが会話することができます。

さて、このブログでは、テレパシー通信は軍事技術として既に開発されており、防衛秘密に指定されていることを繰り返し述べています。

テレパシー通信により人間が対話している相手は、実は、コンピュータであり、特に、人間の脳をモデルとするコンピュータに、人間の脳をモデルにするコンピュータ・プログラムが搭載されているのです。

米国防総省の研究開発部門、DARPAが人工知能について資金を提供していることもあり、テレパシー通信に人工知能が使われていることが判明しています。




IBM、人間の脳を模倣するコンピューティングアーキテクチャを発表

 

 IBMの研究者らが米国時間87日、人間の脳を模倣するまったく新しいコンピューティングアーキテクチャを発表した。

 

 IBM Research7日夜の発表で、脳の大きさや機能、消費エネルギーの少なさを構造の手本とするシリコンチップをプログラミングするために、新しいソフトウェアエコシステムを設計したと述べた。同社はこのブレークスルーについて、知覚や認識、行動における脳の働きを模倣する次世代アプリケーションの支えになるものと期待している。

 

 IBMの研究責任者であるシニアマネージャーのDharmendraModha氏は、声明で次のように述べている。「ニューロシナプティックチップにとってのFortranを開発しようと取り組んでいる。この技術は、現代のコンピュータに足りない部分を補うとともに、まだ開発途上にある新たな学習システムのプログラミングと応用の点で、まったく新しい技術的可能性を生み出すだろう」

 

 正確に言うと、IBMが開発したのは、マルチスレッド化され、大規模な並列処理が可能で、しかも拡張性に優れているというソフトウェアシミュレータであり、同社が思い描いているような、ニューロシナプティックコアのネットワークで構成される認知アーキテクチャをシミュレートする。

 

 同社はさらに、高度にパラメタライズされたスパイキングニューロンモデルも開発した。このモデルは、シンプルかつデジタル的な動作を意図したもので、「脳と同じように計算を行う基本的な情報処理ユニット」を形成し、「幅広い決定論的および確率論的なニューロコンピューティングやコード、行動を支える」という。IBMによると、こうしたネットワークは、多くの「時空間における複合的な環境刺激」を記憶したり感じ取ったりすることが可能で、それに基づいて行動することさえできるという。

 

 IBMの長期的な目標は、消費電力がわずか1キロワットで、容量が2リットル未満でありながら、100億のニューロンと100兆のシナプスを持つコンピュータチップシステムを開発することで、そのために、同社は脳をモデルとしている。

 

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

訴訟が選択肢でしょうね。

要望書は、憲法に規定されている請願に対応するものになるでしょうね。

防衛省は、要望書に対応する法的義務はないかもしれません。

2013/8/10(土) 午後 8:03 [ patentcom ] 返信する

顔アイコン

続きです。

請願の取り扱いは下記の通りです。

請願については、請願法(昭和二十二年法律第十三号)第一条の規定により、別に法律の定める場合は、その法律の規定により処理し、これ以外の場合は、請願法により処理することとなる。

同法による請願については、同法第五条の規定により、当該請願の事項を所管する官公署において、これを受理し、誠実に処理しなければならないこととされている。

請願は、国又は地方公共団体の機関に対して希望を述べることを保障する制度であって、その内容が所管の官公署に伝わることにより、ひとまず請願の目的は達成されるものと解されており、同法は、請願を受理した官公署に対して、請願者にその処理の経過や結果を告知する義務までを負わせるものではないが、個々の官公署の判断により、これらのことを知らせることを妨げるものではない。

2013/8/10(土) 午後 8:04 [ patentcom ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事