自衛隊の犯罪を斬る;マイクロ波聴覚効果及びその関連

https://patentcom.blog.fc2.com/ 弁理士 博士 小池誠;東大卒イリノイ大博士号;

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

ニック・ベキーチ博士が著者の「電子洗脳」という書籍がある[1]。

この書籍では、特殊な電子機器、特にレーダーを応用した電子機器から
人間に指向性電磁波を照射して、
マインド・コントロールが可能である旨を記載している。

第2章から第5章の末尾には、多数の技術文献が引用されており、
荒唐無稽と一蹴されかねないマインド・コントロールに関する技術的主張が、
多数の技術文献により裏付けられており、
実は真実であることが判明するように記述されている。

更に、これらの引用文献には米国防総省が情報公開した文献が
多数、含まれており、マインドコントロールが、軍事技術であり、
武器、兵器の開発と同様に開発されたことが伝わってくる。

そもそも人体に電磁波を照射したとき、健康被害を与える可能性があることは、
明らかなので、このような研究は電波兵器の開発のような軍事利用がメインとなる。


一方、電磁波が人間に作用するメカニズムに関しては、
「人類の未来を左右する電子技術」という第1章に概説されている。

第1章には、技術文献がほとんど引用されていないだけでなく、
技術内容、科学的な知見に疑義がある記述が散見される。

通常、読者は、第1章から読み進んでいくので、
第1章に技術的、科学的な間違いがあると、
第2章以降の内容についても疑いながら読み進めることになる。

第1章が省略されている方が、この書籍の信憑性が遥かに高まる。

共鳴

例えば、日本語訳、21〜22ページには、「共鳴が物理学と化学の橋渡しをする」
というタイトルの下、電磁波を人体に照射するという物理学と、人体内部の化学反応との関係について記述されている。

21ページから22ページに欠けて記載されている内容は、正しい記述もあるのだが、
科学的に信憑性が疑わしい記述もある。

「細胞内で起こるすべての化学反応は、電磁振動、つまり、原子や原子を構成している物質の振動周波数によって決定される」という記述は、不正確であり、
化学反応、生化学反応の専門家は、現代の科学水準では間違っていると
判断する。

細胞内の化学反応は、生化学反応とも言うが、酵素反応であることも多い。

化学反応は、物質Aと物質Bが反応して、物質Cが生成するということである。

細胞内では、通常、この化学反応に酵素が関与しており、

36℃〜37℃という温度で化学反応が進行する。


このような生化学反応は、電磁振動で決定されるものではない。



電磁波の共鳴を強調した場合、人体に照射される電磁波の波長と、

細胞のサイズが合わず、共鳴しないことが判明する。



マイクロ波聴覚効果は、200メガヘルツから6.5ギガヘルツの範囲の周波数の

電波をパルスとして人間の頭部に発射したときに生じる。


200メガヘルツの周波数は、1.5メートルの波長に対応する。

6.5ギガヘルツの周波数は、4.6cmの波長に対応する。



電波と共鳴するアンテナ(棒状又は針金状)は、

波長の1/2、又は、波長の1/4の長さに設定します。


波長の1/2のときには、アンテナは75cmから2.3cmのサイズになります。

波長の1/4のときには、アンテナは、37.5cmから、1.15cmのサイズになります。


一方、人間の細胞は、1マイクロメートル(1mmの1000分の1)から

100マイクロメートル(1mmの10分の1)なので、

マイクロ波聴覚効果は細胞の共鳴と関係がないことが分かります。


また、細胞の内部の化学反応は、細胞より遥かに小さい分子が
単位となっているので、「細胞内で起こるすべての化学反応は、電磁振動、つまり、原子や原子を構成している物質の振動周波数によって決定される」という
記述は間違いでしょう。

電子洗脳の日本語訳、23ページには、「人体細胞は適合する電磁信号をキャッチするチューナー」というタイトルの下で、細胞の内外に存在する有機液晶分子が、
人体に照射された電磁波と共鳴する趣旨の記載がある。

人体細胞が、電磁波を受信するチューナーとして作用しているという主張は疑わしい。

興味深いことに、細胞が電磁波を受信するチューナーとして作用するという主張、
有機液晶分子の関与に関する主張は、技術文献が引用されていない。

この主張は間違っているでしょうね。

なぜ、このような間違いをしたか推測はできます。

薄型テレビの一種は液晶テレビであり、液晶が表示素子に使われている。
液晶がカラーテレビの鮮やかな色彩の源になっている。

液晶にも様々な種類があるのだが、液晶の一種は、コレステリック液晶という。

一方、コレステリック液晶のコレステリックとは、コレステロールの形容詞でもある。

血液検査で、LDL、HDLという項目があるが、何れもコレステロールの値である。
コレステロールの値が高い、低いなどというコレステロールであり、
人間の体内には、血液のみならず、コレステロールは身体の様々な臓器に含まれている。

きっと、ニック・ベキーチ博士は、液晶テレビに使われるコレステリック液晶と人体内部のコレステロールを混同したのでしょう。



臓器と共鳴

これに対して、細胞でなく、人体の臓器が電波と共鳴するという主張は正しい。

人体の臓器が電波と共鳴する性質を利用したとき、頭、眼、乳房、睾丸などの球形に近い特定の臓器を指向性電磁波で選択的に加熱して、その臓器をヤケドさせることなく、その臓器を病気にさせることが可能となります。

例えば、睾丸に腫瘍ができる人がいますが、
睾丸を狙って、指向性電磁波で加熱した結果の可能性があります。

また、マイクロ波聴覚効果を利用した通信システムについてストックリン米国特許4858612号が成立しています。ストックリン米国特許では、人間の頭骨と共鳴する電波の周波数及び波長が選定されることが、図8〜11で示されています。

人間の頭骨は球形ではないのですが、頭骨の形状に対応して、
電波の波長を選定する旨が図8〜図11に記載されています。

マイクロ波聴覚効果は、人間の頭骨をアンテナにしても可能になります。

ちなみに、ストックリン米国特許は、マイクロ波聴覚効果を利用した通信システムにおいて、マイクに入力した人間の音声が人間の頭部で歪なく忠実に再現されるしくみ、即ち、フィルターバンクに重点があります。


脚注

[1] 著者:ニック・ベキーチ博士
訳者:内田智穂子
書名:「電子洗脳」
副題:「あなたの脳も攻撃されている」
出版社:成甲書房
初版:2011年7月




[2] ストックリン米国特許については下記の記事を参照ください。



開く コメント(1)

開く トラックバック(0)

可聴性電波

テレビ、ラジオ、携帯電話の電波は、人間が直接、聞くことができません。

テレビ、ラジオ、携帯電話が電波を受信して、音声に変換します。

そこで、世間の常識では、電波は直接、人間が聞くことができないとされています。

しかし、この常識は間違っています。

レーダー、特に、高出力レーダーに使われる電波は、
人間が直接、聞くことができます。

正確には、200メガヘルツから6.5ギガヘルツ(6500メガヘルツと同じ)の周波数の電波をパルスとして人間の頭部に発射したとき、
ザーザー、カチカチ、シューシュー、ポンポンなど様々な音として聞こえます[1]。

この現象をマイクロ波の可聴、又は、マイクロ波聴覚効果といい、
1962年に米国コーネル大学アラン・フレイ教授が応用生理学ジャーナルという
学術論文に発表しています[2]。

パルス波形のマイクロ波は珍しく、
レーダーに使われるぐらいです。

ちなみに、ラジオ、テレビ、アマチュア無線、タクシー無線などに
使われる電波の波形は、
パルスでなく、サイン波(高校の数学で習った三角関数、サインの波形)です。

波形がサイン波のマイクロ波はマイクロ波聴覚効果を示しません。




学術論文とは、大学教授が学生に指示をして大学の実験室などで行った
実験結果をまとめた論文です。

専門分野の学者が事前に学術論文を審査し、
この審査を通過して、初めて専門雑誌に学術論文が掲載されます。

上述の応用生理学ジャーナルの場合、
生理学の学会に所属する専門家が
事前にコーネル大学フレイ教授の論文を審査して、
審査を通過した後、応用生理学ジャーナルに掲載されたということです。

嘘、いつわり、捏造した実験結果などがあるときには、
専門雑誌に掲載されません。


企業の研究開発部門の研究者も学術論文を投稿することができます。

しかし、企業の利益に直接、結びつかない基礎研究が
学術論文になるので、通常、企業の研究者、
特に日本企業の研究者は基礎研究を省略しています。

米国企業は日本企業より基礎研究に熱心であり、
これに伴って、学術論文を投稿することが多いという特徴があります。

米国企業、例えば、ATT、IBMの会社員のノーベル賞受賞者の数は、
日本企業の会社員のノーベル賞受賞者の数より遥かに多く、
これは学術論文により評価される学問上の業績のためです。

日本企業は、大学院で修士号を取得した理工系の学生を採用するのですが、
この程度の経験では、基礎研究を遂行するという研究者の実力に欠けていることが多いのが実情です。

例えば、発電所の内部の発電機、ラジオ、
白黒テレビ、カラーテレビ、薄型テレビ、固定電話、携帯電話、
コンピュータ、インターネット、レーダー、
電車、自動車、飛行機などの製品は、
どれも外国で最初に発明されており、

日本が発祥となった製品はありません。


日本企業はこれらの製品を改良したり、

大量生産してコストダウンしただけに過ぎません。



日本は基礎研究を疎かにしているので、

何もないところから画期的な新製品を開発する実力がないのです。




さて、話題を可聴性電波に戻しますが、

可聴性電波があるということは極めて意外性があるので、

1970年頃からフレイ教授以外の研究グループが再現実験を行い、

マイクロ波聴覚効果を確認しています[3]。


これらの再現実験の積み重ねが評価され、

世界保健機構(WHO)が、レーダーの潜在的な健康リスクを一般に知らしめるため、

1999年6月に作成された「レーダーと人の健康」という文献に、

マイクロ波聴覚効果を明記しています[1]。


このように可聴性電波があるということは確立されている物理現象です。


大学教授などの学者が、可聴性電波の基本的性質を調べたり、確認する一方、

企業の研究者は、可聴性電波を応用して、画期的な電子機器を開発して、

利益を追求します。


この可聴性電波を利用する特殊な通信機器が開発されており、
この送信機は、人間の頭部に直接、音声を送信することができます[4]。

可聴性電波があれば、この可聴性電波を利用して、

人間の頭部に直接、音声を送信することができるのは、

通信技術の専門家にとっては自明のことですが、

通信技術の専門家以外にはなぜ自明か分からないようです。


基本的には、レーダー用送信機にマイクを接続しており、
送信機がパルスを発射するタイミングを制御しているのです。

また、レーダーを応用して、人間の頭部にパルスが
常に命中するように工夫されています。

自動制御レーダー技術を応用して、人間が動いていても、頭部、側頭葉にマイクロ波パルスを照射します。

ちなみに、ラジオ、テレビ、携帯電話では、サイン波形の連続波を搬送波として、音声信号、映像信号を搬送波に乗せています。

マイクロ波聴覚効果を利用した通信システムでは、マイクロ波を搬送波として、音声信号でパルス変調するのです。

医者は、通信技術の専門家ではありません。

テレビ、ラジオ、携帯電話などがどのように電波を利用して、

通信をしているかは、医者にはさっぱり分かりません。


同様に、日本の医学界は、マイクロ波聴覚効果、可聴性電波を利用して、

どのように人間の頭部と通信しているかなど、一切、分からないのです。


マイクロ波聴覚効果は生理学の分野なので、

これぐらいは医師として知っていて欲しいのですが、

医師がマイクロ波聴覚効果すら知らないのです。


しかもマイクロ波聴覚効果について、

米国コーネル大学フレイ教授が論文発表して、

既に50年、経過しています。


日本の医学界は50年前に発見された生理学上の大発見を知らないのですから、

日本の医学界の医学水準が低いことを露呈しています。


この記事の続編は下記にあります。



脚注

[1] 1999年6月
世界保健機構(WHO)
電磁波と公衆衛生「レーダーと人の健康」、4ページ

この文献については、
「レーダーと人の健康:レーダーで幻覚を発生する生理機構」
という記事で解説しています。



[2] 「変調された電磁波エネルギーに対するヒト聴覚系の応答」

Allan Frey, J. Applied Physiology, 17:689-692, 1962

この文献の詳細は下記の記事になります。

フレイ教授は、サイエンスに下記の論文も投稿しています。

300メガヘルツから3000メガヘルツ、波長10cmから1メートルの電波(UHF)をパルス波形で人間の頭部に照射すると、聴覚を刺激することを示しています。

Science 27 July 1973:
Vol. 181 no. 4097 pp. 356-358
Human Perception of Illumination with 
PulsedUltrahigh-Frequency Electromagnetic Energy
Allan H. Frey, Rodman Messenger Jr.


[3] 

(3a) Taylor EM, Ashleman BT 
"Analysis of Central Nervous System Involvement in the Microwave Auditory Effect"
 Brain Research 74:201-208; 1974

E.M.テイラー、B.T.アシュルマン、
「マイクロ波聴覚効果における中枢神経系の関与」、
脳研究、74:201−208、1974


(3b)  「マイクロ波パルスにより発生する蝸牛のマイクロホン電位」
”Cochlear microphonics generated by microwave pulses”
 
Chou C, Galambos R, Guy AW, Lovely RH
 
 The Journal of Microwave Power [1975, 10(4):361-7]


マイクロ波聴覚効果と蝸牛」という記事がこの論文を紹介します。


(3c)  「マイクロ波の可聴;マイクロ波パルスによる熱弾性波聴覚刺激の証拠」

Science 19 July 1974:
Vol. 185 no. 4147 pp. 256-258
 
"Microwave Hearing: Evidence for Thermoacoustic Auditory Stimulation
by Pulsed Microwaves"
 
Kenneth R. Foster and Edward D. Finch
Naval Medical Research Institute,
National Naval Medical Center,
Bethesda, Maryland 20014

米国海軍が作成した上記論文は、下記の記事で紹介されています。
 

[4] Microwaves and Behavior by Don Justesen, 
American Psychologist, March 1975, pp. 391-401.



[5] 防衛省 技術研究本部 先進技術推進センターは、
「技本判ifの世界(先進技術が開く新たな戦い方)」という文書、
15ページで、
テレパシー装置を開発したことに言及している。
 
この文書は、防衛省の下記サイトで全世界に公表されている。
 


この文書は「テレパシーと防衛省」という記事で紹介されている。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

【11月2日 AFP】かねてから批判にさらされている中国の「一人っ子政策」は2015年までに廃止すべきと提言した報告書を、中国政府に強い影響力を持つシンクタンク「中国発展研究基金会(CDRF)」が発表した。国営新華社(Xinhua)通信が10月30日伝えた。

 報告書は、世界最大の人口を誇る中国にも高齢化が経済および社会的な大きな問題となって忍び寄っており、人口学上の「時限爆弾」を作り出している一人っ子政策は最終的には廃止する必要があるとしている。さらに、一人っ子政策により男女の人口比率に偏りが出ているとも指摘した。

 新華社通信によると、報告書は「中国は一人っ子政策に莫大な政治的・社会的コストを投じてきた結果、社会対立や行政経費の増加させ、間接的にも長期的にみた男女比の不均衡を生んでいる」と指摘。2015年までに全国で1家庭がもうける子どもの数を2人まで許可するよう規制を緩和し、2020年までには家族計画に関する規制を全廃すべきだと提言している。(c)AFP



日本は、中国と異なって、一人っ子政策は採用していない。

しかし、日本でも、一人っ子の家庭は増えており、
最近は子供がいない家庭も珍しくない。

偶然だろうが、不思議である。




開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

困った顔

「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。

【11月3日 AFP】ブラジル最大の人口を抱えるサンパウロ(Sao Paulo)州では殺人事件の発生率が増加を続けており、住民の間に動揺が広がっている。

 サンパウロ州では今年に入ってから100人近くの警察官が殺害されている。1日夜から2日未明にかけては警官1人を含む少なくとも11人が殺害された。ブラジルのテレビ局グロボ(Globo)のウェブサイト「G1」によると死亡した警官は、オートバイ強盗に遭い、射殺されたという。

 ジルマ・ルセフ(Dilma Rousseff)大統領は1日、同州のジェラルド・アルキミン(Geraldo Alckmin)州知事と会談し、急増する犯罪への対策を協議した。

 貧困街パライゾポリス(Paraisopolis)とその周辺地域では前月29日、警察当局が新たに立ち上げた「集中作戦」により約600人の警察官が派遣された。圧倒的な警察力を誇示し凶悪犯罪を抑止するのが目的だ。警察は同作戦でこれまでに25人を逮捕し、大量の麻薬や武器を押収した。(c)AFP



通常は、ギャングが警官を殺害したと考えるのでしょうね。

1月から10月までで約100人の警官が殺害されており、
一か月で10人のペースです。

これだけ大量に継続して警官を殺害できる組織は軍隊でしょうね。

他国のゲリラ部隊がブラジルに潜入して、ブラジルの治安を混乱させたいのかもしれません。





開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事