自衛隊の犯罪を斬る

防衛省情報本部が自動追跡レーダーからマイクロ波ビームを人体に照射

自衛隊テロ疑惑

[ リスト | 詳細 ]

自衛隊の諜報機関、工作員、秘密工作、テロ活動は秘密にされているのに過ぎません。非合法活動を公表するわけがありません。
記事検索
検索

全36ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

報道によると、俳優の坂口憲二さんが特発性大腿骨頭壊死症のため芸能活動を休止しました。

 

日頃テレビを見ないこともあり坂口憲二という名前を聞いても、「どこかで聞いたことがあるけど誰だっけ」という感じなのですが、ニュースの報道スタイルは、坂口憲二さんが大変、有名な芸能人であることを前提としているので、坂口憲二さんや特発性大腿骨頭壊死症について簡単に調べてみました。

 

ネット検索すると、坂口憲二さんはテレビドラマで活躍している有名な俳優さんということがすぐに分かりました。

 

次に坂口憲二さんがどのような役を演じたかを調べると、もしかしてもしかして、防衛省情報本部がビーム兵器からビームを照射した結果、坂口憲二さんが特発性大腿骨頭壊死症を発症したのかもしれません。電磁波兵器の詳細については、「電磁波兵器電磁波攻撃」というブログ記事を参照ください。

 
イメージ 1

このような陰謀があったか否か真実は分からないのですが、以下、この疑惑についてまとめます。

 

坂口憲二さんは、テレビドラマ『医龍』で外科医を演じているのですが、外科医は背中に龍の形状をしたヤケドの痕があり、テレビドラマでこの龍の痕を放映しています。

 

背中の龍は入れ墨にも見えるのですが、当局は、テレビドラマを通じて龍の入れ墨を宣伝するのがケシカランと判断したのではないでしょうか。テレビドラマ「医龍」では入れ墨でなく、ヤケドの痕ということになっているのですが、背中をヤケドしたときに偶然、龍の形状になったというのはにわかに信じがたく、ヤケドでなく入れ墨と認定したのではないでしょうか。

 

坂口憲二さんが反社会的勢力を演じたのは、今回が初めてでなく、20004月から6月までTBS系列で放送された『池袋ウエストゲートパーク』では、池袋のカラーギャングの1人としてドーベルマンのような凶暴な役を演じています。

 

また、坂口憲二さんは、2003年に製作されたヤクザ映画『新仁義なき戦い謀殺』にも出演しています。

 

やはり、反社会的勢力を演じる俳優さんや反社会的勢力を連想させる(?)ドラマが人気になると、反社会的勢力の宣伝になって反社会的勢力が拡大する懸念もあり、治安維持を担当する当局としては決して望ましいものではありません。

 

最近、放送法を改正すべきという議論がされていますが、政治に関するテレビ放送のみが問題とされているのでなく、公共の秩序や公序良俗を害するようなテレビ放送も取り締まりたいのです。

 

そこで、防衛省情報本部が、電磁波兵器から電磁波ビームを坂口憲二さんの大腿骨頭に照射して、大腿骨頭を壊死させて、特発性大腿骨頭壊死症を発症させたのではないだろうか。

 

電磁波ビームに用いられる電磁波の波長は、大腿骨頭と共鳴する波長に設定するとともに、1本の電磁波ビームを照射するのでなく、多数の電磁波ビームを大腿骨頭に照射したのではないだろうか。

 

一本の電磁波ビームでなく、多数の電磁波ビームに分散させることにより、個々の電磁波ビームの電磁波エネルギーが小さくなって検出が難しくなります。

 

また、電磁波ビームが大腿骨頭の共鳴周波数である場合、電磁波エネルギーが大腿骨頭に吸収される割合が顕著に高くなり、微弱な電磁波ビームであっても威力を発揮します。

 

特発性大腿骨頭壊死症は発症するまでに時間がかかるので、悪役を演じたことを反省する機会を与えたのかもしれません。即ち、反社会的勢力という悪役と現実とのギャップなどに関する文章を執筆したり、このたぐいのなにかを暗に求めたのかもしれません。

 

なお、このような陰謀があったと断定する趣旨ではありませんが、このような陰謀がありえないと断定するものでもありません。

 

ところで、精神医学は迫害妄想という症状を作出して、国家が陰謀を実行しないと断定しているのと等しいのですが、国家が国民を一切、迫害しないという理想の国家が古今東西、実現したことがあるのでしょうか。

 

医学部教育は専門的な医学知識について講義いたしますが、憲法などの法律や法哲学に関する講義をするものでなく、国家とか統治機構に関する知識が欠如しているのに過ぎないのです。

 

憲法や法哲学は、国家は国民を迫害したり、様々な悪事を実行するという歴史の教訓に基づいて、国家性悪説を基調としています。そして、国家の悪事を防止すべく、国家の活動に制限を加える法理論を展開しており、その集大成が人権や基本的権利になります。

 

関連ブログ記事

電磁波兵器電磁波攻撃

 

文献

1 芸能活動休止、坂口憲二さんの難病「特発性大腿骨頭壊死症」とは?

働き盛りの年代が発症しやすいと指摘されている。

錦光山 雅子 ハフィントンポスト

20180401

この記事に

開く コメント(1)

開く トラックバック(0)

森友学園問題で自殺者

大阪市の森友学園に国有地を売却する交渉を担当した財務省近畿財務局の男性職員が、神戸市内の自宅で自殺したことを39日に捜査関係者が明らかにしました(文献)。37日に夕方に遺体が自宅で発見されていたそうです。

 

森友学園問題では、連日、国会で野党が安倍首相に対して国有地売却について追及していますし、大阪地検特捜部が背任容疑の告発、文書管理をめぐる公用文書等毀棄容疑の告発も受理しています。

 

このような状況に鑑みて、今回の自殺は怪しさが付きまといます。

 

以下、実戦スパイ技術ハンドブックという書籍より引用します。

 

暗殺

 

多くの場合、一般市民は暗殺が行われたことに気づかず、

犠牲者は事故死か自然死だと信じ込まされている。

事実、暗殺か自殺かを区別するのがむずかしい場合もある。

政府が自殺だと説明すれば、ほかの可能性を示す証拠は存在せず、

従って、それは自殺となる。(219ページから引用)

 

暗殺までの過程

 

暗殺までの過程はいたって単純である。

まず情報機関の幹部が、

ある特定の人物もしくは複数の人物の処分が

あきらかに妥当だと判断することから始まる。

こうして暗殺の決定が下されると、

プロジェクトはその任務にふさわしい組織にゆだねられる。

暗殺実行の責任者は、計画を立て、

人を組織し、指令を実行する。(221ページから引用)

 

引用終了

 

タイトル:実戦スパイ技術ハンドブック

原題:The Spycraft Manual

The Insider’s Manual to Espionage Technique

著者 バリー・ディヴィス(Barry Davies)

リチャード・トムリンスン(Richard Tomlinson)

翻訳者 伊藤綺

原書房

2007年9月25日

 

バリー・ディビスは、イギリス陸軍特殊空挺部隊(SAS)に18年、勤務した。

SASサバイバル・マニュアル』の著者でもある。

 

リチャード・トムリンスンは、イギリスMI6の元諜報部員。

この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

国家テロとマスコミ

最近、首相が朝日新聞を繰り返し批判している(文献1)。

 

そのうちに朝日新聞に勤務するサラリーマンに何かが起きるかもしれない。

 

首相は自衛隊の最高司令官であるが、上司の言動に基づいて部下が気を利かせるのかもしれないし、上司が部下に命令するのかもしれない。

 

ところで、中曾根康弘元首相が1985815日に靖国神社公式参拝を実現させた後、赤報隊事件が起き、更に198753日に朝日新聞阪神支局襲撃事件が起きている。

 

日本では殺人事件の約9割が解決するのにもかかわらず、この襲撃事件は迷宮入り。公安警察は政治動向を日頃から探るスパイ活動をしているのにもかかわらず、犯人を検挙できなかった。更に、日本国内で銃の流通は厳しく統制されており、銃の所持は届出が義務となっているのに迷宮入り。

 

迷宮入りは不思議といえば不思議であるが、警察がテロを黙認して検挙しなかったのに過ぎない。

 

自衛隊がテロを実行したとき、テロを実行したと認めず、プロパガンダとして嘘を流布してごまかす一方、詳細は特定秘密保護法で秘密。

 

それにしても国家テロは恐ろしい。

 

文献

1 <首相>止まらぬ朝日「口撃」 間違い、哀れ…持論展開

青島顕、川名壮志、毎日新聞、2018220

この記事に

開く コメント(1)

開く トラックバック(0)

有賀さつき暗殺疑惑

アナウンサーの有賀さつきさんが52才の若さで亡くなったが、かつらを着用していたことなどから死因はガンと推測されている。

 

ところで、対人レーダーからX線ビームを人間に照射すると、ガンを誘発することができる。

 

軍用レーダーにマイクロ波発振器としてクライストロンが使われているのだが、クライストロンから高出力マイクロ波を発生させると、マイクロ波だけでなく、X線も同時に発生することが判明している(文献1、2)。

 

マイクロ波発振器としては、電子レンジに使われているマグネトロンが有名であるが、クライストロンはマグネトロンより遥かに出力の高いマイクロ波を発生させることができる。軍用レーダーではマグネトロンでは出力が足りないので、クライストロンなどが用いられている。

 

軍用レーダーからマイクロ波及びX線を同時に有賀さつきさんに照射すると、ガンを発症することになる。

 

有賀さつきさんは、フジテレビからフリーアナウンサーとして他局に移籍したり、離婚したり、元夫に対して問題発言しています。日本女性の伝統的な枠組みから逸脱していたので、伝統を重視する保守派が攻撃したのではないでしょうか。

 

ちなみに、パキスタンでは、女性が学校に行くのはパキスタンの伝統に反するとして、軍隊が女子生徒を襲撃しています。2014年にノーベル平和賞を受賞したマララさんは銃撃で瀕死の重症を負っています。

 

有賀さつきさんは、銃弾の代わりに、対人レーダーからX線ビームが発射されただけでしょう。

 

ブログ記事

有賀さつき死去

精神工学兵器女子アナ自殺

早稲田大学教授暗殺疑惑

国家性悪説

日本がテロ国家に変わる日

サッカー元日本代表、奥大介さん事故死;暗殺疑惑

隠れたテロ国家:日本(1) 

隠れたテロ国家:日本(2) 朝日新聞阪神支局襲撃事件

隠れたテロ国家:日本(3) 餃子の王将社長殺人事件 

隠れたテロ国家:日本(4) 暗殺の手法 

隠れたテロ国家:日本(5) 暗殺の手法の続き

隠れたテロ国家:日本(6)交通事故を誘発する暗殺

隠れたテロ国家:日本(7)白血病を誘発する暗殺

隠れたテロ国家:日本(8)ガンを誘発する暗殺

特殊部隊と暗殺

元プロ野球選手、木村拓哉氏の暗殺疑惑 

レーダーとクモ膜下出血

 

文献

1 Lehman RL., X-ray Measurements nearHigh-Power Klystrons.

Science. vol. 169, no. 3940, pp. 52-54,July 1970

 

2 Schirmer, A. "Emission of parasiticX-rays from military radar transmitters and exposure of personnel: Towards aretrospective assessment." Proc. 2nd European IRPA Cong. RadiationProtection (2006).

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

有賀さつき死去

報道によると、有賀さつきさんが52才で20181月に亡くなったとのこと。

 

死因は公表されていない。

 

有賀さつきさんは1988年にフジテレビに入社して、女子アナブームの先駆けとなった。

 

ところで、トピックが突然、変わるのだが、日本の伝統、日本の文化を守るというのは、どのような意味を内包するのだろうか。

 

欧米文化が日本に普及するのは、日本に対する侵略の一種であり、悪と価値判断されるのではないだろうか。

 

日本の伝統、日本の文化を守るべく、日本の伝統、日本の文化を破壊する侵略者に対して攻撃を仕掛ける場合、攻撃が露顕しないような秘密兵器が使われるとともに、秘密裡に情報機関が暗躍すると推測される。

 

日本の伝統、日本文化を破壊する侵略者の全員に対して攻撃すると、犠牲者が多くなりすぎるので、特に目立つ一人を犠牲にして、一罰百戒にするのではないでしょうか。

 

以下、実戦スパイ技術ハンドブックという書籍より引用します。

 

暗殺

 

多くの場合、一般市民は暗殺が行われたことに気づかず、

犠牲者は事故死か自然死だと信じ込まされている。

事実、暗殺か自殺かを区別するのがむずかしい場合もある。

政府が自殺だと説明すれば、ほかの可能性を示す証拠は存在せず、

従って、それは自殺となる。(219ページから引用)

 

暗殺までの過程

 

暗殺までの過程はいたって単純である。

まず情報機関の幹部が、

ある特定の人物もしくは複数の人物の処分が

あきらかに妥当だと判断することから始まる。

こうして暗殺の決定が下されると、

プロジェクトはその任務にふさわしい組織にゆだねられる。

暗殺実行の責任者は、計画を立て、

人を組織し、指令を実行する。(221ページから引用)

 

引用終了

 

タイトル:実戦スパイ技術ハンドブック

原題:The Spycraft Manual 

The Insider’s Manual to Espionage Technique

著者 バリー・ディヴィス(Barry Davies)

リチャード・トムリンスン(Richard Tomlinson)

翻訳者 伊藤綺

原書房

2007年9月25日

 

バリー・ディビスは、イギリス陸軍特殊空挺部隊(SAS)に18年、勤務した。

SASサバイバル・マニュアル』の著者でもある。

 

リチャード・トムリンスンは、イギリスMI6の元諜報部員。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全36ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事