自衛隊の犯罪を斬る;マイクロ波聴覚効果及びその関連

https://patentcom.blog.fc2.com/ 弁理士 博士 小池誠;東大卒イリノイ大博士号;

テレパシー装置

[ リスト | 詳細 ]

米国陸軍、米国海軍、米国空軍、及び、防衛省技術研究本部が、テレパシー装置について機密を解除しました。通信技術について画期的な大発明です。

機密を解除しても、一般社会はテレパシーについて信じていません。

防衛省情報本部及び自衛隊情報科のスパイが、テレパシー装置を使って、国民の心を読むという非合法なスパイ活動をしているので、
テレパシー装置は永年に渡って秘密にされていました。

テレパシー装置が技術的に可能であることを解説します。

テレパシー装置の送信器から、指向性マイクロ波パルスを人間の頭部に発射して、マイクロ波聴覚効果により、頭部で音声を伝達します。

人間の頭部で反射したマイクロ波パルスから脳波を検出します。
ニューラル・ネットワーク・コンピュータで脳波から思考を解読します。

東芝、NECがテレパシー装置を製造し、防衛省に納品しています。
記事検索
検索

全19ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

目次:テレパシー記事

1.マイクロ波の可聴

ラジオ、テレビ、携帯電話の電波は、人間が直接、聞くことができません。

ラジオ、テレビ、携帯電話が電波を受信して、音声に変換します。

そこで、世間の常識では、電波は直接、人間が聞くことができないとされています。

しかし、この常識は間違っています。

マイクロ波は一定の条件で聞こえます。

例えば、レーダーにはパルス波形のマイクロ波が使われており、
人間が直接、聞くことができます。

要するに、マイクロ波はパルス波形のとき、音として聞こえるのです。

マイクロ波パルスが頭部に照射されたとき、

頭部を媒質とする音響波に変換します。
 

この音響波が内耳の蝸牛に伝わり、

内耳の蝸牛が電気信号に変換します。


通常の音、声は、空気を媒質とする音響波であり、

この音響波が鼓膜、微小骨を経由して、内耳の蝸牛に伝わります。

説明されています。

1962年、米国コーネル大学電磁気学アラン・フレイ教授が、
マイクロ波パルスの可聴性について最初の論文を発表しています。
この論文は下記の記事で紹介されています。



電波の一種であるマイクロ波が、人間に聞こえる原理は、
などの記事で解説しています。

「レーダーと人の健康」とは、
世界保健機構が1999年6月に作成した公文書です。

マイクロ波聴覚効果の生理機構は、
下記に紹介する2件の学術論文などを通じて、
解明されています。
 

マイクロ波聴覚効果と蝸牛」という記事も論文を紹介します。




2.テレパシー装置について

テレパシー通信は、
音声信号でパルス変調されたマイクロ波通信であり、
人間の頭部に指向性マイクロ波をビームとして照射します。
 
マイクロ波は、パルス波形のとき、音として聴こえるので、
この性質をテレパシー通信に利用します。
 
(1) 機密解除

米軍がテレパシー装置を機密解除したので、
テレパシー装置があると断言できます。

「テレパシー装置の機密解除」


(2) テレパシーの概要

人間の頭部に音声を送信するときには、
200メガヘルツから10ギガヘルツの電波を搬送波として、
パルス、及び、音声信号で変調します。

テレパシー通信の概要に記事のリンクとともにまとめられています。

「テレパシー装置の概説」という下記リンクもコンパクトにまとめられています。


「超能力 テレパシー」


「ネコでも分かるテレパシー」


「テレパシー装置のしくみ;理論と装置」


「テレパシー装置の開発の経緯」


「人工テレパシー」(ペンタゴンがテレパシー装置を開発した経緯)


3.テレパシー装置のしくみ

(1)テレパシー装置のしくみ

テレパシー装置のしくみがコンパクトに記載されています。

(2)音声送信のしくみ

テレパシー装置の送信機は、人間の頭部に直接、音声を送信できます。

下記の5件の記事で、可聴性電波を利用した音声送信装置のしくみ、
即ち、テレパシー装置の部品について、詳細に記載されています。

「レーダーのしくみ part 1」


「対人レーダーにマイクを接続して音声送信 part 2」
 
「対人レーダーの応用;マイクロ波で脳内に音声を発生させるしくみ:
ストックリン特許 part 3」

「マイクロ波で脳内に音を発生させる装置のしくみ
:ストックリン特許 part 4」

「マイクロ波で脳内に音を発生させる装置のしくみ:
ストックリン特許 part 5」


(3)音声送信のしくみ(米国空軍方式)

可聴性電波を利用した音声送信装置については
米国空軍が2件の米国特許を取得しており、
下記の記事でそのしくみが詳細に説明されています。

「脳に直接、音声を送信する通信装置の米国空軍特許 part 0」


「脳に直接、音声を送信する通信装置の米国空軍特許 part 1」

「脳に直接、音声を送信する通信装置の米国空軍特許 part 2」

「脳に直接、音声を送信する通信装置の米国空軍特許 part 3」

「脳に直接、音声を送信する通信装置の米国空軍特許 part 4


(4)音声送信のしくみは、


(5)実際に配備されているテレパシー通信システム

「米軍のテレパシー通信システム」

米国海軍が発注したテレパシー装置、MEDUSAは下記の記事です。

(6)関連事項

「知っている人の声が聞こえる!国家犯罪のからくり」


4.東芝の脳波計測装置

東芝の脳波計測装置は、レーダー技術を応用しており、
 パルス波形のマイクロ波を頭部に送信する送信機、
 マイクロ波が頭部で反射した反射波を検出する受信機、及び、
 コンピュータが組み込まれています。

東芝の装置は、米国特許3951134号のテレパシー装置の
主要部について改良しているのです。

「テレパシー装置の主要部分の東芝特許」

「テレパシー装置の東芝特許part 1」

「テレパシー装置の東芝特許part 2」


「合成音声;東芝製テレパシー装置が発する音声」


「東芝製テレパシー装置の付属機器;マインドチューン」


東芝は防衛省に製品を納品しています!

テレパシー装置も納品しているのでしょうね。


5.思考解読など

ニューラル・ネットワーク・コンピュータを使って、
脳波から思考を解読します。

脳波を改変して、マインド・コントロールする装置や
テレパシー装置に搭載されるコンピュータは、
下記の記事で解説しています。

心を読む装置に搭載するニューラル・ネットワーク・コンピュータについては、
下記の記事です。


テレパシー装置に搭載するコンピュータは下記の記事です。


脳波を改変するマインド・コントロール兵器に搭載する
脳波フィードバック用コンピュータは下記の記事。



6.防衛省がテレパシー装置を配備した事実

(1) 防衛省がテレパシーについて機密解除した文献を説明しています。

「テレパシーと防衛省」

(2) 防衛省が実際に配備している通信網について記載します。

「防衛統合デジタル通信網(IDDN);テレパシー疑惑」


「防衛省、自衛隊の通信網と電波兵器」


「防衛省の通信衛星」


テレパシー装置、国家犯罪を隠蔽する防衛秘密、統合失調症」



(3) 防衛省しかテレパシー装置を購入できないことは、
下記の記事にあります。

「兵器移転ルール;武器貿易条約;非殺傷性兵器」

「防衛省とテレパシー犯罪」



「防衛省スパイ組織の国家犯罪」


7.自衛隊スパイ部隊がテレパシー装置を担当している事実

防衛省情報本部は陸上自衛隊幕僚監部調査部調査課、
中央情報隊、自衛隊情報科、情報保全隊などを管轄しており、
これらの部隊がテレパシー装置を使う実行犯である。

自衛隊元スパイの自伝によると、
陸上自衛隊小平学校がスパイ養成機関であり、
その卒業生の誰かが実行犯である。

自衛隊情報科の組織犯罪」で、自衛隊の関与が説明されている。

「自衛隊のスパイとNECのテレパシー装置」

「自衛隊の犯罪部門」

「自衛隊の犯罪部門と心理情報戦」

自衛隊の元スパイ、阿尾博政の自伝
「自衛隊秘密諜報機関 青桐の戦士と呼ばれて」
という書籍(証拠)を紹介している。




「電磁波犯罪の被疑者」

「電磁波犯罪の被疑者」

「自衛隊の秘密テロ活動」;電磁波を発射して、家電製品などを破壊する活動

「幻聴と自衛隊の関係」

8.被害者がマイクロ波を照射されている事実

「マイクロ波の計測と電磁波被害の解決」(友達限定記事)


転載元転載元: 自衛隊の犯罪を斬る;マイクロ波聴覚効果及びその関連

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

世の中には、何もないところから声を聞いたことがあったり、声と会話する人もいるのですが、今回はそのような不思議な声について。

キリスト教では、神の声を聴いたという宗教体験、神秘体験が語られることがあります。祈りは神に対して語りかけるものですが、神が祈りに応えたという宗教体験もあります。

例えば、マザーテレサは、列車の中で神の声を聞いたことがきっかけとなって、カルカッタで貧しい人に仕えるという使命に目覚め、その功績が認められてノーベル平和賞を受賞しました。

キリスト教はことばを大事にしており、聖書は神のことばをまとめたものとされています。ヨハネの福音書は、『初めにことばがあった。ことばは神とともにあった。ことばは神であった』と始まっています。


神と対極にあるのが、悪魔ですが、死刑囚が、悪魔のささやきにそそのかされて、殺人を実行したと自白することがあります。精神科医 加賀乙彦氏は、『悪魔のささやき』という集英社新書でそのような証言をまとめているのですが、「自分ではない者の意志」のような力で、犯罪を実行したり、自殺をしたりすることがあるとのこと。

さて、何もないところから聞こえてくるのは、神の声なのか、それとも悪魔のささやきなのか、どちらなのでしょうね。

メッセージが神に相応しいときには、神の声になるのに対して、メッセージが悪事をそそのかすときには、悪魔のささやきということになるのではないでしょうか。

人工知能、特に音声対話システムがメッセージを作成し、マイクロ波聴覚効果を応用した無線通信でメッセージが頭部に直接、伝えられるというのが、このブログの基本的な主張になります。

日々、神様のことを考えているときには、人工知能が作成するメッセージが神の声になります。

一方、日ごろから悪事について見たり、聞いたり、話したり、考えたりしていると、人工知能が作成するメッセージが悪魔のささやきに変わります。

テレビドラマ、映画、小説、テレビゲーム、ネットゲームや家族、友人、知人、同僚などとの会話を通じて、様々な情報が脳に入力されるとともに、脳から出力されます。

これらの情報はことばという形態に限られず、映像という形態のこともあります。やはり、美しい映像を見るべきであり、残虐な映像、悲惨な映像などは見るべきではないでしょう。

日ごろから脳に正しい情報、良い情報、美しい情報を入力したり、脳から正しい情報、良い情報、美しい情報を出力することでしょうね。

なお、最後になりますが、神と悪魔という対比から、キリスト教に言及しているのに過ぎず、神道、仏教、イスラム教、ユダヤ教、ヒンズー教などであっても、人智を超えた存在に対する畏敬ないし崇拝が信仰の中心になっており、神秘体験が信仰に多かれ少なかれ影響する旨を申し添えます。

開く コメント(3)

開く トラックバック(0)

MITリンカーン研究所が、赤外線レーザーから赤外線ビームを耳元に照射して、音声を伝える通信方式を公表しました(文献1、2)。この原理は光音響効果になるのですが、空気に含まれる水分を加熱して熱膨張させ、音波を発生させます。

 

赤外線ビームに音声を乗せる方式は二つあり、振幅変調(a、上の図)と掃引方式(b、下の図)です。この図は、文献2から引用しました。


イメージ 1

 

マイクロ波聴覚効果に限らず、光音響効果もこの被害(どのような被害か詳細は省略)と密接に関連しているのですが、その詳細は次回勉強会で解説いたします。

 
 

文献

遠くからレーザーで「耳元にささやく」技術が開発。2.5m離れた場所で60dBの音声を発生

テレパシー的に聞こえるのだろうか

Munenori Taniguchi,
 

R. M. Sullenberger, S. Kaushik, C. M.Wynn. “Photoacoustic communications: delivering audible signals via absorptionof light by atmospheric H2O,” Opt. Lett., 44, 3, 622-625 (2019).

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

脳技術とテレパシー

ITメディア ニュースというウェブサイトが、2019年1月23日付けで脳科学の進歩でテレパシーが実現できるかもしれないという趣旨の記事を掲載しました。


ブレイン・マシン・インタフェースなど脳科学の研究成果が紹介されているのですが、著作権を尊重すべく、その詳細はここでは省略いたします。

しかしながら、この記事は、マイクロ波聴覚効果を応用した無線通信に言及していませんし、同様に非接触で遠方から脳に信号を入力する技術にまで言及していません。

要するに、マイクロ波聴覚効果を応用した無線通信などは既存の脳研究より遥かに進んだ最先端の研究開発になります。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

目次:テレパシー記事

1.マイクロ波の可聴

ラジオ、テレビ、携帯電話の電波は、人間が直接、聞くことができません。

ラジオ、テレビ、携帯電話が電波を受信して、音声に変換します。

そこで、世間の常識では、電波は直接、人間が聞くことができないとされています。

しかし、この常識は間違っています。

マイクロ波は一定の条件で聞こえます。

例えば、レーダーにはパルス波形のマイクロ波が使われており、
人間が直接、聞くことができます。

要するに、マイクロ波はパルス波形のとき、音として聞こえるのです。

マイクロ波パルスが頭部に照射されたとき、

頭部を媒質とする音響波に変換します。
 

この音響波が内耳の蝸牛に伝わり、

内耳の蝸牛が電気信号に変換します。


通常の音、声は、空気を媒質とする音響波であり、

この音響波が鼓膜、微小骨を経由して、内耳の蝸牛に伝わります。

説明されています。

1962年、米国コーネル大学電磁気学アラン・フレイ教授が、
マイクロ波パルスの可聴性について最初の論文を発表しています。
この論文は下記の記事で紹介されています。



電波の一種であるマイクロ波が、人間に聞こえる原理は、
などの記事で解説しています。

「レーダーと人の健康」とは、
世界保健機構が1999年6月に作成した公文書です。

マイクロ波聴覚効果の生理機構は、
下記に紹介する2件の学術論文などを通じて、
解明されています。
 

マイクロ波聴覚効果と蝸牛」という記事も論文を紹介します。




2.テレパシー装置について

テレパシー通信は、
音声信号でパルス変調されたマイクロ波通信であり、
人間の頭部に指向性マイクロ波をビームとして照射します。
 
マイクロ波は、パルス波形のとき、音として聴こえるので、
この性質をテレパシー通信に利用します。
 
(1) 機密解除

米軍がテレパシー装置を機密解除したので、
テレパシー装置があると断言できます。

「テレパシー装置の機密解除」


(2) テレパシーの概要

人間の頭部に音声を送信するときには、
200メガヘルツから10ギガヘルツの電波を搬送波として、
パルス、及び、音声信号で変調します。

テレパシー通信の概要に記事のリンクとともにまとめられています。

「テレパシー装置の概説」という下記リンクもコンパクトにまとめられています。


「超能力 テレパシー」


「ネコでも分かるテレパシー」


「テレパシー装置のしくみ;理論と装置」


「テレパシー装置の開発の経緯」


「人工テレパシー」(ペンタゴンがテレパシー装置を開発した経緯)


3.テレパシー装置のしくみ

(1)テレパシー装置のしくみ

テレパシー装置のしくみがコンパクトに記載されています。

(2)音声送信のしくみ

テレパシー装置の送信機は、人間の頭部に直接、音声を送信できます。

下記の5件の記事で、可聴性電波を利用した音声送信装置のしくみ、
即ち、テレパシー装置の部品について、詳細に記載されています。

「レーダーのしくみ part 1」


「対人レーダーにマイクを接続して音声送信 part 2」
 
「対人レーダーの応用;マイクロ波で脳内に音声を発生させるしくみ:
ストックリン特許 part 3」

「マイクロ波で脳内に音を発生させる装置のしくみ
:ストックリン特許 part 4」

「マイクロ波で脳内に音を発生させる装置のしくみ:
ストックリン特許 part 5」


(3)音声送信のしくみ(米国空軍方式)

可聴性電波を利用した音声送信装置については
米国空軍が2件の米国特許を取得しており、
下記の記事でそのしくみが詳細に説明されています。

「脳に直接、音声を送信する通信装置の米国空軍特許 part 0」


「脳に直接、音声を送信する通信装置の米国空軍特許 part 1」

「脳に直接、音声を送信する通信装置の米国空軍特許 part 2」

「脳に直接、音声を送信する通信装置の米国空軍特許 part 3」

「脳に直接、音声を送信する通信装置の米国空軍特許 part 4


(4)音声送信のしくみは、


(5)実際に配備されているテレパシー通信システム

「米軍のテレパシー通信システム」

米国海軍が発注したテレパシー装置、MEDUSAは下記の記事です。

(6)関連事項

「知っている人の声が聞こえる!国家犯罪のからくり」


4.東芝の脳波計測装置

東芝の脳波計測装置は、レーダー技術を応用しており、
 パルス波形のマイクロ波を頭部に送信する送信機、
 マイクロ波が頭部で反射した反射波を検出する受信機、及び、
 コンピュータが組み込まれています。

東芝の装置は、米国特許3951134号のテレパシー装置の
主要部について改良しているのです。

「テレパシー装置の主要部分の東芝特許」

「テレパシー装置の東芝特許part 1」

「テレパシー装置の東芝特許part 2」


「合成音声;東芝製テレパシー装置が発する音声」


「東芝製テレパシー装置の付属機器;マインドチューン」


東芝は防衛省に製品を納品しています!

テレパシー装置も納品しているのでしょうね。


5.思考解読など

ニューラル・ネットワーク・コンピュータを使って、
脳波から思考を解読します。

脳波を改変して、マインド・コントロールする装置や
テレパシー装置に搭載されるコンピュータは、
下記の記事で解説しています。

心を読む装置に搭載するニューラル・ネットワーク・コンピュータについては、
下記の記事です。


テレパシー装置に搭載するコンピュータは下記の記事です。


脳波を改変するマインド・コントロール兵器に搭載する
脳波フィードバック用コンピュータは下記の記事。



6.防衛省がテレパシー装置を配備した事実

(1) 防衛省がテレパシーについて機密解除した文献を説明しています。

「テレパシーと防衛省」

(2) 防衛省が実際に配備している通信網について記載します。

「防衛統合デジタル通信網(IDDN);テレパシー疑惑」


「防衛省、自衛隊の通信網と電波兵器」


「防衛省の通信衛星」


テレパシー装置、国家犯罪を隠蔽する防衛秘密、統合失調症」



(3) 防衛省しかテレパシー装置を購入できないことは、
下記の記事にあります。

「兵器移転ルール;武器貿易条約;非殺傷性兵器」

「防衛省とテレパシー犯罪」



「防衛省スパイ組織の国家犯罪」


7.自衛隊スパイ部隊がテレパシー装置を担当している事実

防衛省情報本部は陸上自衛隊幕僚監部調査部調査課、
中央情報隊、自衛隊情報科、情報保全隊などを管轄しており、
これらの部隊がテレパシー装置を使う実行犯である。

自衛隊元スパイの自伝によると、
陸上自衛隊小平学校がスパイ養成機関であり、
その卒業生の誰かが実行犯である。

自衛隊情報科の組織犯罪」で、自衛隊の関与が説明されている。

「自衛隊のスパイとNECのテレパシー装置」

「自衛隊の犯罪部門」

「自衛隊の犯罪部門と心理情報戦」

自衛隊の元スパイ、阿尾博政の自伝
「自衛隊秘密諜報機関 青桐の戦士と呼ばれて」
という書籍(証拠)を紹介している。




「電磁波犯罪の被疑者」

「電磁波犯罪の被疑者」

「自衛隊の秘密テロ活動」;電磁波を発射して、家電製品などを破壊する活動

「幻聴と自衛隊の関係」

8.被害者がマイクロ波を照射されている事実

「マイクロ波の計測と電磁波被害の解決」(友達限定記事)


転載元転載元: 自衛隊の犯罪を斬る

開く コメント(1)

開く トラックバック(0)

全19ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事